倉敷市議会 > 2021-01-08 >
01月08日-01号

ツイート シェア
  1. 倉敷市議会 2021-01-08
    01月08日-01号


    取得元: 倉敷市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-04-28
    令和 3年第1回 1月臨時会     第1回倉敷市議会(第1回臨時会会議録開会開議閉議閉会年月日時  開会開議  令和3年1月8日(金)  午前10時  閉議閉会  令和3年1月8日(金)  午前10時39分出席議員(42名)  1番 三 宅 誠 志   2番 田 口 明 子   3番 田 辺 牧 美  4番 井 出 妙 子   5番 守 屋 弘 志   6番 小 郷 ひな子  7番 若 林 昭 雄   8番 松 成 康 昭   9番 大 守 秀 行  10番 大 橋 健 良   11番 塩 津 孝 明   12番 日 向   豊  13番 中 島 光 浩   14番 薮 田 尊 典   15番 新 垣 敦 子  16番 伊 東 裕 紀   17番 難 波 朋 裕   18番 荒 木 竜 二  19番 片 山 貴 光   20番 山 畑 滝 男   21番 藤 井 昭 佐  22番 末 田 正 彦   23番 藤 原 薫 子   24番 塩 津   学  25番 赤 澤 幹 温   26番 原 田 龍 五   27番 時 尾 博 幸  28番 生 水 耕 二   29番 森 分 敏 明   30番 北 畠 克 彦  31番 中 西 公 仁   33番 三 村 英 世   34番 田 辺 昭 夫  35番 秋 田 安 幸   36番 浜 口 祐 次   37番 矢 野 秀 典  38番 梶 田 省 三   39番 森     守   40番 原     勲  41番 大 橋   賢   42番 平 井 弘 明   43番 斎 藤 武次郎欠席議員(1名)  32番 矢 野 周 子説明のため出席した者  市長       伊 東 香 織    副市長      生 水 哲 男  副市長      原   孝 吏    技監       酒 井   了  企画財政局長   西   雅 敏    総務局長     内 海 彰 也  総務局参与    山 路 浩 正    市民局長     杉 本 紀 明  環境リサイクル局長三 宅 幸 夫    環境リサイクル局参与                               渋 川 新 吾  保健福祉局長   藤 原 博 之    保健福祉局参与  吉 岡 明 彦  文化産業局長   三 宅 靖 広    文化産業局参与  坂 田 剛 彦  建設局長     小 松 賢 治    建設局参与    間 野 昭 正  会計管理者    岡 本 由美子    消防局長     梶   隆 幸  市長公室長    尾 崎 英 樹    総務部長     木 下   修  水道局  水道事業管理者  古 谷 太 一  市民病院  事務局長     島 田   旭  ボートレース事業局  モーターボート競走事業管理者           矢 島   薫  教育委員会  教育長      井 上 正 義    教育次長     黒 瀬 敏 弘  選挙管理委員会  委員長      大 熊 裕 司  監査委員  代表監査委員   竹 内 道 宏  農業委員会  会長       吉 田 幸 夫出席した事務局職員  局長       平 松 孝 幸    次長       吉 田 成太郎  議事調査課長   永 山 健 一    議事調査課課長代理平 田 靖 典  議事調査課主幹  三 宅 多美恵本日の日程  1 開会開議(午前10時)  2 会議録署名議員指名  3 会期決定  4 新年挨拶     議 長     市 長  5 議会運営委員長報告  6 議案上程提案理由説明質疑討論議決     議案第1号  7 発議上程提案理由説明質疑討論議決     発議第1号  8 閉議閉会本日の会議に付した事件  会議録署名議員指名  会期決定  議会運営委員長報告  議案第1号 路線認定について  発議第1号 勇退議員に対する感謝決議について            午前10時     開 会・開 議 ○議長斎藤武次郎君) 皆さんおはようございます。