総社市議会 > 2020-12-18 >
12月18日-05号

ツイート シェア
  1. 総社市議会 2020-12-18
    12月18日-05号


    取得元: 総社市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-05-15
    令和 2年11月定例会          令和2年11月定例総社市議会会議録(第5号)             令和2年12月18日(金曜日)1. 開 議 令和2年12月18日 午前10時 0分2. 閉 会 令和2年12月18日 午前10時30分3. 出席又は欠席した議員の番号及び氏名   出席員   番 田 雅徳        番 手 宣良        番 上 治   番 野 哲也        番 宅 啓介        番 崎 一   番 見 昌宏        番 川 進一        10番 谷 男   11番 西 義已        12番 波 正吾        13番 西 一   14番 津神謙太郎        15番 木 理英        16番 頓宮美津子   17番 澤 康宏        18番 木田正昭        19番 藤 博   20番 馬 和子        21番 口 久子        22番 持 堅吾4. 職務のため議場に出席した議会事務局職員職氏名   議会事務局長  河   祐         同   次長  小     純   同 議事係長  西   昌         庶務調査係主任森    康 一5. 説明のため出席した者の職氏名   市長      片   聡         市長     大   康 裕   政策監     中   邦         総務部長    難   敏 文   教育長     久   延 司6. 本日の議事日程   1 委員長報告──委員長報告に対する質疑──討論──採決   2 湛井十二箇郷組合議会議員補欠選挙について7. 付議事件及びその結果  議案第66号 総社職員給与条例の一部改正について          案 可 決  議案第67号 総社自転車駐車場指定管理者指定について       案 可 決  議案第68号 総社市きよね夢てらす指定管理者指定について      案 可 決  議案第69号 総社水辺楽校指定管理者指定について        案 可 決  議案第70号 総社国民健康保険税条例の一部改正について       案 可 決  議案第71号 総社シルバーワークプラザ指定管理者指定について   案 可 決  議案第72号 総社放課後児童クラブ指定管理者指定について     案 可 決  議案第73号 総社市立中央保育所指定管理者指定について       案 可 決  議案第74号 総社児童発達支援センター指定管理者指定について   案 可 決  議案第75号 総社砂川公園指定管理者指定について         案 可 決  議案第76号 総社市と岡山県との間の平成30年7月豪雨による災害に伴う廃棄物処理に関する事務委託に関する規約廃止について                                     案 可 決  議案第77号 令和2年度総社一般会計補正予算(第10号)       案 可 決  議案第78号 令和2年度総社国民健康保険特別会計補正予算(第3号) 案 可 決  議案第79号 令和2年度総社後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)                                     案 可 決  議案第80号 令和2年度総社水道事業会計補正予算(第4号)     案 可 決  議案第81号 令和2年度総社下水道事業会計補正予算(第1号)    案 可 決8. 議事経過の概要   次のとおり              開議 午前10時0分 ○議長劒持堅吾) ただいまの出席21名であります。 これより、会議を開きます。 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。              ~~~~~~~~~~~~~~~日程1 委員長報告議長劒持堅吾) まず、日程第1、議案第66号から議案第81号までを議題といたします。 まず、総務生活委員会審査結果について、委員長の報告を求めます。 6番三宅啓介君。              