656件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

津久見市議会 2019-09-18 令和元年第 3回定例会(第3号 9月18日)

次に、南海トラフ津波対策について、半割れ対策質問なんですけども、県の審議会ですか、それを踏まえて今後も検討するというふうな御答弁だったと思いますけども、具体的にいつ起こるかわからないということでは、なるべく早く必要なところは対策をとるべきだと思いますけども、特に医療関係、病院や、それから老人ホームといったところ、海岸に近いところは、そういった独自の考えでもやっぱりやるべきだと思いますけども、その

大分市議会 2019-09-18 令和元年決算審査特別委員会( 9月18日 厚生分科会)

事業開始から3年が経過した今、子供食堂というよりも老人クラブの活性化、高齢者の活性化に重きを置いていき、現在では子供食堂については子どもすこやか部で新しい事業が生まれております。そこで、この事業は、今年度から長寿福祉課が引き上げて、高齢者老人クラブの活性化を主にやっていくこととしておりますので、すみ分けとしては、高齢者老人クラブの活性化という形で、この事業を行っていきたいと思っております。

津久見市議会 2019-09-17 令和元年第 3回定例会(第2号 9月17日)

それは、特養、特別養護老人ホームであったり、有料の老人ホームであったり、認知症ホームであったり、老人保健施設であったりと、十五、六、それに小さいデイサービス、小規模のデイサービスとか、今、病院におきましても介護職員が配置されている現状であります。そういう事業所から多くの求人が出されております。それは、ハローワークであったり、市役所の玄関にも階段の上り口に掲示をされております。

別府市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第3号 9月13日)

健常者でも老人の方でも、高齢者の方でも、健康な人しか通れない。横から通れる、一部あります。それも低い、雨が降ったらぐちゃぐちゃです。  それからもう1カ所、四の湯2区の公民館。児玉病院のすぐ裏側にあります。一町すぐ下、横に入ったところね。この投票所は、駐車場が全くない。横に民家の人が持っているところが1台か2台、仮にとめられるようなところがありますけれどもね。

大分市議会 2019-09-11 令和元年厚生常任委員会( 9月11日)

役所本庁舎、支所、地区公民館老人いこいの家、社会福祉議会民生委員児童委員議会路線バス車内、大分バスは210台、大分交通は23台、バス事業者の営業所等でポスターの設置やチラシの配布を行っております。配布しているチラシは、資料の2枚目でございます。  次に(3)バス車内での放送でございます。

宇佐市議会 2019-09-10 2019年09月10日 令和元年第4回定例会(第2号) 本文

前向きなことが行われているんだなというふうに思いますし、今まで活用されていた宇佐市勤労青少年ホーム体育館を宇佐児童館に変更することで、今のニーズに合った、今の宇佐市に必要な施設をそういったものに変えていく。そういうことで有効活用していく。そういった例も見ることができます。また、旧小菊寮、養護老人ホームですが、民間移管のため閉所して、その後、障害者福祉施設の用地として活用されていると。  

大分市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第3号 9月 9日)

本市では、老人クラブや敬老行事の活動促進、地域ふれあいサロン事業の実施などにより、地域交流を支援しているほか、ひとり暮らし高齢者の日常的な安否確認のために、乳酸菌飲料の配達や配食サービス社会福祉議会が中心となって、地域住民による自主的な見守り活動などにより、高齢者孤立化を防ぐとともに、地域で安心して暮らしていくことができるよう支援しているところでございます。 ○議長(野尻哲雄) 松本議員

津久見市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会(第2号 3月11日)

しかし、津久見駅は、表裏駅ともに急な階段を上がり改札口まで行き、また、ホームに行くのに階段を下らなければならず、高齢者や障がい者の方、足や腰の悪い方などにとっては大変で、バリアだらけの利用しづらい駅なのです。私は駅の近くに住んでいますが、近所の方からも、こんなに駅が近いのに、階段の上り下りが大変で、JRを利用することができないという声をよく聞きます。

別府市議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第7号12月14日)

次に、高齢者福祉課関係では、高齢者を特別養護老人ホームで短期間預かるための緊急対応型ショートステイ委託料の追加額を、教育政策課関係では、前回の定例会で計上した小中学校危険ブロック塀の撤去、及び改修の整備計画について、国の新たな交付金が創設されたことに伴い平成31年度実施予定分を前倒しして計上し、また、関連する繰越明許費の補正、並びに起債の借り入れに伴う地方債補正を計上するものとの説明がなされました

大分市議会 2018-12-11 平成30年厚生常任委員会(12月11日)

なお、介護老人福祉施設――特別養護老人ホーム介護老人保健施設認知症対応型通所介護につきましても公募を行いましたが、応募事業者はございませんでした。  次に、選定事業者についてでございます。選定に当たりましては、学識経験者、福祉関係者、市民代表行政関係者7名から構成される地域密着型サービス事業者等検討委員会を設置し、書類審査及びヒアリングを行いました。  

大分市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第2号12月 6日)

ジェロントロジーとは、直訳すれば老人学ということになりますが、わざわざ片仮名で表記するところに意味があります。  確かにこれから少なくとも数十年は、高齢者人口の占める割合の多い時代です。そのことは逃げることも防ぐこともできない現実です。もちろん高齢化による福祉保健医療介護社会的ニーズは増大することでしょうし、そのための体制づくりは焦眉の急です。  

宇佐市議会 2018-09-28 2018年09月28日 平成30年第3回定例会(第7号) 本文

次に、議第九十一号 損害賠償の額の決定についてでございますが、これは平成二十八年特別養護老人ホーム妙見荘が市直営のときに起きた事故に係る損害賠償について議決を求めるものです。  介護施設管理上の瑕疵による事故に係る損害賠償の額の決定について、議会議決を求めるものであるとの説明がありました。  審査の結果、異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  

別府市議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会(第6号 9月27日)

次に、高齢者福祉課関係では、住宅型有料老人ホームの2施設にスプリンクラーを整備するための補助金を、また、野口原ゲートボール場のテント張りかえに係る工事費を計上、健康づくり推進課関係では、乳幼児の虫歯予防を目的とするフッ化物塗布に係る費用の一部への補助金を計上、また、青壮年期の健康無関心層を対象に生活習慣の改善を図り、健康寿命の延伸を目指すための委託料を計上する旨の説明があり、委員からは、健康寿命延伸