ただいまから令和3年第1回倉敷市議会第1回臨時会開会いたします。 直ちに本日の会議を開きます。 ただいまの御出席は42名、会議は成立いたしました。            ~~~~~~~~~~~~~~~日程第1      会議録署名議員指名議長斎藤武次郎君) 会議録署名議員は17番 難波 朋裕議員、24番 塩津 学議員指名いたします。よろしくお願いいたします。            ~~~~~~~~~~~~~~~日程第2      会期決定議長斎藤武次郎君) では、会期についてお諮りいたします。 今期臨時会会期は、本日1日限りとすることに御異議ございませんか。            (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長斎藤武次郎君) 御異議ないものと認め、会期は本日1日限りと決定いたしました。            (議長退席、副議長着席)            ~~~~~~~~~~~~~~~ △新年挨拶 ○副議長三村英世君) この際、議長から年頭の御挨拶がございます。斎藤議長。            (議長  斎藤 武次郎君  登壇) ○議長斎藤武次郎君) 皆さん、明けましておめでとうございます。 この年末年始は、静かに過ごすことが求められるなど、コロナ禍の中、これまでとは違うものとなりましたが、皆様方におかれましては、心新たに新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。 私ども二人は、議長、副議長に就任以来、皆様方の温かい御支援と御協力をいただきまして、今日までその職責を果たしてこられたこと、この場をお借りいたしまして、厚く御礼申し上げたいと思います。 そして、今期を限りに6名の方が御勇退されます。長年にわたり、倉敷市の発展と振興に尽くされてきたその多大なる御功労に対し深く敬意を表しますとともに、心より感謝申し上げます。健康には十分に御留意いただき、お立場は変わられましても、今後とも倉敷市政発展のため、それぞれのお立場からお力添えいただければ、大変ありがたく存じます。 そして、本日の朝刊にも、投票所入場券が発送された旨の報道がありましたが、間近に迫った1月24日の投票日を目指し現在御奮闘中の皆様方には、互いの健闘をお祈り申し上げたいと思います。 さて、今任期中に発生した平成30年7月豪雨災害についてですが、議員それぞれの立場で、被災者皆様に寄り添い、御意見を丁寧にお聞きする中で、本会議委員会などを通じて積極的な提案を行うなど、議論を重ねつつ執行部協力し、そして国、県とも密接に連携を図りながら、復興に向けて渾身の努力を傾けてまいりました。 市議会としては、倉敷市議会BCPに基づき災害対策会議を昨年4月に設置し、市民皆様の御意見を踏まえた各会派からの意見を取りまとめ、3度にわたり執行部へ要望、政策提案をしてきております。今後も市民皆様の健康を確保し、市民生活及び地域経済の安定を図るため、全力で取り組んでいかなければならないと考えております。 さらに、ポストコロナを見据えた地方創生を加速していくことも必要です。こうした大変重要な時期である今日、私たち市議会存在意義が問われています。 今こそ、市議会の本来の役割である市民皆様の声を市政に届けるため、今まで以上に、市民皆様の声に耳を傾ける必要があると思います。私たち議員だからこそ、コロナ禍だからこそ、聞こえてくる声もあるのではないでしょうか。そして、その声を市政に届けようではありませんか。市民皆様の御期待に応えられるよう、今できること、今だからできること、今しかできないことを精いっぱいやろうではありませんか。 ところで、去る1月4日に、成人式延期決定されました。新成人や御家族のことを考えると、苦渋の決断を迫られたと思いますが、伊東市長決断を高く評価したいと思います。 1月10日には、成人式は開催されませんが、議員皆さんをはじめ多くの市民皆さんから、新成人皆さんにお祝いのメッセージを送っていただければ幸いです。そして、ゴールデンウイークには、成人式が開催できるよう、コロナ感染拡大防止をはじめ、全集中の呼吸で取り組まなければならないと思います。 さて、私たちは今、日常を奪われています。私たち市議会は、市民皆様と一致団結して、一日も早くコロナの終息を目指し、日常を取り戻すべく頑張っていきたいと思います。 