〔6番 三宅啓介君 登壇〕 ◆総務生活委員会委員長三宅啓介) ただいまから、総務生活委員会に付託をされました議案3件の審査結果について御報告申し上げます。 まず、議案第66号 総社職員給与条例の一部改正についての審査内容についてでありますが、委員から「1日に複数回の救急搬送も想定されるが、搬送を行った回数に応じて手当を支給しないのか」との質疑があり、当局から「1日数回の搬送を行うことがあっても、国の制度に準ずるため手当の支給は回数ではなく日数で支給することとしている」との答弁がなされました。また、委員から「1日につき3,000円の支給額は国の基準だろうが、30回分の予算でよいのか。また、消防士以外の保健師が同乗した場合はどうするのか」との質疑があり、当局から「10月以降の搬送等の件数からこの金額を計上している。また、基本的には、県の保健師が同乗するものと考えているが、仮に大規模な発生等により本市の保健師が同乗する場合には、総務費一般管理費支給したい」との答弁がなされたところであり、採決の結果、全員一致原案を可決すべきであると決定いたしました。 次に、議案第67号 総社自転車駐車場指定管理者指定については、特に質疑討論もなく、採決の結巣、全員一致原案を可決すべきであると決定いたしました。 次に、議案第77号 令和2年度総社一般会計補正予算(第10号)のうち、本委員会の所管に属する部分についてでありますが、委員から「文書配布嘱託員廃止して全てを郵送に変更し、文書配布に係る経費の削減に取り組んだと聞いていたが、今回郵券料を増額した理由は何か」との質疑があり、当局から「全件郵送にした効果は出ているが、郵便物発送件数増加傾向にあることから増額した」との答弁がなされました。また、委員から「美袋駅前活性化補助金の使途は何か」との質疑があり、当局から「今年度、西仮設住宅を解体するが、住宅利活用や復興のシンボルとするため、美袋駅前住宅1棟を移設し、移動販売の拠点及び地域主体で運営する地域活性化拠点施設として活用することとしている。補助金はその解体と運搬の経費である」との答弁がなされたところであり、本件のうち本委員会の所管に属する部分は、採決の結果、全員一致原案を可決すべきであると決定いたしました。 以上で、本委員会の審査結果について報告を終わります。 ○議長劒持堅吾) 次に、文教福祉委員会審査結果について、委員長の報告を求めます。 5番萱野哲也君。              〔5番 萱野哲也君 登壇〕 ◆文教福祉委員会委員長萱野哲也) ただいまから、文教福祉委員会に付託されました議案10件の審査結果について、御報告を申し上げます。 まず、議案第68号 総社市きよね夢てらす指定管理者指定については、質疑討論もなく、採決の結果、全員一致原案を可決すべきであると決定いたしました。 次に、議案第69号 総社水辺楽校指定管理者指定については、委員から「選定までの審査の日数はどの程度か。また、指定管理は5年間の契約だが、今までと指定管理内容に変更はないのか」との質疑があり、当局から「審査は申請から2週間以内に行っている。また、指定管理委託内容に新たなものはないが、新型コロナウイルス感染症には注意するように伝えている」との答弁がなされたところであり、採決の結果、全員一致原案を可決すべきであると決定いたしました。 次に、議案第70号 総社国民健康保険税条例の一部改正については、質疑討論もなく、採決の結果、全員一致原案を可決すべきであると決定いたしました。 次に、議案第71号 総社シルバーワークプラザ指定管理者指定については、委員から「年々、シルバー人材センターへの仕事の依頼が増えているが、登録者数稼働状況はどうか」との質疑があり、当局から「登録者数は例年600名前後で推移している。令和元年度の実績は、請負事業においては、受注件数が6,781件、売上げが約3億4,000万円である。派遣事業は、受注件数が4,691件、売上げが約2,300万円である」との答弁がなされたところであり、採決の結果、全員一致原案を可決すべきであると決定いたしました。 次に、議案第72号 総社放課後児童クラブ指定管理者の措定については、委員から「放課後児童クラブでスタッフの確保や児童受入れ等、様々な問題があるが、どのように考えているのか」との質疑があり、当局から「本来、放課後児童クラブは6年生までを受け入れるものだが、受入れができているところもあれば、受入れができていないところもあり、様々な課題があることは認識している。今後もできる限り相談に乗ったり、支援をしていきたい」との答弁がなされたところであり、採決の結果、全員一致原案を可決すべきであると決定いたしました。 