139件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

津久見市議会 2019-09-18 令和元年第 3回定例会(第3号 9月18日)

そういったこともやったり、今度はやっぱりICTに絡むにはどうしていったらいいのかと。これらも実を言うと、設置の費用だけじゃなくて、エアコンなんかも電気代とか相当かかります。それから、さっき言っていたプールについても、つくるお金だけじゃなくて、年間使えるとなれば、ボイラー、お湯を沸かす経費をどうやったら捻出できるのかと、こういったいろんなものが絡んできています。  

津久見市議会 2019-09-17 令和元年第 3回定例会(第2号 9月17日)

教育現場においては、ICTを使った教育の実施のため、タブレット端末を使った教育が推進されていることから、小中学校においてもWi-Fi環境の整備が必要となってきます。  また、観光振興では、平成29年2月の河津桜観光時期に「つくみイルカ島」駐車場にて、桜サービスエリアを開設した際、民間事業者の協力のもと、臨時的にWi-Fiを設置したことがあります。

大分市議会 2019-09-11 令和元年厚生常任委員会( 9月11日)

初めに、大分市地域医療情報ネットワークにつきましては、令和元年第2回定例会代表質問において、自由民主党の小野仁志議員からの御質問があり、大分市地域医療情報ネットワークは、ICTを活用し、医療機関などが所有する患者情報を一元管理することにより、情報連携の円滑化や診療の効率化を図り、子供から高齢者まで一人一人に合った、より質の高い医療の提供を実現するものであります、また、今年度は、大分市地域医療情報ネットワーク

宇佐市議会 2019-09-10 2019年09月10日 令和元年第4回定例会(第2号) 本文

子供たちがみずから学んでいくきっかけとしてのQRコードICTの活用なんですと。また、さらに、何かの答えを求めるのに、問題があって答えなのではなくて、子供たち同士がお互いに連携しながら協力して、答えを導き出していくということに重きが置かれているんですというふうにも教えてくださいました。  

大分市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第3号 9月 9日)

このため、農業分野へのICT――情報通信技術など、先端技術の導入が進められています。今後は、ドローン――小型無人機などの先端技術を活用するスマート農業が、第一次産業発展の鍵を握ると思われます。  そこで、お聞きいたします。本市においては、積極的にドローンを活用した農業が必要であると考えます。現状を含め、取り組みについてお聞きいたします。

大分市議会 2019-07-09 令和元年第2回定例会(第7号 7月 9日)

近年急速に進展をしていますICTを利用して、私たちの暮らしがより便利になることは大変すばらしいことであり、活力ある日本社会の実現にもつながると考えます。  そこで、まずお尋ねをいたします。Society5.0の実現について、国はどのような社会を目指しているのか、市の見解とあわせて認識をお聞かせください。      

大分市議会 2019-07-08 令和元年第2回定例会(第6号 7月 8日)

今後、ICTやAI、また先週質問にもありましたが、5Gの導入などで対応は飛躍的に進歩し、行政側では業務効率の向上や人件費削減など考えられます。しかしながら、新たにデジタルデバイド是正のための人員が必要になることも考えられます。今後も市民目線で考えていただければ問題はないのではないかと思います。  

大分市議会 2019-07-03 令和元年第2回定例会(第3号 7月 3日)

現在、課題解決にはICT──情報通信技術の導入が期待されています。ICT導入に向けての本市の取り組みについてお尋ねいたします。  3、環境変動によって魚が減っているというニュースを、テレビ新聞で目にする機会がふえてきました。さらに、海岸線の埋め立てなどによる漁場環境の変化、担い手不足、漁業者の高齢化など、漁獲量減少の要因はさまざまです。

大分市議会 2019-07-02 令和元年第2回定例会(第2号 7月 2日)

今回の改訂は、平成29年の学習指導要綱の改正を踏まえ、学校施設を取り巻く今日的課題に対応するため、ICTを活用できる施設整備やインクルーシブ教育システムの構築、地域との連携、協働の促進、学校施設の機能向上、そして将来の教育活動の変化に対応できる施設整備の必要性などが配慮すべき事項として挙げられております。  

津久見市議会 2019-06-20 令和元年第 2回定例会(第2号 6月20日)

そこで、ICTロボットの活用、元気高齢者の活用などによって生産性を向上していくことが求められると考えられており、厚生労働省では、社会保障制度改革に向けて、今年の夏にも健康寿命延伸プランや医療福祉サービス改革プランを策定するとしています。今後も国の動向を注視し、その状況を見ながら、医師会や津久見中央病院、関係機関などと協議・検討をしていかなければならないと考えています。  

大分市議会 2019-03-14 平成31年厚生常任委員会( 3月14日)

また、ICT情報通信技術)を活用し、情報連携の円滑化や診療の効率化を図り、より質の高い医療を提供するため、平成29年度に『大分市地域医療情報ネットワーク研究会・作業部会』を立上げ、大分市連合医師会等関係機関と連携して構築・管理・運用に向けた調査・研究をしています」。 ○小原保健所次長衛生課長   4番目の項目について御説明をさせていただきます。