結びに、今年一年が、倉敷市にとって、そして何よりも市民皆様にとって、すばらしい年でありますことを心より祈念いたしまして、新年の御挨拶とさせていただきます。(拍手)            (副議長退席議長着席) ○議長斎藤武次郎君) 続いて、市長から御挨拶がございます。伊東市長。            (市長  伊東 香織君  登壇) ◎市長伊東香織君) 皆様、新年明けましておめでとうございます。 令和3年の新春を、皆様方にはお気持ちも新たにお迎えのこととお喜び申し上げます。まずもって、本年が皆様にとりまして、そして市民皆様にとりまして、よき年となりますことを御祈念申し上げたいと存じます。 御存じのように、昨年より新型コロナウイルスが猛威を振るっております。本日からは1都3県に対して、緊急事態宣言も再度の発令となり、倉敷市でも感染者数は増加している状況でございます。市民生活地域経済をはじめ、社会の様々な部分が大きく影響を受ける大変厳しい年となっております。 成人式につきましても、ゴールデンウイークへの開催延期とさせていただきました。新成人皆様には、準備をしてこられて大変残念な思いがあると伺いました。ただ、実行委員会でも、5月を目指してみんなで頑張っていこうと気持ちを新たにしていただいたところでございます。 ゴールデンウイークまでに、コロナが一日も早く終息していくように、市民皆様に対して、マスク着用の徹底、手指消毒、小まめな換気と湿度40%の保湿をはじめとしました感染拡大防止。そして市といたしましても、地域経済回復に対して全力で取り組んでまいりますとともに、今後、順次開始していきますワクチン接種につきまして、しっかりと遅滞なく進め、今年一年が市民皆様にとって安心して暮らしていただけますように、議員皆様とともにしっかりと準備していきたいと考えております。 さて、今年は、真備におけます平成30年の大きな豪雨災害市全域にも大きな影響となりました豪雨災害から3年となります。最大事業である小田川合流点付替え事業は、現在約4割まで進捗し、真備図書館も、この1月末には開館できる予定。また、真備健康福祉館やマービーふれあいセンターも、夏までには業務再開できる予定となっております。 一方で、今なお、多くの方々仮設住宅での生活を余儀なくされております。市といたしましては、被災された皆様が、一日も早くそれぞれの生活を取り戻していただけますよう、引き続き全力で取り組むとともに、市全体の防災力強化に向けて、今年もしっかり取り組んでまいりたいと考えております。 まちづくりにつきましては、倉敷最大の市街地再開発事業である阿知3丁目の事業も夏には竣工し、倉敷駅周辺も大きく変わっていく予定です。 今年は、倉敷市第七次総合計画のスタートの年でもあり、また、今年こそは東京オリンピック・パラリンピックが開催され、5月19日には倉敷美観地区からここ市役所まで聖火リレーが行われる年としていきたい、その思いをとても強く持っているところでございます。 本年は、うし年であり、牛が一歩一歩前に進んでいく象徴であるように、市政取組についても、皆様一緒協力させていただきながら、一歩ずつ前に進んでいくように取り組んでいきたいと、市職員全員気持ちを新たにしているところでございます。 そして、今後4年間の市政の大きな方向性を決める市議会議員さんの選挙がこの17日に告示、24日に投開票の予定で行われることとなっております。市の将来を決める大切な選挙でありますので、市民皆様にしっかり投票に行っていただけるように、市といたしましても啓発を大きくしてまいりたいと考えておりますとともに、市議会議員皆様にとりましては、本日が今任期最後議会となると伺っております。まずもって、これまでの市議会議員皆様方市政への御尽力に対しまして、改めまして心より感謝を申し上げたいと存じます。 そして、今期限りをもちまして御勇退されると伺っております6名の先生方矢野 秀典先生田辺 昭夫先生平井 弘明先生、原 勲先生浜口 祐次先生森分 敏明先生には、昭和平成令和と、本当に長きにわたり倉敷市の発展に多大なる御尽力をされてこられましたことに、心より感謝申し上げる次第でございます。 様々な場面で意見を交わし、そして市としての方向性一緒に見つけることができましたこと、本当に心から感謝申し上げます。今後も、ますます御健勝にて倉敷市の発展にお力添えを賜りますよう、心からお願い申し上げたいと思います。 