運営者 Bitlet 姉妹サービス
267件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-04 臼杵市議会 平成30年  9月 定例会-09月04日−01号 福岡県立大学名誉教授である森山沾一氏をお招きし、「『部落差別解消推進法』を読む 〜一度限りのかがやく人生〜」と題しましてご講演いただきました。  部落差別の解消の推進に関する法律が2016年12月に施行されたことに伴い、講師からこの法律の具体的な内容や法施行の背景、部落差別解消のための活動の歴史などをわかりやすく講演いただきました。 もっと読む
2017-09-27 大分市議会 平成29年第3回定例会(第6号 9月27日) 部落差別を固定化し、永久化する部落差別解消推進法の施行は許されません。附帯決議の趣旨を徹底すべきです。  最後に、自衛隊にかかわる問題です。  第2款総務費の諸費に、自衛官募集事務費6万9,000円が支出されています。 もっと読む
2017-09-13 臼杵市議会 平成29年  9月 定例会-09月13日−03号 本市では、いじめ防止に関する条例は制定しておりませんが、平成7年1月に臼杵市部落差別撤廃・人権擁護に関する条例を制定し、本条例に基づく具体的な取り組みとして、平成18年4月に臼杵市人権教育・人権啓発推進基本計画を策定しました。   もっと読む
2017-09-12 大分市議会 平成29年第3回定例会(第4号 9月12日) 時限立法でなく、恒久法である部落差別解消推進法が成立する前に、全国人権連からの要請書には、次のように書かれていました。  差別解消をうたうことで、部落部落外を永久に分け隔てて、部落問題という社会問題を永遠に残すことになります。法案は、差別の実態調査を、国や自治体に要請します。しかし、特別法の終結で、同和地区、同和関係者という行政上の概念は消滅しています。 もっと読む
2017-09-08 宇佐市議会 2017年09月08日 平成29年第5回定例会(第5号) 本文 それから同和教育に関しましては、昨年十二月に施行されました部落差別の解消の推進に関する法律により、現在もなお、部落差別が存在することが明記されました。また、部落差別を解消することは、国や地方公共団体の責務であることも明確に示されました。 もっと読む
2017-09-08 津久見市議会 平成29年第 3回定例会(第1号 9月 8日) また、同日、津久見市人権啓発推進協議会が、市民ふれあい交流センターで開催され、昨年12月に施行された部落差別解消推進法の目的・理念の再確認と津久見市の人権に関する市民意識調査の報告などが行われました。   もっと読む
2017-09-07 大分市議会 平成29年第3回定例会(第2号 9月 7日) ○20番(井手口良一) 次に、部落差別解消のための人権・同和教育についてお聞きします。  昨年12月に、部落差別の解消の推進に関する法律が公布、施行されました。同法は、部落問題の解消に向けた取り組みを推進し、その解消のための施策として、国及び地方公共団体が相談体制の充実や教育啓発の推進に努めることを定めた法律です。 もっと読む
2017-09-05 臼杵市議会 平成29年  9月 定例会-09月05日−01号 近畿大学人権問題研究所教授である奥田 均氏をお招きし、「『部落差別解消推進法』が成立〜その意義と課題〜」と題しまして講演をいただきました。   もっと読む
2017-05-10 宇佐市議会 2017年05月10日 平成29年第2回臨時会〔資料〕 国東広域事務組合議会議員(六人)  辛島光司 議員   中島孝行 議員   高橋宜宏 議員  斉藤文博 議員   浜永義機 議員   佐田則昭 議員 ○大分県後期高齢者医療広域連合議会議員(一人)  衛藤義弘 議員 ○宇佐市土地開発公社 理事(五人)監事(一人)  理事 大隈尚人 議員   用松律夫 議員   新開洋一 議員     井本裕明 議員   多田羅純一議員  監事 林  寛 議員 ○宇佐市部落差別撤廃 もっと読む
2017-05-10 宇佐市議会 2017年05月10日 平成29年第2回臨時会(第1号) 本文 部落差別撤廃・人権擁護に関する審議会委員、川谷光紹議員、河野康臣議員。  男女共同参画審議会委員、今石靖代議員。  国民健康保険運営委員会委員、今石靖代議員。  健康なまちづくり推進協議会委員、中村明美議員。  子ども子育て会議委員、衛藤義弘議員。  市立学校教育施設整備計画検討委員会委員、河野康臣議員。  学校給食センター運営委員会委員、中村明美議員。   もっと読む
2017-03-29 大分市議会 平成29年第1回定例会(第7号 3月29日) 昨年末、国会で可決成立した部落差別の解消の推進に関する法律は、部落差別の解消推進のための理念法と言いながら、部落問題解決の歴史に逆行し、新たな障壁をつくり出し、部落差別を固定化、永久化する恒久法であり、その危険性は極めて重大で、撤回を強く要求するものであります。 もっと読む
