55件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2019-03-15 平成31年建設常任委員会( 3月15日)

○姫野都市計画次長兼まちなみ企画課長   今、工事を、整備・活用基本計画に基づいて、大手門の入り口、県庁から入る入り口、外苑の城崎の屋台のところ、そしてまた、トイレ、梅園の整備を予定しておりまして、その工事の着手に当たって、文化財試掘調査を行うという状況でございます。本格的な調査は、平成32年度からという形で、文化財課からはお聞きしております。

大分市議会 2018-04-12 平成30年建設常任委員会( 4月12日)

○姫野都市計画次長兼まちなみ企画課長   文化財調査は、試掘調査、確認調査、本調査の3段階ありまして、今回の分は最初のトレンチといいまして、溝を掘って、いわゆる試掘調査の段階で、まず第1段階の確認は終わったというところで、地中の90センチメートル程度ぐらいの地層が残っている部分があるのですが、今後は、その出ているところを避ける、文化財があるところを避けるような設計で行けば、大規模な文化財調査は必要

宇佐市議会 2017-12-13 2017年12月13日 平成29年第6回定例会(第6号) 本文

建設水道部長都市計画課長(原田雅且君)事前にボーリング調査をして、まずこの程度でいいだろうという感じでですね、最初は、千二百ミリの柱状の改良体を二十カ所配置すればいいだろうと思っていたんですが、既存建物を撤去して、再度そこを試掘調査したら、結構地盤が弱かったり、中のほうにいろんな石が出たり、そういった事情から、ここはやりかえなければいけないということで変更をすることになりました。  

大分市議会 2017-12-11 平成29年建設常任委員会(12月11日)

そうしますと、先ほど申し上げました、文化財課が2年半で2億円ということで試算したとなっておりますけれども、文化財課とすれば、大きな構造物の最大の条件で算定した場合のことを申し上げたと思いますけれども、そういう地下構造物を有する建築物ということになりますと、お堀があの位置にあったということは過去の古図でわかっておりますので、そういったことからすると、確認調査、試掘調査、本掘調査という過程を踏まなければいけないので

大分市議会 2017-09-14 平成29年文教常任委員会( 9月14日)

○沖田文化財課長   5月から7月にかけて城址公園内の試掘調査を行っておりますけれども、文化会館の跡地の部分についてはまだ調査をしておりません。 ○松木委員   文化会館の跡地以外は終わっているということですか。 ○沖田文化財課長   今回調査をしたのは、あくまで試掘ということで、本格調査には至っておりません。

大分市議会 2017-09-13 平成29年文教常任委員会( 9月13日)

府内城については、都市計画部において『大分城址公園整備・活用基本計画』が平成29年2月に策定され、これに基づき、堀等の城内の試掘調査(予備調査)を本年5月から7月まで実施しました。調査の結果、内々堀跡をはじめ、廊下橋が掛かっていた石垣、天守につながる取付櫓や渡櫓の石垣の一部が発見され、絵図にある府内城本丸の位置確認ができたところです。試掘調査後には一般市民を対象とした遺跡見学会を開催いたしました。

大分市議会 2017-06-21 平成29年建設常任委員会( 6月21日)

また、発生原因究明のため、二次調査を行った5箇所のうち4箇所で試掘調査を実施したところ、4箇所全てにおいて経年変化による体積の圧縮により沈下したことが空洞の発生原因であると判明したところでございます。なお、緊急に対処すべき箇所はございませんでした。  では、次の資料1の2枚目をごらんください。試掘した際の路面下の空洞状況でございます。

大分市議会 2017-03-24 平成29年建設常任委員会( 3月24日)

また、二次調査後は、試掘調査も1カ所行うことより、空洞の原因を確認いたします。  今後は、二次調査の最終報告や試掘調査の結果を踏まえて、早期に対応を行う予定です。 ○足立委員長   これについて何かありませんか。  〔「なし」の声〕 ○足立委員長   それでは執行部、そのほか何かありませんか。

大分市議会 2016-08-08 平成28年建設常任委員会( 8月 8日)

今回の短期の中で、来年度、予備の文化財試掘を行いまして、その結果に基づきまして、次年度以降、また確認調査を行っていきます。それがおおむね10年程度かかるということになります。 ○福崎委員   その試掘をしたときに、仮に重要な物が発掘された場合はどうするのですか。 ○田中公園緑地課長   重要かどうかに関係なく、文化財課と協議し、今後の対応を検討することになっております。