そして、引き続き立候補御予定議員皆様方には、また2月にこの場で再びお会いしまして、様々な議論を交わせるようになりますことを、心より願っているところでございます。 市といたしまして、本年も市民皆様のため、議員皆様とともに、そして市の職員全力市政運営に取り組んでまいります。どうぞ皆様方の御理解、御協力をお願い申し上げますとともに、本年が皆様にとりまして、すばらしい年となりますことを御祈念申し上げまして、年頭挨拶とさせていただきます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。(拍手)            ~~~~~~~~~~~~~~~日程第3      議会運営委員長報告議長斎藤武次郎君) 次に、議会運営委員長から報告をお願いいたします。荒木 竜二議員。            (18番  荒木 竜二君  登壇) ◆18番(荒木竜二君) 皆さんおはようございます。本日、本会議開会前に委員会を開きましたので、その結果を報告いたします。 当局から、令和2年度倉敷一般会計補正予算について、本日専決処分のお願いをしたい旨の申し出があり、委員会は了承しております。 以上で報告を終わります。 ○議長斎藤武次郎君) 以上で報告を終わります。            ~~~~~~~~~~~~~~~発言議長斎藤武次郎君) ただいま市長から発言申し出がありますので、これを許可いたします。伊東市長。            (市長  伊東 香織君  登壇) ◎市長伊東香織君) 令和2年度倉敷一般会計補正予算専決処分につきまして御了承賜りたいと存じます。 内容につきましては、新型コロナウイルス感染症につきまして、令和3年3月下旬頃までにワクチン接種に対する体制を確保するよう国から求められております。現在はもっと早く、2月下旬以降からその体制を組んでいけるようにという話も来ているところでございます。 市といたしましては、一日も早くワクチン接種に対する体制を確保するよう国から求められている状況でございますので、接種券の作成、送付、接種委託料など、ワクチン接種の実施に関する準備を行っていく必要がございます。この一般会計予算補正につきまして、ワクチン接種についての詳細が示され次第、速やかに執行させていただきたいと存じますので、この専決処分につきまして、あらかじめ御了承賜りますようよろしくお願い申し上げます。 ○議長斎藤武次郎君) 以上で発言を終わります。            ~~~~~~~~~~~~~~~
    日程第4      議 案   1件 ○議長斎藤武次郎君) 次に、日程第4 議案第1号 路線認定についてを議題といたします。 提案理由説明を求めます。伊東市長。            (市長  伊東 香織君  登壇) ◎市長伊東香織君) ただいま御上程いただきました議案につきまして、概要を御説明申し上げます。 議案第1号 路線認定については、公共工事で農道の舗装を整備したことによりまして道路としての利便性が向上し、今後、交通量の増加が見込まれるため、真備箭田4859番1地先真備箭田270号線として、新たに市道に認定するためのものでございます。 以上、御上程いただきました議案につきまして御説明申し上げました。何とぞ御審議の上、御議決賜りますようお願い申し上げまして、提案理由説明とさせていただきます。 ○議長斎藤武次郎君) 以上で説明を終わります。 本来ならば、ここでしばらく休憩でございますが、休憩を省略させていただきます。 御質疑はございませんか。            (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長斎藤武次郎君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 日程第4 議案第1号 路線認定については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略することに御異議ございませんか。            (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長斎藤武次郎君) 御異議ないものと認め、委員会付託を省略することに決定いたしました。 討論を行います。            (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長斎藤武次郎君) 討論なしと認めます。 では、採決に入ります。 日程第4 議案第1号の事件案1件を採決いたします。 お諮りいたします。 本案原案のとおり決することに御異議ございませんか。            (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長斎藤武次郎君) 御異議ないものと認め、本案原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~日程第5      発 議   1件 ○議長斎藤武次郎君) 続いて、大橋 賢議員外6名から提出されております日程第5 発議第1号 勇退議員に対する感謝決議についてを議題といたします。 提案理由説明を求めます。大橋 賢議員。            (41番  大橋 賢君  登壇) ◆41番(大橋賢君) 皆さん、新年明けましておめでとうございます。未来クラブ大橋 賢でございます。 それでは、このたび御勇退される議員皆様への感謝決議につきまして、提案者を代表し提案理由説明を申し上げます。 今期をもって後進に道を譲られる矢野 秀典議員田辺 昭夫議員平井 弘明議員、原 勲議員浜口 祐次議員森分 敏明議員。各位におかれましては、今日まで多年にわたり本市の発展市民福祉の向上に御尽力され、その上、円満なる人格と卓越した手腕、見識により市議会の円滑な運営に貢献されたことに対し厚くお礼を申し上げますとともに、心から深甚なる敬意を表するものでございます。 皆様方が御勇退されることは誠に残念であり、心寂しい気持ちと同時に、今は懐かしい思い出に感慨無量のものを覚えるものでございます。今後とも御健康に留意され、市議会の議席を離れましても、折に触れ市政に対し御指導、御助言いただければと思っております。本当に長い間ありがとうございました。 以上の理由により、お手元に配付の決議書を提出いたした次第でございます。 この際、決議書を朗読させていただきます。 今期をもって勇退される議員におかれましては、円満なる人格と卓越した手腕により、市政高揚伸展に大きく尽力され、今日の倉敷市の発展に貢献された功績は誠に大なるものがあります。よって倉敷市議会は、永年の功労に対し、特に決議をもってここに感謝の意を表します。 以上で提案理由説明を終わらせていただきます。皆様方の心からの御賛同を賜りますようよろしくお願い申し上げます。 ○議長斎藤武次郎君) 以上で説明を終わります。 御発言はございませんか。            (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長斎藤武次郎君) 発言なしと認めます。 では、採決に入ります。 日程第5 発議第1号 勇退議員に対する感謝決議についてを採決いたします。 お諮りいたします。 本案原案のとおり決することに御異議ございませんか。            (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長斎藤武次郎君) 御異議ないものと認め、本案原案のとおり決定いたしました。            ~~~~~~~~~~~~~~~勇退議員感謝状贈呈議長斎藤武次郎君) 続いて、感謝状贈呈を行います。 お名前を申し上げますので、前へお進みください。 矢野 秀典議員田辺 昭夫議員平井 弘明議員、原 勲議員浜口 祐次議員森分 敏明議員。 それでは、感謝状をお贈りいたします。 ◎市長伊東香織君) それでは、ただいまの議会決議に基づき、また執行部と併せまして、市長議長連名での感謝状をお渡し申し上げます。            感    謝    状                          矢 野 秀 典 様 あなたは倉敷市議会議員として多年にわたり市政高揚伸展に尽くされた功績は誠に顕著であります。 よって、令和3年第1回臨時会における感謝決議に基づきその功績をたたえ、在任中の御労苦に対し深甚なる感謝の意を表します。   令和3年1月8日                 倉 敷 市 長  伊 東 香 織                 倉敷市議会議長  斎 藤 武次郎  (それぞれに感謝状贈呈されました。)    