2017-03-27 大分市議会 平成29年厚生常任委員会( 3月27日) 次の(2)の国の取り組み項目では、平成17年高齢者虐待の防止、高齢者の擁護者に対する支援等に関する法律、平成20年ハンセン病問題の解決の促進に関する法律、平成25年生活困窮自立支援法、いじめ防止対策推進法、障害者差別解消法、平成28年ヘイトスピーチ解消法、部落差別解消推進法等の法整備等について追加したところでございます。   もっと読む
2017-03-22 大分市議会 平成29年第1回定例会(第5号 3月22日) 部落差別の解消の推進に関する法律についてです。  この法案は2016年12月9日、日本共産党が断固反対する中、参議院本会議で可決成立し、16日に施行されました。法の内容は、現在もなお部落差別は存在するという認識で始まっておりますが、部落差別を許さない社会的環境は前進しています。  2002年、総務省が特別対策を終了した際に発行した同和行政史には、次のように書かれています。 もっと読む
2017-03-21 宇佐市議会 2017年03月21日 平成29年第1回定例会(第7号) 本文 討論においては、「子育ての分野でロタウイルスの全額接種無料など幾つかは大きな前進があるが、個人のプライバシー保護の観点から、マイナンバー制度に関する予算の計上や、税務行政に関し、差し押さえの実績や内容によって支給する特殊勤務手当、さらに、同和行政に関する予算五千七百十六万二千円が部落差別の解消に逆行するものとなっている点に対して不同意である」との反対討論や、「議会や市民からの要望、宇佐市における現時点 もっと読む
2017-03-21 大分市議会 平成29年第1回定例会(第4号 3月21日) 国会で可決成立した部落差別の解消の推進に関する法律は、部落差別の解消推進のための理念法と言いながら、部落問題解決の歴史に逆行して、新たな障壁をつくり、部落差別を固定化、永久化する恒久法であり、その危険は極めて重大であり、撤回を強く要求するものであります。  国の同和対策特別事業は2002年3月終結し、14年たった今日、社会問題としての部落問題は基本的には解決された到達点にあります。 もっと読む
2017-03-16 大分市議会 平成29年第1回定例会(第2号 3月16日) 日本固有の問題であります部落差別もまだまだ根強く残っている状況と言えます。  このような中、昨年、2016年12月16日に部落差別解消推進法が施行しました。この法は、いまだに部落差別が存在することを公式に認知したものであり、国や地方公共団体に部落差別の解消に関する施策を講ずることを求めるものであります。   もっと読む
2017-03-10 大分市議会 平成29年第1回定例会(第1号 3月10日) 人権教育・啓発及び同和対策につきましては、昨年12月に施行された部落差別の解消の推進に関する法律などの人権にかかわる法律の趣旨を踏まえ、大分市あらゆる差別の撤廃及び人権の擁護に関する条例及び大分市人権教育・啓発基本計画に基づき、市政の重要課題である同和問題を初めあらゆる人権問題の解決に向け取り組みを進めてまいります。  次に、2点目の産業力の強化による活力の創造について申し上げます。   もっと読む
2017-03-06 宇佐市議会 2017年03月06日 平成29年第1回定例会(第6号) 本文 地方改善施設等整備費補助金というのは県の補助事業名でございまして、その明確な違いというのははっきりしませんが、いずれにしましても、同和地区の解消のためですね、部落差別をなくすため、そういったものの補助金というふうに理解しております。  以上でございます。 ◯議長(中島孝行君)用松律夫君。 もっと読む
2017-02-28 宇佐市議会 2017年02月28日 平成29年第1回定例会(第3号) 本文 二点目は、部落差別解消推進法。我々は部落差別固定化拡大法、部落差別推進法だというふうに言っているわけですけれども、この附帯決議の中に、過去の民間運動団体の行き過ぎた言動について言及をしているんですけれども、その内容は何なのか。  二項目めの二つ目は、部落差別の解消を阻害した要因とは何なのか。 もっと読む
2016-12-06 宇佐市議会 2016年12月06日 平成28年第5回定例会(第2号) 本文 │      ┃ ┃      │三、市内の学校では、PTAの役員等を対  │      ┃ ┃      │  象に「部落差別」についての学習会を  │      ┃ ┃      │  行い、感想文まで書かせているが、行  │      ┃ ┃      │  き過ぎではないか。           もっと読む