628件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宇佐市議会 2019-05-10 2019年05月10日 令和元年第2回臨時会(第1号) 本文

記 事件   一.農林水産業及び園芸畜産の振興対策について   二.商工業の振興対策について   三.観光施設の整備及び観光客の導入について   四.まちづくり、地域コミュニティに関すること   五.文化行政及び国際交流について   六.スポーツ振興について   七.農道、林道の整備について   八.農地及び漁港の災害復旧について   九.水産加工業の振興について   十.祭り・行事等について  十一

宇佐市議会 2019-03-19 2019年03月19日 平成31年第1回定例会(第6号) 本文

記 事件   一.農林水産業及び園芸畜産の振興対策について   二.商工業の振興対策について   三.観光施設の整備及び観光客の導入について   四.まちづくり、地域コミュニティに関すること   五.文化行政及び国際交流について   六.スポーツ振興について   七.農道、林道の整備について   八.農地及び漁港の災害復旧について   九.水産加工業の振興について   十.祭り・行事等について  十一

大分市議会 2019-03-18 平成31年地域活性化対策特別委員会( 3月18日)

また、市域の均衡ある発展を図るため、支所管内の市道・農道の整備について『支所管内道路等整備配分枠』を設け事業費を確保し、重点的に実施しています。さらに、特に大南地域に多い上水道未整備地区においては、給水施設整備を助成する上水道未整備対策支援事業を実施しているところです。 

津久見市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会(第3号 3月12日)

荒代トンネルは、平成15年に農道トンネルとして供用を開始しており、平成28年度より市道網代荒代線の市道トンネルとして管理しています。  延長1,060メートル、道路幅9.75メートルです。また、トンネル内には111基の照明施設があります。  議員さん御指摘のとおり、荒代トンネル内の照明施設につきましては、その多くが球切れの状態となっています。

大分市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第1号 3月 5日)

その主なものは、農林水産業の担い手確保対策を初め、園芸振興対策や畜産振興対策など農業者に対する各種補助金のほか、農道整備事業やかんがい排水事業に係る経費の計上であります。また、大分川ダム周辺交流拠点施設や材料山跡地を利用した多目的広場等の整備につきましては新年度中に完了予定であり、野津原地区での新たな魅力による地域活性化と農業振興につながるものと考えております。  

宇佐市議会 2018-12-19 2018年12月19日 平成30年第4回定例会(第7号) 本文

記 事件   一.農林水産業及び園芸畜産の振興対策について   二.商工業の振興対策について   三.観光施設の整備及び観光客の導入について   四.まちづくり、地域コミュニティに関すること   五.文化行政及び国際交流について   六.スポーツ振興について   七.農道、林道の整備について   八.農地及び漁港の災害復旧について   九.水産加工業の振興について   十.祭り・行事等について  十一

大分市議会 2018-12-11 平成30年経済環境常任委員会(12月11日)

災害復旧の対応につきましては、緊急復旧の必要がある農道、水路、林道の崩土撤去など20カ所は既に完了しております。  今後は、今週実施されております国による災害査定を受け、今議会終了後、速やかに公共災害から発注を行ってまいります。また、今回も被災箇所が多いことから、復旧工事の着手までに日数を要する見込みであり、被災された方々への御理解、御協力をいただきながら、早急な復旧に努めてまいります。

宇佐市議会 2018-09-28 2018年09月28日 平成30年第3回定例会(第7号) 本文

まず、議第七十九号 平成三十年度宇佐市一般会計補正予算(第三号)ですが、本委員会にかかわる今回の補正の主なものは、農業の諸課題の解決を図るため、農道や水利施設など地域の多様なニーズに応じた農業基盤の整備を行う農業競争力強化基盤整備事業に三千五百二万三千円の増額、ため池の老朽化対策のため、豪雨時の安全確保、農業用水の安定供給を図るため池等緊急整備事業に九百五十六万五千円の増額、上田・四日市線の未整備区間

宇佐市議会 2018-09-19 2018年09月19日 平成30年第3回定例会(第6号) 本文

ただし、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可したものについては、この限りでないとされ、ただし書きの規定により、敷地が二メートル以上接している場合でも建築基準法上の道路でない場合、例えば都市計画区域内の農道等というような場合は建築審査会の同意を得て許可することになっておりました。  

大分市議会 2018-09-13 平成30年経済環境常任委員会( 9月13日)

また、8月後半から台風が立て続けに発生しておりますが、大分市においては、現段階では農地や農道、林道等に大きな被害は幸いにも発生しておりません。  さて、前回の6月定例会以降、農林水産部の主な取り組みといたしまして、8月21日に開催いたしました第55回大分市畜産共進会には、今山委員長、大石副委員長を初め、委員の皆様方に御出席していただき、まことにありがとうございました。

宇佐市議会 2018-09-04 2018年09月04日 平成30年第3回定例会(第1号) 本文

今回の補正予算案は、国県補助金の追加内示に伴い、ため池や農道・水路整備などの農業農村整備事業を初め、都市計画道路事業などの増額を行うとともに、学校施設のブロック塀撤去に伴うフェンス等の設置や家族支え合い住宅建設奨励金事業の増額に必要な経費を計上するほか、新規事業として集落間の安心安全みまもり灯設置事業を追加するものであります。  

宇佐市議会 2018-06-26 2018年06月26日 平成30年第2回定例会(第7号) 本文

記 事件   一.農林水産業及び園芸畜産の振興対策について   二.商工業の振興対策について   三.観光施設の整備及び観光客の導入について   四.まちづくり、地域コミュニティに関すること   五.文化行政及び国際交流について   六.スポーツ振興について   七.農道、林道の整備について   八.農地及び漁港の災害復旧について   九.水産加工業の振興について   十.祭り・行事等について  十一

臼杵市議会 2018-06-20 平成30年  6月 定例会-06月20日−03号

しかしながら、ここにきて景気の緩やかな回復や広域農道大南野津線の道路完成により、非常に現実味を帯びてきたように感じます。  そこで、改めて質問させていただきます。  1点目は、合併して13年になるが、これまでの経過について。  2点目は、広域農道大南野津線の道路完成による今後の展望について、以上2点質問させていただきます。ご答弁よろしくお願いいたします。

津久見市議会 2018-06-20 平成30年第 2回定例会(第3号 6月20日)

しかし、道路は市道だけでなく、農道、生活道等、車の通る道がたくさんある中で、実際に通行不可能な全ての場所や、世帯数の把握は、現在できておりません。ただ、徳浦区の一部、日見、福良の一部など自動車通行不能箇所での救急の場合、救急車が入れないので、ストレッチャーによる搬送をしているところであります。  次に、カ、軽四救急車の導入の考えは、についてお答えいたします。  

大分市議会 2018-06-19 平成30年第2回定例会(第4号 6月19日)

○農林水産部長(森本亨) 4月に支所単位8カ所で開催いたしました住民説明会に加え、その後要望のありました5地区で行いました説明会での主な意見としましては、地域の農業者が減少しており、農業の継続が困難になってきたなど、今後の農地の維持管理に不安を持つ声がある一方で、農地の生産性を高める圃場整備、農道や水路の整備を行ってほしい、新たな担い手を誘致してほしいなど、農地などの整備を図りながら、農業振興を望む