岡山市議会 > 1960-06-27 >
06月27日-09号

ツイート シェア
  1. 岡山市議会 1960-06-27
    06月27日-09号


    取得元: 岡山市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-07
    平成13年 6月定例会    平成13年6月定例岡山市議会    議 事 日 程  第9号       6月27日(水)午前0時10分開議第1 岡山市農業委員会委員の推薦について第2 岡山市外3町衛生施設組合議会議員補欠選挙について第3 備南衛生施設組合議会議員補欠選挙について第4 意見書案第6号 地方交付税制度の見直しに関する意見書第5 意見書案第7号 地球温暖化防止政策の推進と京都議定書の早期発効を求める意見書第6 決議案第1号 ハンセン病患者・元患者人権回復のための決議第7 常任委員会及び議会運営委員会における閉会中継続審査及び継続調査について 1 継続審査  〇 総務委員会    請願第1号 岡山市建設工事発注基準等の改善について    平成12年陳情第29号 岡山市建設工事請負業者選定要領の改正について  〇 建設委員会    陳情第10号 海洋環境保全体制の充実を求める意見書の提出について  〇 文教委員会    請願第2号 岡山市における小・中学校教科書採択制度の改善について    平成12年陳情第28号 岡山朝鮮初中級学校に対する補助金等の支給について    平成12年陳情第32号 公正で民主的な教科書採択を求める意見書の提出について    陳情第1号 私学助成の大幅増額を求める意見書の提出について    陳情第12号 教育予算を拡充し義務教育費国庫負担制度堅持を求める意見書の提出について 2 継続調査  〇 総務委員会    財政問題について    行財政改革について    入札・契約事務について    分庁舎計画について    地域振興について    総合計画及び実施計画について    行政機関の再編について    国際交流について    国民健康保険事業について    男女共同参画の推進について    国体開催について    情報化施策について  〇 保健福祉委員会    同和行政について    福祉行政について    保健行政について    環境衛生行政について    病院事業について  〇 環境消防水道委員会    廃棄物の処理及び清掃について    環境保全について    消防力の整備充実について    水道事業について  〇 経済委員会    商・工業振興対策について    観光対策について    農林水産業振興対策について    市場対策について  〇 建設委員会    都市計画について    都市再開発について    区画整理について    公園緑地について    道路橋りょう・河川港湾について    建築住宅について    開発行為について    駐車場について    総合交通対策路面電車について    西部新拠点について    下水道について    公共工事について  〇 文教委員会    学校教育について    社会教育について    同和教育について    教育施設について    青少年問題について    通学区域について    学校給食について  〇 議会運営委員会    議会の運営及び議長の諮問について    議会に関する条例等について      …………………………………会議に付した事件 日程第1 岡山市農業委員会委員の推薦について 日程第2 岡山市外3町衛生施設組合議会議員補欠選挙について 日程第3 備南衛生施設組合議会議員の補欠選挙について 日程第4 意見書案第6号 日程第5 意見書案第7号 日程第6 決議案第1号 日程第7 常任委員会及び議会運営委員会における閉会中継続審査及び継続調査──請願・陳情,調査      ──────〇──────出席議員(49人)           1番  下 市 香乃美君           2番  田 原 清 正君           3番  田 畑 賢 司君           4番  崎 本 敏 子君           5番  竹 永 光 恵君           6番  浦 上 雅 彦君           7番  鷹 取 清 彦君           8番  田 口 裕 士君           9番  礒 谷 和 行君           10番  垪 和 秀 光君           11番  安 井   聰君           12番  三 宅 英 夫君           13番  成 本 俊 一君           14番  和 氣   健君           15番  楠 木 忠 司君           16番  近 藤   昭君           17番  羽 場 頼三郎君           18番  横 田 悦 子君           19番  若 井 達 子君           20番  井 村 嘉 久君           21番  亀 井   章君           22番  則 武 伸一郎君           23番  佐々木 清 巳君           24番  太 田 正 孝君           25番  柴 田 健 二君           26番  三 木 亮 治君           27番  伏 見 源十郎君           28番  三 宅 員 義君           30番  