52件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2019-03-18 平成31年総務常任委員会( 3月18日)

今年度の主な連携事業といたしましては、表2段目の商工観光部会で協議を行ってきました都市広域圏観光PR事業を東京、有楽町で開催し、4万4,000人の来場者でにぎわう中、参加市町の物産、観光のPRを効果的に行うとともに、農林水産部会では、圏域市町の農林水産物の生産振興や消費拡大を図るためのおおいたマルシェ開催事業を連携して実施するなど、広域圏の魅力を発信する取り組みを行ってきたところでございます。  

別府市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第4号12月11日)

では、次に観光についてお伺いします。  観光の直近の集客状況に関して、今、市のほうではどういうふうな分析をしているか、お聞かせください。 ○観光課長(日置伸夫君) お答えいたします。  平成29年の観光動態調査から、宿泊客数は対前年比108.3%の微増となっており、地域別に見ますと、鉄輪・明礬地域が対前年比124.7%で好調でございました。

別府市議会 2018-09-20 平成30年第3回定例会(第3号 9月20日)

観光地の中で比較しても、ワースト2位でした。まちづくりの中で道路整備は非常に重要です。インバウンド日本一の高山市、まちのきれいさは観光地の中でも群を抜きます。観光地高山市のまちづくりのスタートは、まちのバリアフリー化でした。まず住む者の快適さ、優しさを追及し、整備されたそうです。住んでよし、訪れてよしのまちづくりです。

宇佐市議会 2018-09-11 2018年09月11日 平成30年第3回定例会(第2号) 本文

やはり観光客なども外で観光してますので、そういった方々にも情報を伝えるのは非常に大事かと思っております。安心院のほうにも観光客がかなり増えているんじゃないかと思っておりますので、そういった宇佐市全体で外からでも聞こえる防災情報システムの整備というところで、安心院にも増設をと考えているところであります。  

大分市議会 2018-06-22 平成30年総合交通対策特別委員会( 6月22日)

現在は、大分駅東側の高架下駐輪場に併設するレンタサイクルポートで、自転車の貸し出し、返却を行っているところでございますが、近年、来街者に対する2次交通の充実による利便性の向上、環境負荷の低減や観光振興も目的といたしまして、異なるサイクルポート間で貸し出し、返却ができる形の、広域レンタサイクル、いわゆるシェアサイクルの導入が、全国的にも進んでいるという状況が見られてきておりまして、多数の事業者も参入しているところでございます

大分市議会 2018-06-21 平成30年経済環境常任委員会( 6月21日)

)    戸田商工労働観光部長、玉野井商工労働観光部審議監、    安部商工労働観光部審議監兼おおいた魅力発信局長、    佐々木商工労働観光部次長兼商工労政課長、上原商工労働観光部次長兼観光課長、    末綱創業経営支援課長、朝見創業経営支援課政策監、幸観光課政策監、    藤田商工労政課参事、加藤観光課参事、    増本観光課付参事兼大分市高崎山管理公社派遣、緒方おおいた魅力発信局参事、    

大分市議会 2018-03-20 平成30年建設常任委員会( 3月20日)

1の計算条件としましては、観光客数を市外で県内の方を3,316人、県外からの方を3,869人、どちらも日帰り客と想定し、大分県ホームページ提供の簡易の経済波及効果分析ツールにより計算をしております。  2の推計の対象としましては、イベント観光客の消費支出とイベントの運営費支出としております。  

別府市議会 2018-03-19 平成30年第1回定例会(第5号 3月19日)

そこで、長崎県の佐世保市では、スマートフォンとかタブレット端末で利用できる共有アプリの実証実験をやったようでございます。この共有アプリが「WheeLog!」という横文字なのですけれども、この「WheeLog!」という実証実験を行ったようでございます。建設部等と一緒にやったようでございますけれども、このバリアフリー情報の1つとしてこれは非常にいいのではないかなと思うのですね。

大分市議会 2018-03-14 平成30年第1回定例会(第4号 3月14日)

訓練に先立ち、市民グループからは、訓練最優先、地元軽視の姿勢が強まっているとの不安や反対の声が上がり、地元の由布院温泉観光協会は、大分県知事と由布市長に対し、訓練は癒やしのまちにふさわしくないとして、縮小、中止を求める要望書が提出されています。  今回の実弾砲撃数は累計792発、これまでで史上2番目の数に上ります。

大分市議会 2018-03-12 平成30年第1回定例会(第2号 3月12日)

本市といたしましては、生活習慣の改善には若いときから健康づくりに関心を持つことが大切であることから、協会健保等と連携し、産業医が選任されていない中小事業所を中心に健診の受診勧奨、健康アプリを活用した運動習慣の定着、減塩や朝食摂取の普及など、働く世代への健康づくりを推進をしてまいりたいと考えております。  

別府市議会 2017-12-14 平成29年第4回定例会(第4号12月14日)

では、無料子育てアプリなど、ICTを活用した電子母子手帳について質問をさせていただきたいと思います。  この電子母子手帳に入る前に、今、紙ベースの母子手帳でございますけれども、この母子手帳のまず重要性について、これについてどう思っていらっしゃいますか。答弁をお願いします。 ○健康づくり推進課長(中島靖彦君) お答えいたします。