運営者 Bitlet 姉妹サービス
2335件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-29 豊後大野市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月29日−05号 この請願は、来年度の政府予算、地方財政の検討に当たっては、歳入歳出を的確に見積もり、社会保障予算の充実、地方財政の確立を目指すことが必要であり、このため意見書を国の関係機関に提出するよう求める請願であります。  慎重審査の結果、全会一致で採択すべきものとして決しました。  以上で、総務常任委員会委員長報告を終わります。       もっと読む
2018-06-25 別府市議会 平成30年第2回定例会(第5号 6月25日) 今後の高齢者人口と高齢化率の推移、これはどのようになっていますでしょうか。 ○高齢者福祉課長(花田伸一君) お答えいたします。   もっと読む
2018-06-19 豊後大野市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月19日−03号 本市では、人口減少や少子高齢化が進む中で、地域公共交通の維持を重要な政策課題の一つに掲げています。 もっと読む
2018-06-18 豊後大野市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月18日−02号 これがすぐ定住がふえて人口がふえるという、人口が減少しなくなるようにひとつやっていただきたいということで、お聞きします。 ○議長(佐藤辰己君) 川野市長。 もっと読む
2018-06-18 竹田市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月18日−04号 今、大分県から、議会は我が竹田市の日小田議長が理事になられて、市町村の中では私が理事になっておりまして、ダブルで竹田市が今、理事を受け持っております関係で、6月の13日に二人で理事会に出かけてまいりました。 もっと読む
2018-06-12 竹田市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月12日−03号 電気や電話、交通関係など、ライフライン関係機関とは日頃から情報収集及び情報交流を行い、相互に連携を保ちながら、災害時に円滑な対応ができるよう協議をしているところであります。特に断水時の飲料水の供給は重要で、給水車や大型タンクなどによる応急給水による対応を優先しながら、緊急時には飲用水を速やかに供給できるよう、ペットボトルによる備蓄も行っているところであります。 もっと読む
2018-06-11 豊後大野市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月11日−01号 なお、提出のありました請願2件については、関係する常任委員会に付託することとしました。  以上で本定例会に係る議会運営委員会の報告とします。      〔議会運営委員会委員長 小野泰秀君降壇〕 ○議長(佐藤辰己君) 議会運営委員会の報告を終わります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △開議の宣告 ○議長(佐藤辰己君) これより本日の会議を開きます。 もっと読む
2018-03-23 豊後大野市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月23日−05号 執行部より、都市緑地法等の一部を改正する法律の施行に伴う都市公園法の一部改正及び都市緑地法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備等に関する政令の施行に伴う都市公園法施行令の一部改正により、本条例の一部を改正するものですとの説明がありました。   もっと読む
2018-03-23 別府市議会 平成30年第1回定例会(第7号 3月23日) 国立社会保障・人口問題研究所による将来推計人口によると、別府市の人口は、2040年に10万人を割り込み、老齢人口の割合は増加するとともに、生産年齢人口の割合はさらに減少し、全国の地方自治体においては、存続すら危ぶまれる事態が警告されています。そのような中、当市がさまざまな施策により諸問題に取り組んでいることは理解できます。しかし、財政運営に対する不安は拭い切れないものがあります。   もっと読む
2018-03-20 別府市議会 平成30年第1回定例会(第6号 3月20日) 例えば石川県の珠洲市、1万5,000人ぐらいの人口の小さな市ですね。平成26年度に1億1,000万円余りの繰り入れを法定外でしております。兵庫県のたつの市、これも人口7万人ちょっとですから、別府より小さい。平成24、25年合わせて1億7,000万円の繰り入れ、徳島県の阿南市は、これも人口7万人ちょっとですが、平成21年から26年までの6年連続合計で4億8,000万円の繰り入れをしております。 もっと読む
2018-03-19 別府市議会 平成30年第1回定例会(第5号 3月19日) APU開学前、平成11年の別府市の人口は12万6,091人で、そのうち外国人住民は758人でした。ことしの2月末の統計では人口11万8,262人、そのうち外国人住民は4,049人で、人口に占める外国人住民の割合は0.6%から3.4%へ増加しております。今後もおおむねこの割合が続くものと考えております。   もっと読む
2018-03-16 別府市議会 平成30年第1回定例会(第4号 3月16日) 2つ目の、県の人口推計報告と人口ビジョンということであります。   もっと読む
2018-03-12 竹田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月12日−04号 また、それに係る関係機関や関係部署とも連携を図りまして、その体制づくりを進めたいというふうに考えております。以上です。 ○議長(日小田秀之君) 4番、佐藤美樹議員 ◆4番(佐藤美樹君) まずはモデル地域を選定して、すぐにも取組を始めたいということで、本当に期待したいと思っております。 もっと読む
2018-03-09 竹田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−03号 昨年11月にも、竹田市が2市1村を代表して、竹田市長、日小田議長、そして関係する3改良区の理事長とともに、農林水産省へ要望してきたところでございます。 もっと読む
2018-03-09 豊後大野市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−04号 ◆15番(宮成昭義君) 今言ったように、空きスペースの関係もあると思いますが、ぜひ競売ということでなく、使えるものについては設置していただきたいということを強くお願いして、質疑を終わります。 ○議長(佐藤辰己君) ほかに質疑の通告はありませんので、第8号議案の質疑を終わります。   もっと読む
2018-03-08 竹田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月08日−02号 さらに指定管理企業の関係者の聞き取りによりまして、移住定住の推進による空き家対策と併せて、大分市や由布市への通勤圏内である本地域への移住定住推進による人口の増加による地域活性化、そして関連企業による農事法人の竹田市全域に法人進出に伴う耕作放棄地の解消も行われる。 もっと読む
2018-03-06 豊後大野市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−03号 4町の人口は3町の人口の約半数でありますが、人口減少はほぼ同数でありますし、高齢化率にあっても3町で合併当時32.4%が39.8%、4町では36.6%が45.2%であり、高齢化も進んでいるわけであります。一様には比較になりませんが、これが県道57号沿線4町での人口減少であり、高齢化、過疎化の実態であります。   もっと読む
2018-03-06 別府市議会 平成30年第1回定例会(第2号 3月 6日) この間、両副市長、関係部長等が検討会議に出席し、各委員の意見等を直接聞かせていただきながら、検討会議と並行して内部協議を進めてまいりました。   もっと読む
2018-03-05 豊後大野市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月05日−02号 一方で、よくない面として考えられることは、小規模校ゆえに、やっぱり人間関係が固定化してしまうということで、一度関係が崩れると、その修復に課題が残るということがあります。 もっと読む
2017-12-19 豊後大野市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月19日−06号 委員からは、議会は人口順を重視して議員報酬の引き上げを行ったので、県内他市と比較した場合、おおむね人口順の月額報酬となっている。同じように、市長を県内他市と人口順で比較した場合、月額給与額はどうなっているかとの質疑に対し、執行部は、市長については、県内14市中6番目で、現在の給与カット分を考慮すると10番目となる。また、本市よりも人口が多くて報酬額が少ない市は2市ある。 もっと読む