高 津 利 明君           31番  増 川 英 一君           32番  松 岡   茂君           33番  藤 井 義 人君           35番  堀 川   進君           36番  宮 川 日 吉君           37番  河 合 和 成君           38番  吉 本 喜 一君           39番  土 肥 啓 利君           40番  貝 原 信三郎君           41番  磯 村   博君           43番  高 月 由起枝君           44番  本 郷 由 子君           45番  則 武 宣 弘君           46番  田 尻 祐 二君           47番  磯 野 昌 郎君           48番  山 田   勇君           49番  花 岡   薫君           50番  藤 原   貢君           51番  垣 下 文 正君           52番  宮 武   博君      …………………………………欠席議員(3人)           29番  串 田   務君           34番  有 井 靖 和君           42番  田 中 昭 三君      ─────────────説明のため出席した者      市     長  萩 原 誠 司君      助     役  菱 川 公 資君      助     役  時 枝   繁君      収  入  役  高 田 武 子君      秘 書 広報室長  原 口 英 夫君      参     与  堀 尾 俊 六君      参     与  藤 井 英 雄君      総 務 局 長  長 尾 榮二郎君      企 画 局 長  天 野 勝 昭君      財 政 局 長  細 見 邦 雄君      市 民 局 長  松 本 征 二君      西 大 寺支所長  太 田 武 正君      保 健 福祉局長  服 部 輝 正君      環 境 局 長  中 山 正 汎君      経 済 局 長  和氣島 美 彦君      都 市 整備局長  山 内 靜 男君      下 水 道 局 長  平 林 正 行君      水道事業管理者  遠 藤 嘉 昭君      病 院 局 長  藤 原 作 馬君      消 防 局 長  上 池 郁 夫君     選挙管理委員会      委  員  長  服 部 忠 文君     監 査 委 員      委     員  小 田 廸 子君     農 業 委 員 会      会     長  小 若 敬 二君     教 育 委 員 会      委     員  田 邉 研 二君      教  育  長  玉 光 源 爾君      ─────────────出席した議会事務局職員      局     長  渡 邉 光 章君      次     長  近 藤 洋 士君      総 務 課 長  森 岡   隆君      議 事 課 長  渡 辺 博 重君      調 査 課 長  森 年 利 子君      午前0時37分開議 ○議長(宮武博君) 皆さん御苦労さまでございます。 あらかじめ御通知申し上げておりますとおり開議時間を繰り上げて,これより6月定例市議会第9日目の本会議を開きます。 ただいまの御出席は44名であります。      ───────────── ○議長(宮武博君) 会議録署名議員に田原議員,田尻議員のお二人を指名いたします。      ───────────── ○議長(宮武博君) 本日の議事日程は,お配りいたしておりますとおりでございます。      ───────────── ○議長(宮武博君) この際,御報告申し上げます。 本日開かれました議会運営委員会において,新たに委員長に垣下文正議員が互選された旨,議会運営委員長から報告がありましたので,御報告を申し上げます。      ──────〇────── △日程第1 岡山市農業委員会委員の推薦について      ───────────── ○議長(宮武博君) 日程に入ります。 日程第1は,岡山市農業委員会委員の推薦についてであります。 お諮りいたします。 推薦する委員の決定方法はいかがいたしましょうか。     〔15番楠木忠司君登壇〕 ◆15番(楠木忠司君) ただいまお諮りになりました岡山市農業委員会委員の推薦については,議長を指名者として推薦されるよう動議を提出いたします。皆様方の御賛同を賜りますよう,よろしくお願い申し上げます。     〔拍 手〕 ○議長(宮武博君) ただいま楠木議員から推薦する委員の決定方法については,議長を指名者として委員を推薦されるよう動議が提出され,所定の賛成者がありましたので,動議は成立いたしました。 これより本動議を議題として採決いたします。 お諮りいたします。 本動議のとおり決定することに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(宮武博君) 御異議なしと認めます。よって,本動議のとおり決定いたしました。 指名いたします。 職員に氏名を朗読させます。 ◎議事課長(渡辺博重君) 岡山市農業委員会委員として議長が指名いたします方々の住所,氏名を朗読いたします。  