9期   矢野 秀典    8期   田辺 昭夫    7期   平井 弘明    6期   原   勲    5期   浜口 祐次    5期   森分 敏明            ~~~~~~~~~~~~~~~挨拶議長斎藤武次郎君) この際、ただいま感謝状を受けられました6名の方々を代表いたしまして、矢野 秀典議員から御挨拶がございます。            (37番  矢野 秀典君  登壇) ◆37番(矢野秀典君) 勇退する議員から、期数の多い者が代表して御挨拶というのが慣例ということでございますので、誠に僣越でございますが、議長のお許しをいただき、私から一言御挨拶をさせていただきます。 まずは、先ほど、心の籠もったお言葉を賜りましたこと、また、こうして身に余る感謝状を拝受いたしましたことについて、厚く御礼申し上げます。 また、改めまして、これまで長年にわたり御指導、御協力を賜りました伊東市長をはじめ市職員皆様に、深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました。 振り返ってみますと、私が初めて議場に送り出していただいたのが昭和60年。その後間もなく、時代昭和から平成に替わり、今や令和の代となりました。 この間、倉敷市は、瀬戸大橋と山陽自動車道の開通などをはじめ、中四国中核として格段に地域での重要性を増す一方、船穂町、真備町との合併や中核市への移行などを経て、飛躍的な発展をしてまいりました。 反面、平成は、阪神・淡路大震災東日本大震災など、幾多の大災害が我が国を襲った時代でもありました。我が愛するふるさと倉敷市も、平成30年7月の大水害により深い傷を負い、今も、市民が一丸となって復興に向けた懸命の取組を続けているところであります。さらに、令和を迎えた現在は、新型コロナウイルス感染症という、新たな脅威との厳しい闘いも続いております。 振り返れば、まさに激動の時代。そうした中で、私は、倉敷に生まれてよかった、住んでよかったと、全ての皆様に感じていただきたい。そう願い、私のできる精いっぱいの努力をしてきたつもりでございます。 また、今期をもって勇退される、田辺 昭夫議員平井 弘明議員、原 勲議員浜口 祐次議員森分 敏明議員も、もちろん会派意見を異にする立場ではありましたが、ただ、倉敷市を思う強い気持ちはひとしく共有していたものと思います。6名がそれぞれ、おのれの信じるところに従い、時には激論を交わし、時には一致協力し、常に誠心誠意、力を尽くしてまいったのでございます。もとより私など非力非才、いかほどのものができたのかは分かりません。しかし、愛するふるさとのために、私たちが僅かなりとも貢献できていたのであれば、まさに今生の喜びでございます。 私どもは、これで議員を卒業いたしますが、市議会はこれからも、災害からの復興は言うに及ばず、少子化をはじめ急速に変容する経済、社会への対応、そして喫緊の問題である感染症拡大防止と経済活動の両立など、ますます複雑化し困難を極める課題に向き合っていかなければなりません。 議員皆様、この寒さの中、また、感染症対策をしながらの異例の選挙戦でありますが、ぜひともこれに勝ち抜いていただき、今後とも存分にふるさとのため、お力をお奮いください。 伊東市長並びに市職員皆様、これからも、大倉敷市の輝かしい未来のために一層英知を結集され、ますますの御奮闘を御期待申し上げます。 最後に、皆様の御健康とますますの御活躍、そして倉敷市の末永い発展を祈念いたしまして、私たち6名からのお別れの御挨拶とお礼の言葉とさせていただきます。本当に皆さんありがとうございました。(拍手) ○議長斎藤武次郎君) 矢野 秀典議員さんありがとうございました。皆さん、もう一度大きな拍手をお願いいたします。(拍手) それでは、お席へお戻りください。 以上で本日の会議を閉じます。 今期臨時会日程を全て終了いたしました。 御勇退される6名の議員皆様のますますの御健勝並びにその他の皆さんと2月にこの議場で再会できることをお祈りし、これをもって令和3年第1回倉敷市議会第1回臨時会閉会といたします。            午前10時39分  閉 議・閉 会   地方自治法第123条第2項の規定により署名する。    令和3年1月8日      倉 敷 市 議 会        議   長        副 議 長        議   員        議   員...