166件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

別府市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第4号12月11日)

○1番(阿部真一君) 市長答弁があったように、やはり政治的な市長の判断というのが必要になる時期がすぐそこまで来ているような気がしますので、ぜひこの羽室台高校の跡地を今後別府市の1つの財産としてなるように、庁内のほうで意見を集約していただいて別府市民、そして県民の皆さんにお示ししていただきたいというふうに考えております。  

別府市議会 2018-09-21 平成30年第3回定例会(第4号 9月21日)

昨今、この科学館の建設について諸団体、県民が動き始めました。今、子どもたちの理科離れが進んでいるのですね。これを何とか食いとめる必要がある。そのためには、やっぱり核となる科学館をつくる必要があるのではないかということで、各種団体とかが名乗りを上げて、県も動き始めていると聞いております。  そこで、この団体の代表者に大分大学の中野教授がなったのですね。

大分市議会 2018-06-15 平成30年第2回定例会(第2号 6月15日)

期日前投票が定着した中、昨年、実施された衆議院選挙で、本庁の期日前投票所は投票に来た市民で大変混雑していたようです。せっかく期日前投票に行ったけど長い列ができており、並ぶのが面倒で、そのまま帰り、結局、当日の投票も棄権したという市民の苦情をいただきました。来年は統一地方選挙、参議院議員選挙が予定されております。対策はできていますか、お尋ねいたします。 ○議長(野尻哲雄) 佐藤総務部長。

大分市議会 2018-03-23 平成30年総務常任委員会( 3月23日)

しかし、法人税では、我が国が課している税額を外国法人税の額に含めることは適当ではないという趣旨から、外国子会社に課される我が国の法人税や法人住民税等については、外国税額控除ではなく、別途税額控除制度を設けることとしており、このことを受け、地方税法では、平成30年4月1日以降に開始する事業年度から、法人税、地方法人税で控除しきれなかった金額を法人県民税から、法人県民税からも控除しきれなかった金額を法人市民税

大分市議会 2017-09-13 平成29年建設常任委員会( 9月13日)

まず始めに、第70回大分県民体育大会におきまして、建設常任委員会の皆様におかれましては、陸上競技、議員ソフトボール競技に御参加され、大変お疲れさまでございました。その中でも、議員ソフトボールでは大分市のベスト4に貢献し、またとりわけ議員陸上では、建設常任委員の皆様で400メートルリレーのチームを組み、見事優勝され、大分市の総合優勝に貢献されましたことに敬意を表します。  

別府市議会 2017-06-14 平成29年第2回定例会(第5号 6月14日)

それで講堂の跡地は、今卓球と、それから選挙の投票所、4町があそこで投票いたしております。それからもう1つは、市長もこのうち来ていただいたのですけれども、高齢者ひとり暮らしの人の激励会、これをレンガホールでやっております。しかし、あそこも階段がきつく、そして手すりもなく、トイレも下でないとできないという非常に不便なところなのですよ。

大分市議会 2017-03-17 平成29年第1回定例会(第3号 3月17日)

世界に目を向けても、新興国経済に陰りが見え、政権交代によるアメリカの経済動向や、英国国民投票におけるEU離脱の選択、世界経済の需要の低迷や成長減速のリスク等、さまざまな懸念材料があります。  また、我が国の総人口は、2008年をピークに減少し始め、出生数の減少による少子化の進行により、人口減少に歯どめがかからない状況となっています。

大分市議会 2017-03-16 平成29年第1回定例会(第2号 3月16日)

低い投票率にもかかわらず、8名全員が見事当選を果たし、第2会派の栄誉を確保しました。  これは憲法を変えようとする国会の動きに危機感を持った市民や、格差が進行する中、弱い立場の市民の声を生かす我が会派への熱い支援の結果と受けとめ、社会的弱者の目線に立った市政の監視と推進に努めますので、よろしくお願いしたいと思います。  それでは1点目、市長の政治姿勢についてであります。  

別府市議会 2016-12-16 平成28年第4回定例会(第5号12月16日)