岡山市藤田526番地 藤井義人議員  岡山市福富西二丁目8番19号 羽場頼三郎議員  岡山市今七丁目18番18号 三宅英夫議員  岡山市尾上1502番地 則武伸一郎議員  岡山市吉備津639番地の2 柴田健二議員 以上5名の方々でございます。 ○議長(宮武博君) ただいま朗読いたしましたとおり指名いたします。 指名いたしました5人の方々を岡山市農業委員会委員に推薦することに決定して御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(宮武博君) 御異議なしと認めます。よって,指名いたしました5人の方々を岡山市農業委員会委員に推薦することに決定いたしました。      ──────〇────── △日程第2 岡山市外3町衛生施設組合議会議員補欠選挙について      ───────────── ○議長(宮武博君) 日程第2に入ります。 日程第2は,岡山市外3町衛生施設組合議会議員補欠選挙についてであります。 お諮りいたします。 選挙の方法はいかがいたしましょうか。     〔51番垣下文正君登壇〕 ◆51番(垣下文正君) ただいまお諮りになりました岡山市外3町衛生施設組合議会議員補欠選挙の方法につきましては,投票の煩を省き議長を指名者とする指名推選の方法をとられるよう動議を提出いたします。 皆様方の御賛同を賜りますよう,よろしくお願いを申し上げます。     〔拍 手〕 ○議長(宮武博君) ただいま垣下議員から投票の煩を省いて,議長を指名者とする指名推選の方法によるよう動議が提出され,所定の賛成者がありましたので,動議は成立いたしました。よって,本動議を直ちに議題とし,採決いたします。 お諮りいたします。 本動議のとおり決することに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(宮武博君) 御異議なしと認めます。よって,本動議のとおり決定いたしました。 指名いたします。 職員に氏名を朗読させます。 ◎議事課長(渡辺博重君) 岡山市外3町衛生施設組合議会議員として議長が指名いたします方々の住所,氏名を朗読いたします。  岡山市花尻14番地の1 楠木忠司議員  岡山市泉田379番地の1 伏見源十郎議員  岡山市福富中二丁目19番29号 松岡茂議員  岡山市浜一丁目4番6号 本郷由子議員  岡山市庭瀬146番地の7 太田正孝議員  岡山市足守1646番地の2 垪和秀光議員 以上6名の方々でございます。 ○議長(宮武博君) ただいま朗読いたしましたとおり指名いたします。 指名いたしました方々を当選者と決定して御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
    議長(宮武博君) 御異議なしと認めます。よって,ただいま指名いたしました6人の方々が当選者と決定いたしました。      ──────〇────── △日程第3 備南衛生施設組合議会議員補欠選挙について      ───────────── ○議長(宮武博君) 日程第3に入ります。 日程第3は,備南衛生施設組合議会議員補欠選挙についてであります。 お諮りいたします。 選挙の方法はいかがいたしましょうか。     〔51番垣下文正君登壇〕 ◆51番(垣下文正君) ただいまお諮りになりました備南衛生施設組合議会議員補欠選挙の方法につきましても,投票の煩を省き,議長を指名者とする指名推選の方法をとられるよう動議を提出いたします。 皆様方の御賛同を賜りますよう,よろしくお願い申し上げます。     〔拍 手〕 ○議長(宮武博君) ただいま垣下議員から投票の煩を省いて議長を指名者とする指名推選の方法によるよう動議が提出され,所定の賛成者がありましたので,動議は成立いたしました。よって,本動議を直ちに議題として採決いたします。 お諮りいたします。 本動議のとおり決することに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(宮武博君) 御異議なしと認めます。よって,本動議のとおり決定いたしました。 指名いたします。 職員に氏名を朗読させます。 ◎議事課長(渡辺博重君) 備南衛生施設組合議会議員として議長が指名いたします方の住所,氏名を朗読いたします。  岡山市花尻14番地の1 楠木忠司議員 以上でございます。 ○議長(宮武博君) ただいま朗読いたしましたとおり指名いたします。 指名いたしました方を当選者と決定して御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(宮武博君) 御異議なしと認めます。よって,ただいま指名いたしました方が当選者と決定いたしました。      ──────〇────── △日程第4 意見書案第6号      ───────────── ○議長(宮武博君) 日程第4に入ります。 日程第4は,意見書案第6号地方交付税制度の見直しに関する意見書についてであります。 これを上程し,提出者の説明を求めます。     〔46番田尻祐二君登壇,拍手〕 ◆46番(田尻祐二君) ただいま御上程になりました意見書案第6号地方交付税制度の見直しに関する意見書について提出者を代表して提案理由の説明を申し上げます。 なお,提案理由の説明はお手元に配付いたしております文案の朗読をもってかえさせていただきます。   地方交付税制度の見直しに関する意見書  地方交付税は,地方公共団体の固有財源として,すべての地方公共団体が一定水準の行政サービスを行うための,きわめて重要な財源保障財政調整機能を果たしている。  