53件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

津久見市議会 2020-09-15 令和 2年第 3回定例会(第2号 9月15日)

現在、避難準備高齢者等避難開始などの情報防災行政無線緊急速報メールで配信していますが、それらに加えこれらの情報電話ファクスLINEなど相手が受信を希望する媒体で情報を伝達することが可能になります。  特に、災害弱者と言われる視覚障がい者は、電話の受話器を通じて音声で、また、聴覚障がい者はファクスLINEなどを通じて文字で災害情報を確認することができるようになります。  

大分市議会 2020-09-14 令和 2年建設常任委員会( 9月14日)

今回の実験運行乗車予約は、LINEを使った事前予約システムによる乗車予約と、当日現地で受け付ける乗車予約2つ方法を予定しています。  事前予約システムでは、LINE公式アカウント活用し、運行希望日の前日までに予約をしていただきます。この予約システムにより、定員12名の半数6名が前日までに事前予約ができることとなります。

大分市議会 2020-09-11 令和 2年総合交通対策特別委員会( 9月11日)

今回の実験運行乗車予約は、LINEを使った事前予約システムによる乗車予約と、当日現地で受け付ける乗車予約2つ方法を予定しています。  事前予約システムでは、LINE公式アカウント活用し、運行希望日の前日までに予約をしていただきます。この予約システムにより、定員12名の半数6名が前日までに事前予約ができることとなっているところでございます。

中津市議会 2020-07-01 07月01日-07号

これはLINE連携をするのです。LINEというのは韓国の企業で、結局LINEが取得した情報は、日本の政府セキュリティが利かずに、韓国政府セキュリティがかかってしまう。韓国政府が出せと言うと出さなければならないという問題があって、その辺のLINEとの連携というのも非常に心配をしています。 先ほど松葉議員が言われたマイナンバーカードの機能スマホに搭載というやつです。

中津市議会 2020-06-25 06月25日-06号

する支援   3.関係人口創出拡大について     ①現状と課題  9番 本田 哲也   1.防災感染症対策等における「なかつメール」の活用について     ①中津市の防災情報伝達手段は     ②なかつメール開設となった契機、及び目的は     ③開設から現在まで登録者数の推移は     ④配信ジャンル件数は     ⑤配信する、しないの判断基準は     ⑥登録者を増やす努力は     ⑦LINE

別府市議会 2020-06-24 令和 2年第2回定例会(第5号 6月24日)

市民サービスデジタルファーストとしましては、LINE活用した情報提供サービスを実施しており、また4月から市税等スマートフォン納付が実施されています。LINE活用した情報提供サービスにつきましては、昨年10月からサービスを開始し、現在のLINE友だち数は約3,900人となっています。

中津市議会 2020-06-23 06月23日-04号

患者、家族の面会制限によるストレス緩和のためにもタブレットの貸出しを行い、Wi─Fi環境が整っているならばLINESkypeなどの利用により、安全に安心な面会サポートを実施すべきだと考えます。市民病院では患者によっては、限定的にガラス越し面会LINEなども行っていると聞きましたが、中津市内医療機関での面会制限状況について、お尋ねします。 

宇佐市議会 2020-06-18 2020年06月18日 令和2年第3回定例会(第4号) 本文

現在、秘書広報課では、新たな取組としてですね、特定給付金決定通知の際に、LINE登録のチラシを新たに入れました。それでですね、三月時点から約二千件、倍まではいかないですけど、倍近くの登録件数となって増加が見込めるところでございます。LINEを使ってですね、適時、コロナ情報、もしくはまた災害等情報にですね、タイムリーに情報を伝えていければというふうに思っております。

中津市議会 2020-06-08 06月08日-01号

新型コロナウイルス対策については、そのほか、SkypeLINE利用した遠隔手話通訳サービスや、夜間の健康相談に対する「LINE Ai Call」を活用した自動応答システムの運用、施設消毒用次亜塩素酸ナトリウム液の配布など、状況に応じてさまざまな対応をしてまいりました。今後は梅雨期を迎えるにあたり、避難所の備品として、非接触型体温計間仕切りボードマスク等も購入いたします。

中津市議会 2020-03-23 03月23日-08号

次に、第4項 第4目 災害対策費配信システム整備委託料に関して、なかつメールサービス拡大に係るLINEアプリについて、具体的にどのようなものか、との質疑に対して、現在、なかつメールについては、Eメール登録をしている方に防災情報等を配信していますが、現状では約3,000件しか登録がないため、若い人にも利用しやすいように無料通信アプリLINEを導入します。

中津市議会 2020-03-18 03月18日-07号

◎10番(相良卓紀)  詳しい説明ではないのですが、わかりやすく言うと、もう皆さん、それぞれ今会派の中とか委員会あたりとかでLINEグループを組んでいると思います。それをイメージしていただければ。例えば、現場で自分が通りかかったときに、「ああ、ここはもう少しで川があふれそう」となったときに写真撮って、それをそのシステムグループウエアにぱっと送る。そうすると、もう皆さんが共通して見られる。

別府市議会 2020-02-27 令和 2年第1回定例会(第1号 2月27日)

2月25日、「BEPPU×デジタルファースト宣言」に基づき、LINE Fukuoka株式会社本市における市民サービス観光客満足度の向上及び事務負担の軽減に資することを目的として「地域協働事業に関する基本合意書」を締結しました。コミュニケーションアプリであるLINE活用した、より豊かな、より便利な未来志向まちづくりに協働して取り組みます。  

中津市議会 2020-02-21 02月21日-01号

このほか、重点的に取り組んできました情報伝達手段多重化に関しましては、ウエブ版ハザードマップの多言語化に加え、防災情報LINEで配信するシステムを整備するなど、さらに充実させてまいります。 次に、「中津版地域包括ケアシステムの構築」についてであります。 高齢者が可能な限り住み慣れた地域自分らしい暮らしが続けられる仕組みを、あらゆる主体と連携しながら構築していきます。 

宇佐市議会 2019-12-05 2019年12月05日 令和元年第5回定例会(第4号) 本文

最近で言えば、会社名を出していいのかどうかわかりませんけども、皆さん御存じLINE会社ですね、LINEを運営している会社情報モラルに使ってくださいと、教育に使ってくださいということで、ホームページ上で保護者向け、そして小学生、中学生向け情報を開示しております。

臼杵市議会 2019-06-04 06月04日-01号

本協定は、Kotozna株式会社が、社会貢献活動の一環として、自治体向けLINEフェイスブックなどSNSを活用し、観光情報伝達機能及び災害時の災害情報伝達機能を持つシステム本市と研究開発するものであります。 具体的には、外国人観光客への観光案内、また外国人居住者への避難情報などを多言語で伝達することを目的としています。