702件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-05-10 宇佐市議会 2019年05月10日 令和元年第2回臨時会(第1号) 本文 空き家等対策協議会委員、後藤竜也議員。  安心院土地改良区役員・員外理事、衛藤博幸議員、新開洋一議員。  あじむ農業公社役員、衛藤博幸議員、赤野道和議員。  最後に、シルバー人材センター理事、中村明美議員。  以上でございます。 ◯議長(衛藤博幸君)お諮りいたします。   もっと読む
2019-03-15 大分市議会 平成31年建設常任委員会( 3月15日) 次に、2の今回の改正の背景につきましては、近年人口減少や高齢化などにより、空き家が数多く発生しており、集落のコミュニティーの維持や地域活力の低下が課題となる中、空き家となった古民家等を地域資源として観光振興や集落の維持に活用することの取り組みが必要とされております。 もっと読む
2019-03-14 大分市議会 平成31年建設常任委員会( 3月14日) 〔「なし」の声〕 ○藤田委員長   次に、空き家対策についての報告を受けます。 ○清水住宅課長   資料5の1をごらんください。最初に1の大分市内の空き家所有者等の意向に関するアンケート調査についてでございます。   もっと読む
2019-03-13 大分市議会 平成31年第1回定例会(第4号 3月13日) 6年に及ぶ社会実験の結果、富士見が丘団地では、空き家、空き地の減少や地域コミュニティーの活性化など、多くの成果が得られたことは、住民の方々の努力はもとより、本市の尽力によるところも少なくないと敬意と評価をいたしております。  そのふるさと団地の元気創造推進事業ですが、今年度、新たにサンシャイン虹ヶ丘と緑が丘団地の2団地がモデル団地に指定され、788万円の予算が計上されております。 もっと読む
2019-03-12 大分市議会 平成31年第1回定例会(第3号 3月12日) 一方で、高度経済成長期以降、本市においても郊外に大型団地が開発され、多くの住民の方が居住してきましたが、年月を経るにつれ、子供世代は就職などで他の地域、県外を含めてですが、移住し、高齢化が進展し、利便性の問題などもあって、空き家が増加している、そういった団地が見受けられるようになってきました。   もっと読む
2019-03-12 津久見市議会 平成31年第 1回定例会(第3号 3月12日) いずれにしましても、津久見市としては、できるだけ多くの方に市内に残っていただくため、現在、「津久見街なか・遊休不動産等情報提供事業」に取り組み、一般社団法人大分県宅地建物取引業協会臼津支部に委託して、同協会及び津久見商工会議所が把握する土地・建物、賃貸情報等の整理を行い、市が保有する空き地・空き家マップ等と情報をリンクさせ、地図化しており、1月中旬の段階で取りまとめられたマップを以後最新情報に更新しながら もっと読む
2019-03-11 津久見市議会 平成31年第 1回定例会(第2号 3月11日) そこで、定住対策の一つとして、高齢化対策とも通じると思うんですけど、サロン運営や集う場所の確保等として、校舎の再利用や空き家の利用とかは、活用を考えられませんか。どうでしょうか。 ○議長(黒田浩之議員)  清水長寿支援課長。 もっと読む
2019-03-11 大分市議会 平成31年第1回定例会(第2号 3月11日) 大分市営住宅の平成31年1月末の管理戸数は5,377戸、うち空き家戸数は884戸、うち政策空き家332戸、政策空き家を除く入居率は89%であります。うち4階以上は、管理戸数1,765戸、空き家戸数299戸、政策空き家69戸、入居戸数1,466戸、入居率は86%であります。政策空き家を除く入居率は、全住宅では89%、うち4階以上では86%となっております。   もっと読む
2019-03-04 津久見市議会 平成31年第 1回定例会(第1号 3月 4日) 昨年1月に設置した市中心部の活性化検討委員会では、これまで3回の会議を開催し、旧消防署用地を中心としたエリアの活用、河川激甚災害対策特別緊急事業に伴う、都市計画道路及び橋梁の架け替えや、市中心部の活性化に向けた共有地・空き店舗・空き家等の現状把握などについて協議を進めております。   もっと読む
2019-03-01 宇佐市議会 2019年03月01日 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 その影響からか、空き家や空き施設が増加している状況もあります。  そこでお尋ねいたしますが、市営住宅の全戸数と空き家率は。また、耐用年限を迎えた市営住宅、あるいは近い将来、耐用年限を迎える市営住宅はどれくらいあるのでしょうか。さらに、市営住宅事業における今後の方針についてもお聞きをいたします。   もっと読む