本年6月21日,国の経済財政諮問会議がとりまとめた経済財政運営の基本方針によれば,国は関与に応じて,補助金地方交付税により財源を手当てし,全国的に一律の行政サービスが提供されてきた。こうした仕組みは,地方自治体が独自に地域の発展に取り組む意欲を弱め,個性が失われ効果の乏しい事業までが実施されるという弊害も見受けられる。こうした中,国は国と地方の役割分担の見直しを踏まえつつ,国庫補助負担金の整理合理化や地方交付税の在り方の見直しとともに,税源移譲を含め国と地方の税源配分について根本から見直しその在り方を検討するとの方針を打ち出されたところである。  しかし,地方税の拡充等,地方財政を充実するための税制全体の見直しを図ることなく,地方交付税を縮減することは,均衡ある国土の発展を阻害し,自治体間の行政サービス格差を生じさせるばかりでなく,各自治体の長期的財政計画の根幹を揺るがしかねず,財政破綻に追い込むことにもつながりかねない。  よって,国においては,地方税財源全体の議論を十分尽くされ,安易に地方交付税制度の見直しを行うことのないよう強く要望する。  以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。 以上でございます。 議員各位の御賛同を賜りますよう,よろしくお願い申し上げます。(拍手) ○議長(宮武博君) 以上で提案理由の説明は終わりました。 お諮りいたします。 本件は委員会の付託を省略し,本会議において御審議の上,御決定願いたいと思います。 これに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(宮武博君) 御異議なしと認めます。よって,さように決定いたしました。 これより質疑に入ります。 別に質疑の通告がありませんので,質疑を終わります。 次に,討論に入ります。 別に討論の通告がありませんので,討論を終わり,採決いたします。 意見書案第6号地方交付税制度の見直しに関する意見書については提案のとおり決することに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(宮武博君) 御異議なしと認めます。よって,意見書案第6号は提案のとおり決定いたしました。      ──────〇────── △日程第5 意見書案第7号      ───────────── ○議長(宮武博君) 日程第5に入ります。 日程第5は,意見書案第7号地球温暖化防止政策の推進と京都議定書の早期発効を求める意見書についてであります。 これを上程し,提出者の説明を求めます。     〔27番伏見源十郎君登壇,拍手〕 ◆27番(伏見源十郎君) ただいま御上程になりました意見書案第7号地球温暖化防止政策の推進と京都議定書の早期発効を求める意見書について,提案者を代表して提案理由の説明を申し上げます。 なお,提案理由の説明はお手元に配付しております文案の朗読をもってかえさせていただきます。   地球温暖化防止政策の推進と京都議定書の早期発効を求める意見書  昨年11月,オランダのハーグで開催された地球温暖化防止のための気候変動枠組条約第6回締約国会議(COP6)では,COP3で採択された京都議定書を各国が批准可能にするための具体的なルールについての交渉が行われたが,残念ながら合意に至ることはできなかった。  京都議定書は,温暖化の原因となる温室効果ガスを2008年から2012年までの間に,1990年を基準先進国全体で5.2%,日本では6%削減することを求めている。私たちは,各国間の激しい交渉の末にようやく合意に達した京都議定書が早期に発効し,世界が協調して地球温暖化防止に取り組むことを強く願っている。  気候変動はこれまでの予想を超える速度進行しており,地球規模で温室効果ガスの削減対策をとり,将来世代安全を確保することは,私たちの世代の緊急の責務となっている。  そのためにも,日本は世界に先駆けて効果的な温暖化防止対策を実施し,国内の温室効果ガス排出削減の実現を図り,京都議定書国際的公約を果たさなければならない。しかし,日本における削減は進んでおらず,1990年以降現在までに二酸化炭素を約10%も増加させている。  よって国におかれては,国内の地球温暖化防止政策強力に進めるとともに,今年7月にボンで再開されるCOP6において,京都議定書の一刻も早い発効を目指して,米国をはじめ世界各国に対して強力なリーダーシップを発揮し,国際合意の形成に当たられるよう強く要望する。  以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。 以上でございます。 各議員の御賛同を賜りますよう,よろしくお願い申し上げます。(拍手) ○議長(宮武博君) 以上で提案理由の説明は終わりました。 お諮りいたします。 本件は委員会の付託を省略し,本会議において御審議の上,御決定願いたいと思います。 これに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(宮武博君) 御異議なしと認めます。よって,さように決定いたしました。 これより質疑に入ります。 別に質疑の通告がありませんので,質疑を終わります。 次に,討論に入ります。 別に討論の通告がありませんので,討論を終わり,採決いたします。 意見書案第7号地球温暖化防止政策の推進と京都議定書の早期発効を求める意見書については,提案のとおり決することに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(宮武博君) 御異議なしと認めます。