大分県原子力災害対策実施要領によりますと、県民の安全・安心の確保のため、伊方発電所で起こる全ての事象については、大分県としても速やかに情報収集し、県民に情報提供を行うため、愛媛県との間で情報連絡等に関する確認書を取り交わし、重要な異常事象については、愛媛県から直接通報連絡が行われる体制をとっているとされております。  

大分市議会 2016-09-20 平成28年決算審査特別委員会( 9月20日 総務分科会)

主なものにつきましては、職員の時間外勤務の実績による不用額、初瀬井路土地改良区総代選挙、享保井路土地改良区総代選挙が無投票になりましたことから、その不用額が約740万円、臨時職員採用の実績による不用額が320万円、また、消耗品費、印刷製本費につきまして、統一地方選挙のため、県知事、県議選挙のほうで執行した経費、及び入札差金等で約524万円が不用額となっております。  

大分市議会 2016-09-14 平成28年経済常任委員会( 9月14日)

この中から、大分商工会議所、大分合同新聞社、大分市の主催3者で10点の候補に絞り込み、商標調査を行った上、実行委員会で投票を行い、決定に至りました。  次に、これまでの生活文化展から見直した点を中心に、第1回おおいた食と暮らしの祭典の事業内容について御説明いたします。  資料の3ページをごらんください。  

別府市議会 2016-09-13 平成28年第3回定例会(第3号 9月13日)

市税においては、平成26年4月から市県民税の普通徴収、固定資産税、軽自動車税に関しまして、コンビニで御納付いただけるようになりました。コンビニでの納付件数、それから全体の納付件数に占める割合につきましてですが、年間の集計で、平成26年度が5万4,564件、これが全体の18.50%、平成27年度が6万6,112件、これが全体の23.52%です。

宇佐市議会 2016-09-08 2016年09月08日 平成28年第3回定例会(第4号) 本文

今日、テレビを朝、見ておりましたら、十一月八日投票予定のアメリカ大統領選のことが報じられておりました。不支持率が五〇%以上、トランプさんに至っては六〇%以上という、さすがに自由と民主主義の国だなというふうに思いました。そのアメリカに住んでおります私の友人から、六月の一般質問のユーストリームを見ていて、演題に両手をついて話すのはよくないという御指摘を受けました。

国東市議会 2016-09-08 平成 28年 9月定例会(第3回)-09月08日−02号

先月発覚をしました、別府署隠しカメラ事件は、選挙事務所だけでなく、労働相談などで一般の人も出入りする建物だけに入居団体及び関係組織のみならず多くの県民に不快、不安を感じさせるものであり、人権やプライバシーの侵害にほかなりません。はなはだ遺憾でなりませんが、県議会や今後の国会で真相究明を求めるようなので、そちらを注視したいと思っています。  さて、今回、次の3点について質問をさせていただきます。  

臼杵市議会 2016-06-22 平成28年  6月 定例会-06月22日−03号

だから、県でどうのこうのじゃなくて、大分県もそれはまさに人ごとではなくて、非常に我々市民も県民も不安があって心配しているんだから、まず本当にそういうふうに国の基準をはるかに超えることで対応しているというんであれば、そのことを大分県に来てぜひ説明をしてくださいと、そして市民の皆さんの不安があっているところに誠実に答えてほしいというようなことを私のほうも質問させていただきました。

津久見市議会 2016-06-16 平成28年第 2回定例会(第2号 6月16日)

最近の愛媛県民世論調査で、原発の安全性について85.7%が不安と答えています。再稼働に否定的な回答は65.5%で、肯定的な意見は34.5%となっていました。政府の世論を無視した強引な再稼働を推進しておりますが、民主主義の観点からも大問題だと思います。このまま予定どおり再稼働した場合、津久見市の備えは大丈夫なのか、質問いたします。  伊方原発再稼働と原子力災害対策について。  

大分市議会 2016-03-17 平成28年第1回定例会(第6号 3月17日)

県と市の公共施設に対する評価基準の整合性はどうなるのか、県民には要らない施設だから市民には必要な施設という考えがどうして成り立つのか、その根拠については委員会で論議させていただきます。 ○議長(永松弘基) 次に参ります。  42番、泥谷議員。 ○42番(泥谷郁)(登壇)(拍手) 42番、公明党の泥谷郁でございます。