次に、議案第73号 総社市立中央保育所指定管理者指定について及び議案第74号 総社児童発達支援センター指定管理者指定についてのこれらの2件については、特に質疑討論もなく、採決の結果、いずれも全員一致原案を可決すべきであると決定いたしました。 次に、議案第77号 令和2年度総社一般会計補正予算(第10号)のうち、本委員会の所管に属する部分審査内容でありますが、委員から「緊急風しん抗体検査受診者及び予防接種者が増大したとのことだが、当初の見込みと比べてどうか。抗体はどの程度の方が持っているのか」との質疑があり、当局から「当初は、抗体検査受診者925名、予防接種者225名を見込んでいたが、今年度は新型コロナウイルス感染症影響か、それぞれの受診率が高くなっている。令和元年度の検査実績によると、約70%の方に抗体が確認された」との答弁がなされました。また、委員から「未熟児養育医療費給付対象者の増加について、どのような理由が考えられるか。早産や喫煙などの影響が考えられるのか」との質疑があり、当局から「今年度4月から9月までの対象者は26名で、昨年度実績の24名を既に超えている。理由は早産や喫煙だけではなく、不妊治療や妊娠前からの健康管理も含め、様々なことが影響していると考えられる」との答弁がなされたところであり、本件のうち、本委員会の所管に属する部分は、全員一致原案を可決すべきであると決定いたしました。 次に、議案第78号 令和2年度総社国民健康保険特別会計補正予算(第3号)及び議案第79号 令和2年度総社後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)、これらの2件については、特に質疑討論もなく、採決の結果、いずれも全員一致原案を可決すべきであると決定いたしました。 以上で、本委員会の審査結果について御報告を終わります。 ○議長劒持堅吾) 次に、産業建設委員会審査結果について、委員長の報告を求めます。 7番岡崎亨一君。              〔7番 岡崎亨君 登壇〕 ◆産業建設委員会委員長岡崎亨一君) ただいまから、産業建設委員会に付託をされました議案5件の審査結果について御報告申し上げます。 まず、議案第75号 総社砂川公園指定管理者指定についての審査内容についてでありますが、委員から「シルバー人材センター指定管理者指定するのは何回目か」との質疑があり、当局から「平成28年度から指定しており、今回が2回目である」との答弁がなされました。また、委員から「キャンプの需要が増えていると思われるが、砂川公園の現在の状況はどうか」との質疑があり、当局から「4月、5月はコロナウイルス感染症影響があり、収益が下がっていたが、コロナ禍屋外レジャーの人気が高まり、現在は昨年度より収益が上がっている状況である」との答弁がなされたところであり、採決の結果、全員一致原案を可決すべきであると決定いたしました。 次に、議案第76号 総社市と岡山県との間の平成30年7月豪雨による災害に伴う廃棄物処理に関する事務委託に関する規約廃止については、質疑討論もなく、採決の結果、全員一致原案を可決すべきであると決定いたしました。 次に、議案第77号 令和2年度総社一般会計補正予算(第10号)のうち、本委員会の所管に属する部分審査内容についてでありますが、委員から「復興住宅整備工事において屋根の塗装が必要とのことだが、この建物をどれくらいの期間使用する予定か」との質疑があり、当局から「50年から60年は整備をしていきながら使用したいと考えている」との答弁がなされました。また、委員から「今後修繕が必要になってくると思うが、計画はどうか」との質疑があり、当局から「屋根や外壁、水回りなどは10年から15年ぐらいで見直しを行い、必要に応じて修繕等を実施していきたいと考えている」との答弁がなされたところであり、本件のうち本委員会の所管に属する部分は、採決の結果、全員一致原案を可決すべきであると決定いたしました。 次に、議案第80号 令和2年度総社水道事業会計補正予算(第4号)の審査内容についてでありますが、委員から「新型コロナウイルス感染症影響工事が遅れているとのことだが、全体的な工事スケジュールへの影響はどうか」との質疑があり、当局から「東部第5水源地の改造、小寺低区配水池の築造及びこの2箇所を接続する管工事の三つの工事を同時に進めている。東部第5水源地更新工事新型コロナウイルス感染症影響で遅れているが、残りの二つの工事も併せて期間内に事業完了ができるようスケジュールを変更しているところである」との答弁がなされたところであり、採決の結果、全員一致原案を可決すべきであると決定いたしました。 