運営者 Bitlet 姉妹サービス
1500件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-27 別府市議会 平成30年第2回定例会(第6号 6月27日) これに対し委員から、今回購入する避難用ダンボールベッドの使途と管理状況はどのようになっているのかとの質疑がなされ、当局から、購入するダンボールベッドは、組み立て方など使用方法を自主防災会が訓練するためのものであり、連合防災協議会の事務局である当課が保管し、その他にも訓練用の人形やテント、研修で使用するスクリーンといった17品目を購入予定であるとの答弁がなされました。 もっと読む
2018-03-23 豊後大野市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月23日−05号 指定について(道の駅みえ) 日程第26 第26号議案 公の施設の指定管理の指定について(道の駅きよかわ) 日程第27 第27号議案 公の施設の指定管理の指定について(道の駅原尻の滝) 日程第28 第28号議案 公の施設の指定管理の指定について(道の駅あさじ) 日程第29 第29号議案 公の施設の指定管理の指定について(道の駅おおの) 日程第30 第30号議案 公の施設の指定管理の指定について もっと読む
2018-03-20 別府市議会 平成30年第1回定例会(第6号 3月20日) ○高齢福祉課長(安達勤彦君) 議員おっしゃるとおりで、よろしいかと思います。 ○17番(平野文活君) 前々から言ってまいりましたけれども、別府は県下でも低所得が多い市ですね。全加入3万8,937人のうち、第1段階の方が1万199人、26.2%、4人に1人が低所得、つまり第1段階ですね。第1段階というのは、どういう人のことを言うのでしたかね。 もっと読む
2018-03-19 別府市議会 平成30年第1回定例会(第5号 3月19日) 本市においての取り組みでありますが、これまで海抜表示板、指定避難場所案内板の電柱等への取りつけ、津波避難ビルの指定、さらには地震津波発生時などに吹鳴広報して市民等に危険を知らせる防災用サイレンスピーカーの設置や緊急速報メールの配信システムなどを整備してまいったというふうに考えております。 もっと読む
2018-03-16 別府市議会 平成30年第1回定例会(第4号 3月16日) これは現在、この責任、鍵の責任はどのようになっていますか。 ○防災危機管理課長(中西康太君) お答えいたします。  避難所の鍵は、避難所担当課各課で保管しており、発災時には職員が開錠し、避難所を運営することになっております。 もっと読む
2018-03-12 竹田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月12日−04号 7年という長い年月を経ても、被災の心の傷、生活の再建は未だ道半ばで、改めて哀悼とお見舞いの意を申し上げます。津波で破壊し、総住民が移転を余儀なくされた地区、福島第一原子力発電所の事故で帰還困難区域に指定された自治体、その後、避難・移転先で自治組織をつくり直し、地域の人々で支え合う取組が始まったとの報道も見ます。 もっと読む
2018-03-09 竹田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−03号 それから防災の視点に立った男女共同参画、特に避難所運営等を女性の視点に立った運営ができるということは非常に大事なんです。このことがきちっと入っています。それから、家庭、地域、職場の中での具体的な取組も明記、啓発が書かれておりますし、やはり大事なのは、参加と参画の違いでございます。 もっと読む
2018-02-01 大分市議会 平成30年建設常任委員会( 2月 1日) 大分川流域では、大分市野津原の今市雨量観測所において、6時間降水量で218ミリメートル、12時間降水量で316ミリメートルを観測しており、大分川では同尻水位流量観測所、七瀬川では胡麻鶴水位流量観測所で避難判断水位を超過し、賀来川宮苑水位流量観測所において氾濫注意水位を超過いたしました。   もっと読む
2018-01-26 大分市議会 平成30年総務常任委員会( 1月26日) 10時34分散会 2.場所   第1委員会室 3.出席委員   委員長 田島 寛信         副委員長 松下 清高   委 員 穴見 憲昭         委 員  野尻 哲雄   委 員 秦野 恭義         委 員  井手口 良一   委 員 馬見塚 剛         委 員  荻本 正直   委 員 国宗 浩  欠席委員   な し 4.説明員    なし 5.事務局出席 もっと読む
2017-12-15 別府市議会 平成29年第4回定例会(第5号12月15日) 負傷の状況でありますけれども、現在のところ、負傷の状況は入っておりませんけれども、所在が不明な方が数名いるということになっております。  10時から警察と合同で現場検証を行うようになっておりますので、現在行っていると思っております。  昨日の火災が23時18分、119を受けて、隣接する別府警察署の1階部分において避難場所として別府警察署が提供していただきました。 もっと読む
