運営者 Bitlet 姉妹サービス
127件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-05-10 宇佐市議会 2017年05月10日 平成29年第2回臨時会〔資料〕 ┃      │6中本  毅│7林   寛│8衛藤 義弘┃ ┃      ├──────┼──────┼──────┨ ┃      │9用松 律夫│10後藤 竜也│11斉藤 文博┃ ┗━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛ 各種委員等 ○宇佐市公務災害補償等認定委員会委員(一人)  斉藤文博 議員 ○宇佐市交通安全推進協議会顧問(一人)  佐田則昭 議員 ○宇佐市地域IC もっと読む
2017-02-28 宇佐市議会 2017年02月28日 平成29年第1回定例会(第3号) 本文 │      ┃ ┃      │二、東九州自動車道、宇佐SA(サービス  │      ┃ ┃      │  エリア)設置について         │      ┃ ┃      │ (1)宇佐IC~院内IC間に宇佐SAを作  │      ┃ ┃      │  り、郷土料理や六次産品の販売や宇佐  │      ┃ ┃      │  の田園風景を観光にしてはどうか。    もっと読む
2016-12-13 臼杵市議会 平成28年 12月 定例会-12月13日−02号 医療Iインフラ「うすき石仏ねっと」は、医師会、歯科医師会、薬剤師会、介護福祉施設などと市役所、消防の連携体制のもと、先進的な医療情報ネットワークとして構築され、市民生活の安心、健康寿命の延伸につながり、医療費の抑制にも効果が上がっています。10月末現在での登録者数は1万700人、市民の27%を超えています。 もっと読む
2016-12-09 大分市議会 平成28年経済常任委員会(12月 9日) 新規就業者への研修体制の充実や施設、機械などの導入、大規模団地の整備やIC、IoT等の先進技術の導入など、重点的に施策を実施し、さらなる競争力の強化に努めていくことといたしております。   もっと読む
2016-12-08 宇佐市議会 2016年12月08日 平成28年第5回定例会(第4号) 本文 ダンスの指導については、IC機器を活用し、創意工夫しながら楽しく取り組んでいると捉えております。  なお、武道及びダンスの指導経験を持つ教員の数は、武道では十一名、ダンスでは十名となっております。  以上で答弁を終わります。 ◯議長(中島孝行君)次に、一項目めの小学校の給食についてと、四項目めの平和ミュージアムについてを、教育次長 高月晴彦君。 もっと読む
2016-12-07 宇佐市議会 2016年12月07日 平成28年第5回定例会(第3号) 本文 │      ┃ ┃      │三、IoT導入について          │市長・担当部┃ ┃      │  総務省は、地方自治体に対し、あらゆ  │課長    ┃ ┃      │  るモノをインターネットにつなぐ「I  │      ┃ ┃      │  o」の導入を支援すると発表していま │      ┃ ┃      │  す。 もっと読む
2016-12-07 大分市議会 平成28年第4回定例会(第3号12月 7日) 次に、2点目のICと3点目の産業用ドローンについては、今定例会に必要経費を計上させていただいておりますが、まず2点目のICTを活用した対策については、昨年の第2回定例会で議員が御提案された内容も踏まえ、他市の取り組みを調査するなど研究してまいりました。  今後の計画といたしましては効果的、効率的な取り組みを進めるため、3つのシステムの開発及び効果を検証することとしております。   もっと読む
2016-11-29 宇佐市議会 2016年11月29日 平成28年第5回定例会(第1号) 本文 次に八点目、その他についてでありますが、各会派から他市の視察を踏まえた議場(傍聴席等を含む)、正副議長室、事務局長室、会派室などの部屋の構造、並び方、設備、色彩等に関する要望、意見のほか、今後のIC環境等の設備充実、車椅子使用など障害者に対応するバリアフリー化などの要望、意見が多々あったので、将来を見据えた効率性、機能性等の観点から、議員が今まで以上に権能を発揮でき、使い勝手のよい環境設備等を指摘 もっと読む
2016-09-08 別府市議会 平成28年第3回定例会(第2号 9月 8日) その柱の1つがI、これはロボット等による第4次産業革命であります。2020年までには約30兆円の市場創出を目指すと言っています。さまざまなもの、インターネットへつなぐIoTを活用し、工事などの膨大なデータを収集して分析、生産性を高めていく課題であると言われています。   もっと読む
2016-09-08 別府市議会 平成28年第3回定例会(第2号 9月 8日) その柱の1つがI、これはロボット等による第4次産業革命であります。2020年までには約30兆円の市場創出を目指すと言っています。さまざまなもの、インターネットへつなぐIoTを活用し、工事などの膨大なデータを収集して分析、生産性を高めていく課題であると言われています。   もっと読む