次に、議案第81号 令和2年度総社下水道事業会計補正予算(第1号)は、質疑討論もなく、採決の結果、全員一致原案を可決すべきであると決定いたしました。 以上で、本委員会の審査結果について報告を終わります。 ○議長劒持堅吾) 以上をもって、委員長の報告は終了いたしました。 ただいまの委員長報告に対する質疑があれば、議会事務局通告用紙がありますので、通告を願います。 通告はありませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長劒持堅吾) これより、委員長報告に対する質疑に入りますが、通告はありません。 これをもって、委員長報告に対する質疑を終結いたします。 この際、私より申し上げます。 ただいま議題となっております各議案に対する討論があれば、議会事務局通告用紙がありますので、通告を願います。 通告はありませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長劒持堅吾) これより、議案第66号から議案第81号までの16件に対する一括討論に入りますが、通告はありません。 これをもって、これら16件に対する討論を終結いたします。 これより、議案第66号から議案第81号までの16件を一括採決いたします。 これら16件に対する委員長の報告は可決であります。これら16件は、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長劒持堅吾) 異議なしと認めます。 よって、これら16件は、委員長報告のとおり可決されました。 この際、しばらく休憩いたします。              憩 午前10時18分              開 午前10時20分 ○議長劒持堅吾) 休憩前に引き続き会議を開きます。              ~~~~~~~~~~~~~~~日程2 湛井十二箇郷組合議会議員補欠選挙について ○議長劒持堅吾) 次に、日程第2、湛井十二箇郷組合議会議員補欠選挙についてを議題といたします。 本件につきましては、市長から依頼の文書が参っておりますので、念のため申し添えておきます。 では、これより湛井十二箇郷組合議会議員補欠選挙を行います。 なお、補欠選挙を行う議員の数は1名であります。 お諮りいたします。 選挙方法については指名推選によりたいと思いますが、これに御異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長劒持堅吾) 異議なしと認めます。 よって、選挙方法指名推選によることと決定いたしました。 お諮りいたします。 指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長劒持堅吾) 異議なしと認めます。 よって、議長において指名することに決定いたしました。 それでは、湛井十二箇郷組合議会議員に、総社市福井172番地1、角田晃則氏を指名いたします。 お諮りいたします。 ただいま議長において指名いたしました角田晃則氏を当選人と定めることに御異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長劒持堅吾) 異議なしと認めます。 よって、角田晃則氏が湛井十二箇郷組合議会議員に当選されました。 ただいまの当選者に対する会議規則第32条第2項の規定による当選の告知は、別途文書をもって行います。 なお、任期は前任者残任期間となりますので、申し添えておきます。 以上をもちまして、今期定例会に付議されました案件は全て終了いたしました。 この際、市長から発言が求められておりますので、これを許します。 市長              市長 片岡聡君 登壇〕 ◎市長片岡聡一君) 11月定例市議会閉会に当たりまして、劒持議長のお許しをいただき、一言御挨拶をさせていただきます。 まず、去る12月11日、政府から正式決定なされましたひとり親世帯への臨時特別給付金の再支給につきまして、12月16日水曜日に約500世帯の方々に振込をさせていただきました。速やかに振込作業ができましたのも、議長はじめ議員委員会委員長はじめ皆様の御協力によるものでございました。本当に大変ありがとうございます。今議会、諸議案に対しまして慎重審議をいただきまして、議決をいただきまして大変ありがとうございました。 今、日本全国もそうですが、岡山県現在感染者数が急増しておりまして、885人の感染者数、そしてそのうち重症者が3人、入院患者は311人。