大分市議会 2016-07-12 平成28年建設常任委員会( 7月12日)

その提案を見なければ、将来的に城址公園の、例えば天守閣の復元をすることだとか、試掘をすることだとかについても、その提言の中で触れることになろうと思いますけれども、まだその方向性が出ておりませんので、未定な状況でございます。それは、提言を見た中で方向性が出れば、また当委員会等で報告しながら、次の作業に移っていきたいと思っております。

大分市議会 2016-03-22 平成28年建設常任委員会( 3月22日)

試掘調査をして、これはしないといけないなという方向性が出れば、逆に上げられるんですけれども、ここは調査を大体するという方向性であり、最終年度でありますので、当然工事の入札差金がでます。それでその分を振りかえてまず置きかえて、単独費を持っておりまして、入札差金で補えないところに差しかえたいと考えて、文化財調査を単独に、仮に置いております。 ○板倉委員長   ほかにありませんか。

杵築市議会 2016-03-07 平成 28年 3月定例会(第1回)-03月07日−02号

そのため、台山やその周辺の追加地形測量等縄張り調査、試掘調査による確認調査などを行いまして、指定の範囲を確定して確認していきたいと思っています。また、杵築城について書かれた文献調査や、御殿跡の植生物の調査等も同時に行いたいと考えています。  国指定の申請は、杵築中学校校舎が完成し、御殿跡の仮設校舎がなくなる平成31年を目標に行う予定でございます。 ○議長(河野正治君) 田中議員

中津市議会 2016-03-02 平成 28年 3月定例会(第1回)-03月02日−02号

それから、民間開発に伴う発掘調査でありますが、これは民間からの届けにより行うため、現段階では場所としては未定でありますが、例年の実績を参考に本調査を3カ所、それから試掘調査は32カ所、調査期間は、平成29年3月末までで、延べ1,184名の作業員で調査を行うよう計画しているところです。以上です。 ○議長(古江信一)  今井副議長

宇佐市議会 2015-09-11 2015年09月11日 平成27年第4回定例会(第5号) 本文

発掘調査予定地は、宇佐市大字西大堀の宇佐・高田・国東広域クリーンセンター(仮称)建設予定地であり、試掘調査の結果、遺構や遺物が発見された部分、約一・五ヘクタールについて、本格的な調査を実施することとしております。  想定される遺跡の分布状況及び時代区分についてですが、以前隣接地で行った遺跡の調査成果と、今回の試掘調査の結果から、古墳時代から中世にかけての集落跡と考えられます。  

宇佐市議会 2015-03-17 2015年03月17日 平成27年第1回定例会(第6号) 本文

続いて、永田事務局長から諸報告があり、提案理由の説明に先立ち、是永管理者より、ごみ処理建設に係る進捗状況について報告があり、建設地である西大堀地区では、生活環境調査を初め、用地測量、埋蔵文化財試掘調査を実施するとともに、西大堀まちづくり委員会によるまちづくり計画の策定作業なども進んでおり、今後、施設の配置計画などがまとまり次第、建設用地の取得作業に入りたい。

国東市議会 2015-03-11 平成 27年 3月定例会(第1回)-03月11日−01号

まず、提案理由の説明に先立ち、是永管理者よりごみ処理施設に係る進捗状況について報告があり、建設地である西大堀地区では、生活環境影響調査を初め、用地測量、埋蔵文化財試掘調査を実施するとともに、西大堀まちづくり委員会によるまちづくり計画の策定作業なども進んでおり、今後、施設の配置計画などがまとまり次第、建設用地の取得作業に入りたい。  

宇佐市議会 2014-12-02 2014年12月02日 平成26年第4回定例会(第1号) 本文

その内容について申し上げますと、組合では、既に施設基本計画の策定作業に着手しており、九月からは環境アセスメント及び用地測量、十月からは埋蔵文化財試掘調査にも着手しました。また、西大堀地区では、公募時の約束である地域振興事業を進めるために、西大堀まちづくり委員会が設立され、まちづくり計画の策定に向けアンケート調査などの取り組みが進められているとの報告がございました。