2016-06-23 大分市議会 平成28年文教常任委員会( 6月23日) 本市におきましては、これまで関係各課がそれぞれ情報教育に係る指導、教員研修、IC環境の整備など、教育の情報化に向けた取り組みを行ってきたところでございますが、今後は教育委員会全体として計画的に教育の情報化を推進していくこととしており、今回、こうした国、県の動向を踏まえまして、各課の取り組みを担当者として取りまとめ、平成28年度から平成32年度までの5年間の推進計画としてまとめました。 もっと読む
2016-03-18 大分市議会 平成28年第1回定例会(第7号 3月18日) この神山町は過疎で苦しんでいた町でしたが、IC環境の整備を生かし、テレワークを主とした企業誘致に積極的に取り組み、創造的過疎を掲げて地域再生を図っている地方創生のモデル的な町であります。野津原地区と比較しますと、面積がそれぞれ神山町約170キロ平米、野津原地区約90キロ平米と神山町の約半分、人口では神山町約5,000人、野津原地区約4,500人とほぼ同規模でございます。   もっと読む
2016-03-17 大分市議会 平成28年第1回定例会(第6号 3月17日) こうした中、各学校においては、校長及び特別支援教育コーディネーターを中心とした組織的な支援体制を整えるとともに、一人一人に応じた指導計画を作成し、拡大教科書等の個別の教材の使用、IC機器を活用した視覚や聴覚に訴える指導、情緒の安定に配慮した個別学習スペースの確保など、指導内容や方法を工夫して、きめ細かな指導の充実に努めているところでございます。   もっと読む
2016-03-16 別府市議会 平成28年第1回定例会(第6号 3月16日) 分類に該当するコンセントコードのある家電、またビデオカメラやデジタルカメラ、ICレコーダー、また携帯電話、ゲーム機器、パソコン、そして各種のリモコンですね、そういった品目で28品目ございます。  また、現行の家電リサイクル法の現在の対象になっております大型家電の6品目、エアコン、洗濯機、衣類乾燥機、カラーテレビ、冷蔵庫、冷凍庫、この大型家電6品目につきましては、該当しておりません。 もっと読む
2016-03-16 別府市議会 平成28年第1回定例会(第6号 3月16日) 分類に該当するコンセントコードのある家電、またビデオカメラやデジタルカメラ、ICレコーダー、また携帯電話、ゲーム機器、パソコン、そして各種のリモコンですね、そういった品目で28品目ございます。  また、現行の家電リサイクル法の現在の対象になっております大型家電の6品目、エアコン、洗濯機、衣類乾燥機、カラーテレビ、冷蔵庫、冷凍庫、この大型家電6品目につきましては、該当しておりません。 もっと読む
2016-03-16 中津市議会 平成 28年 3月定例会(第1回)-03月16日−06号 それから、IC人材育成、活用、雇用創出。ということで、項目だけで14項目あるのですが、これを全国の自治体で、いろいろな形で活用しています。高齢者の見守りであったり、子どもたちの見守りであったり、あるいは買い物支援でケーブルテレビを使って買い物をするとか、交通の部分でもそうです。   もっと読む
2016-03-08 杵築市議会 平成 28年 3月定例会(第1回)-03月08日−03号 ただ、もう一つ、私のほうが考えるのは、保健と医療と介護とが今、ほとんどが別府市に、国保とか介護保険の費用の2分の1以上が別府市で消費されてるということもありますので、先ほど加来議員もおっしゃいましたけど、杵築市内でそういう介護であるとか健康づくりであるとか、それから医療の関係も、介護の関係も一人一人、人口3万人ですからIC環境を使えばそういった入院が必要、退院した、じゃどういうふうにして今、介護を もっと読む
2015-12-10 宇佐市議会 2015年12月10日 平成27年第5回定例会(第4号) 本文 一項目め、本市におけるICT教育の現状と今後の展開についての一点目、ICT教育の現状、功罪をどのように認識しているかについてですが、日進月歩していく情報社会の中で、子供たちの情報活用能力を育み、興味関心を喚起するような授業づくり、学習支援の道具として、IC環境を整えることは大変重要です。 もっと読む
2015-09-25 別府市議会 平成27年第3回定例会(第6号 9月25日) IC利活用による地域活性化とふるさとテレワークの推進を求める意見書  都市住民の農山漁村への定住願望が大きく上昇しており、政府機関の調査では、東京在住者の40.7%が、地方への移住を「検討している」または「今後検討したい」と回答している一方で、「仕事がない」「子育て環境が不十分」「生活施設が少ない」「交通手段が不便」「医療機関が少ない」など多くの問題点も存在しています。   もっと読む
2015-09-25 別府市議会 平成27年第3回定例会(第6号 9月25日) IC利活用による地域活性化とふるさとテレワークの推進を求める意見書  都市住民の農山漁村への定住願望が大きく上昇しており、政府機関の調査では、東京在住者の40.7%が、地方への移住を「検討している」または「今後検討したい」と回答している一方で、「仕事がない」「子育て環境が不十分」「生活施設が少ない」「交通手段が不便」「医療機関が少ない」など多くの問題点も存在しています。   もっと読む