医療現場も逼迫しているこの中で、これから総社も気をつけて、無用のおそれというものは必要ございません。きっちり認識をして、3密を避けながら対処していくということに御協力を願いたいと思います。 そういう中で、来年度の予算編成をこれから急いでまいりますが、また議会におきましても各委員会、本会議も含めてこの予算案の構築について御議論を願いたいと思いますが、その中で緊急経済対策第3次、これをいつのタイミングにどういう形でかということを我々やはり考えていかなければなりませんから、そのことについても議会にさらに議論しながら進めてまいりたいと思います。 そういう中で、我々がこれから年末までに二つのことをこなしていこうと考えております。 一つは、日本国中コロナワクチン接種については分からない分からないではなくて、分かる勉強をしてそれを市民に知らしめ、市民に選択をしてもらうべき正しい情報を入手し、検討し、シミュレーションし、それを市民に伝えていくという役割を果たしていくということが肝要でございますので、12月22日に新型コロナワクチン連絡会議を開催し、ワクチンシミュレーションしてまいりたいと思います。ただし、分かっていること、分かっていないこと、そして不安な部分も確かにあるわけでございますから、でき得る範囲で協議してまいりたいと思います。そのキックオフミーティングということになります。 そして、学校現場ではGIGAスクール構想でいよいよ1人1台端末パソコンが実施される。1月1日以降の話になりますけれども、そのデモンストレーションとして12月24日に総社西小学校の6年生の教室でこのパソコン授業をやりたいと思っております。この事業は、子どもたちが1人1台新しいパソコンを教室で持ってインターネットを自分で検索をしてテーマによって調べていく、あるいは一人一人が自分の意見を入力して、それをやり取りして集約していくような、総社流を模索しながら新たな1人1台パソコンというものを実施してまいりたいと思っております。 これから年末に向かってまいりますけれども、コロナのこともございますけれども、皆様本当に体に御留意されまして、健やかな新しい年をお迎えになっていただきたいと思います。これから様々な荒波が襲ってくるやもしれませんけれども、一致団結してこの総社市を、今人口は増えておりますけれども、盛り上げてまいりたいと思います。 今年一年、大変お世話になりましたことを心からお礼を申し上げまして、御挨拶といたします。大変ありがとうございました。
    議長劒持堅吾) 令和2年11月定例会閉会に当たり、私より一言御挨拶を申し上げます。 今期定例会は19日間にわたり多くの重要案件を終始熱心に御審議いただき、本日ここに無事閉会の運びとなりましたことは御同慶の至りであり、会期中に賜りました議員並びに理事者各位の御協力に対しまして厚く御礼を申し上げる次第でございます。 さて、今期定例会新型コロナウイルス感染症がしょうけつを極め、くしくもコロナ禍での開催となりました。新型コロナウイルス感染症は、これまで経験したことのない対応が強いられるとともに、スピード感を持った取組を要求されることから、市長はじめ理事者各位のたゆまぬ御尽力に対しまして心より敬意を表す次第でございます。 また、市議会においてもこれまで3密を避ける議会運営をはじめ議会費の削減や全市民への差別防止の呼びかけを決議するなど、チーム議会として考え得る限りの対応を打ち出してまいったところでございます。まだまだ先行きが見えない状況でございますが、こたびの非常事態は必ずや解決しなければならない試練であり、まさに今地方自治の真価が問われるときでございます。市議会といたしましても引き続き事態の早期収束市民生活地域経済の回復を目途とし、市民皆様が健康で安心した生活を取り戻されるよう当局とも歩調を合わせながら最大限の協力支援を行っていく所存でございます。 さて、本年も残すところあと僅かとなりました。これから本格的な寒さも訪れてまいります。市民皆様には健康に十分御留意をいただきまして、希望あふれる新春を晴れやかにお迎えになりますよう、そして来る年が総社市にとってさらなる飛躍の年となりますよう心からお祈りを申し上げまして閉会の御挨拶といたします。 これをもって、11月定例市議会閉会いたします。              閉会 午前10時30分 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。              総社市議会議長              署 名 議 員              署 名 議 員...