2017-12-15 別府市議会 平成29年第4回定例会(第5号12月15日) 負傷の状況でありますけれども、現在のところ、負傷の状況は入っておりませんけれども、所在が不明な方が数名いるということになっております。  10時から警察と合同で現場検証を行うようになっておりますので、現在行っていると思っております。  昨日の火災が23時18分、119を受けて、隣接する別府警察署の1階部分において避難場所として別府警察署が提供していただきました。 もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) したがいまして、その対応に関しましては、気象台からの情報などを適確に判断し、避難勧告や指示を発令するなど、危険な地域からの早期避難が最も重要であるというふうに考えております。 ○9番(穴井宏二君) 今、課長の答弁をいただきましたけれども、避難勧告や指示を発令するなどというふうに言われました。気象台からの情報に基づいてということでございます。しかし、先日の新聞の記事にはこういうふうにありました。 もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) したがいまして、その対応に関しましては、気象台からの情報などを適確に判断し、避難勧告や指示を発令するなど、危険な地域からの早期避難が最も重要であるというふうに考えております。 ○9番(穴井宏二君) 今、課長の答弁をいただきましたけれども、避難勧告や指示を発令するなどというふうに言われました。気象台からの情報に基づいてということでございます。しかし、先日の新聞の記事にはこういうふうにありました。 もっと読む
2017-12-13 大分市議会 平成29年総務常任委員会(12月13日) 次の受援調整のための組織や役割分担につきましては、災害対策本部の総合統括部内に新たに資源配分や受援情報の取りまとめを所管する受援調整班を設け、各対策部に受援担当を選任するとともに、受援が必要となる業務ごとに指揮命令を選任するよう考えております。また、防災局長が受援担当等を招集する、受援調整会議を適宜開催するよう考えてもおります。 もっと読む
2017-12-13 津久見市議会 平成29年第 4回定例会(第3号12月13日) (1)として、風水害の一時避難所の早急な見直しについて。  市内には、風水害の場合の一時避難所が74カ所あります。今回の台風第18号においては、災害対応の司令塔となるべき市役所が水につかり、一時避難所の大会議室も浸水しました。  このように一時避難所が浸水し、避難所として利用できなかったところが何カ所がありました。一時避難所は、市民の命を守る大切な場所であります。 もっと読む
2017-12-12 大分市議会 平成29年文教常任委員会(12月12日) ○高橋委員   この台風が、日曜日と重なったのは本当に珍しいことだと思いますが、体育館等を一時避難場所にしていたところで、避難勧告が出たにもかかわらず、避難場所として使えなかったという話ですが、教育施設が避難場所として使えなかったというような事例は、どのくらいあったのですか。 もっと読む
2017-12-12 臼杵市議会 平成29年 12月 定例会-12月12日−02号 また、平成28年度より新規漁業就業を確保するために、漁業後継や新たに漁業に就業する方で独立経営を目指す方へ本市独自の支援事業として、漁業担い手育成交付金事業を展開し、平成28年度に2名、今年度2名の新規漁業就業を育成することができました。 もっと読む
2017-12-08 豊後大野市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月08日−04号 今回は、台風が接近する2日前の9月15日から避難勧告を解除した18日までの間、本庁から計13回の放送を行いましたが、各支所からも避難所に関する情報や河川水位の上昇に伴う注意情報等について放送しました。また、多くの地域で消防団による広報を行い、特に浸水のおそれがある地域については、地元消防団が地域住民へ避難を呼びかける広報を行いました。 もっと読む
2017-12-08 大分市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月 8日) 障害、介護、保育などの福祉分野においては、異常な低賃金と長時間過密労働の蔓延、福祉の初心を生かせない劣悪な労働環境などにより、深刻な人手不足を引き起こし、制度の基盤を脅かす重大事態となっています。福祉労働の大幅な処遇改善と職員配置基準の抜本的引き上げこそが喫緊の課題であることは、福祉現場の労働だけではなく、社会福祉事業の経営、利用や関係、国民の共通理解となっています。 もっと読む
2017-12-07 豊後大野市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月07日−03号 行政では、避難勧告指示を音声告知放送や報道でも実施していました。同時に、土砂災害でも道路が通れない状況を把握していたわけです。私も消防団員として、高齢避難や土のう積み、道路にかぶさった土砂すくいに参加もしておりました。  高齢避難勧告を聞いて、不安になって避難所に行こうとしたら、道が塞がっていて家に引き返したという話も聞きました。 もっと読む