よって,意見書案第7号は提案のとおり決定いたしました。 なお,ただいま議決しました意見書案第6号,意見書案第7号の字句の整理,提出先等につきましては,議長に御一任願っておきます。      ──────〇────── △日程第6 決議案第1号      ───────────── ○議長(宮武博君) 日程第6に入ります。 日程第6は,決議案第1号ハンセン病患者・元患者人権回復のための決議についてであります。 これを上程し,提出者の説明を求めます。     〔9番礒谷和行君登壇,拍手〕 ◆9番(礒谷和行君) ただいま御上程になりました決議案第1号ハンセン病患者・元患者人権回復のための決議について,提出者を代表いたしまして,提案理由の説明を申し上げます。 なお,提案理由の説明はお手元にお配りしております文案の朗読をもって説明にかえさせていただきます。   ハンセン病患者・元患者人権回復のための決議  明治40年の「らい予防法」制定以来,ハンセン病患者は一世紀近くにわたり,強制的に療養所に隔離収容され,人権侵害・人権無視の療養生活を強いられてきた。  その後薬物療法の開発・普及により,ハンセン病は治癒する病気となり,昭和35年に世界保健機関(WHO)は患者への諸隔離政策の廃止,外来治療の方針を勧告したにもかかわらず,我が国はその勧告を無視し,隔離政策を取り続けてきた。  平成8年4月1日,我が国においてもようやく「らい予防法の廃止に関する法律」が施行され,本年5月11日には熊本地方裁判所ハンセン病国家賠償請求訴訟において国の責任を認めた。しかし,ハンセン病患者・元患者に対する偏見・差別は依然として根強く残されたままであり,いまだに全国の療養所において4千数百人が療養生活をしている。また,療養所から出た人たちも病歴や入所歴を隠し,家族や故郷を離れ生活しており,「ふるさと」を失うという状況を強いられている。  一方,行政においても,岡山県内の小学校道徳授業で使われている副読本に不適切な記述が残されているなど,差別解消に向けた取り組みが十分とは言えない状況である。  よって,本市議会は国に対しハンセン病の正しい理解のための啓発活動や社会復帰支援活動を強化し,患者・元患者人権回復を図ることを強く求めるとともに,関係機関協力してハンセン病患者・元患者人権回復のために邁進することを表明する。  以上,決議する。 以上でございます。 議員各位の御賛同を賜りますよう,よろしくお願い申し上げます。(拍手) ○議長(宮武博君) 以上で提案理由の説明は終わりました。 お諮りいたします。 本件は委員会の付託を省略し,本会議において御審議の上,御決定願いたいと思います。 これに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(宮武博君) 御異議なしと認めます。よって,さように決定いたしました。 これより質疑に入ります。 別に質疑の通告がありませんので,質疑を終わります。 次に,討論に入ります。 別に討論の通告がありませんので,討論を終わり,採決いたします。 決議案第1号ハンセン病患者・元患者人権回復のための決議については,提案のとおり決することに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(宮武博君) 御異議なしと認めます。よって,決議案第1号は提案のとおり決定をいたしました。      ──────〇────── △日程第7 常任委員会及び議会運営委員会における閉会中継続審査及び継続調査      ───────────── ○議長(宮武博君) 日程第7に入ります。 日程第7は,常任委員会及び議会運営委員会における閉会中継続審査及び継続調査についてであります。 お配りいたしておりますとおり,常任委員会及び議会運営委員会における閉会中継続審査及び継続調査について委員長から申し出があります。 お諮りいたします。 委員長から申し出のとおり,閉会中継続審査及び継続調査に付することに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(宮武博君) 御異議なしと認めます。よって,さように決定いたしました。      ───────────── ○議長(宮武博君) 以上をもちまして,6月定例岡山市議会に付議されました案件は,すべて議了いたしました。      ───────────── ○議長(宮武博君) この際,先ほど監査委員に選任されました土肥啓利議員からごあいさつの申し出があります。 ◆39番(土肥啓利君) 大変貴重な時間をおかりし,お許しをいただきまして一言ごあいさつをさせていただきます。 このたび,6月26日付をもちまして岡山市監査委員の選任同意をいただきました土肥啓利でございます。大変な重責と心得ますけれども,与えられました職責を全うするために一生懸命努力をしてまいりたいと思います。 皆様方におかれまして,御指導,御示唆を賜りますことを心からお願いを申し上げましてごあいさつとさせていただきます。 どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)      ───────────── ○議長(宮武博君) これをもちまして6月定例岡山市議会閉会いたします。 大変御苦労さまでございました。 ありがとうございました。      午前1時4分閉会...