2019-02-28 宇佐市議会 2019年02月28日 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 一昨日テレビに出てました、全国版と思うんですが、高田の住みたいランキングナンバー一、その中で物価が安い、これは宇佐も同様なんですが、次に空き家バンク、これも政策として宇佐と同様だと思うんです。  昨日の多田羅議員と企画財政課長とのやりとりの中で、やはり子育て世代の政策が一番重要であり、日曜日に選挙があった三河国東市長もこれを一番に挙げています。   もっと読む
2019-02-27 宇佐市議会 2019年02月27日 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 県外からUIターンする方への引っ越し費用の助成としては、新築、または空き家バンク登録物件に入居し、かつ単身世帯でない方、または、小学生以下の子供が同居する方を対象に、上限二十万円で補助対象経費の三分の二を支給しております。  県内では、単身世帯への引っ越し費用を助成している自治体もありますが、それぞれで制度内容や補助要件等が異なっております。 もっと読む
2019-02-19 宇佐市議会 2019年02月19日 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 また、ハード分の実践活動交付金を増額し、地域コニュニティ組織が実施する地域のインフラ整備や空き家改修を支援いたします。加えて、周辺地域元気づくり応援事業などの継続実施や自治区集会所の建設・修繕を支援いたします。さらに、引き続き、地域交流ステーションを改修し、大学と地域との連携を強化いたします。   もっと読む
2019-02-01 大分市議会 平成31年建設常任委員会( 2月 1日) 33番、空き家対策の推進状況については、対応案を①としております。  34番、都市交通アクセスの整備計画については、対応案を①としております。  35番、放置自転車の処理については、対応案を①としております。  36番、市道でない道路の補修については、対応案を①としております。  以上の項目につきまして、御協議のほどよろしくお願いいたします。 もっと読む
2018-12-13 別府市議会 平成30年第4回定例会(第6号12月13日) また、空き家対策ということでございますが、既存のお試し移住施設「フロムーン別府ハウス」というのがございますが、ことし11月末までに7組の利用がございまして、そのうち2組が既に移住が決定しております。 もっと読む
2018-12-12 津久見市議会 平成30年第 4回定例会(第3号12月12日) また、イとして、中心市街地の活性化については、昨年の台風被害により商店街で多くの空き家が増えていますが、その活用と旧消防署跡地を含めた金融ゾーンなど現在行われている津久見市中心部の活性化に関する検討委員会での内容と今後の予定についてお尋ねします。   もっと読む
2018-12-11 別府市議会 平成30年第4回定例会(第4号12月11日) 次に事業実績でありますが、平成29年度では起業・創業に係るセミナー、ワークショップの開催、企業誘致戦略策定などの事業を実施し、今年度平成30年度では起業・創業支援、空き家対策、移住定住、販路拡大支援、大同窓会、DMO事業など6課から13事業の委託を受け、現在事業を実施・展開しているところであります。 もっと読む
2018-12-10 別府市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月10日) ことしの1月から一般社団法人全国空き家バンク推進機構に職員を派遣しておりますが、こちらについては一般社団法人という組織で、非営利活動を行う法人でございます。法人の設立の目的といたしましては、全国的な共通課題であります空き家・空き地問題の解決、それから地方創生を目的として平成29年の6月に設立をされたものであります。   もっと読む
2018-12-06 宇佐市議会 2018年12月06日 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 空き家も、もしかしたら利用していただければと思ってるんですよね。その辺で、今後どのような活用を行っていくかお聞きします。 もっと読む
2018-12-04 津久見市議会 平成30年第 4回定例会(第1号12月 4日) 歳出の審査の中では、空き家バンク業務支援事業、ブロードバンド整備事業、要援護者等個別支援事業、不妊治療費助成事業、ごみ処理事業、地籍調査、農業振興事業、市道徳浦松崎線道路工事、消防団運営費交付金、スクールソーシャルワーカー活用事業等々についての質疑があり、答弁がありました。  歳入の審査については、市税の不納欠損、寄附金、地域振興事業債等について質疑があり、答弁がありました。   もっと読む