379件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2019-03-18 平成31年経済環境常任委員会( 3月18日)

ただし、審査や調査内容に応じて、自由討議の時期、執行部の方に退席を求めるか等については、委員長において決定いたしたいと思います。  3点目は、本会議同様、委員会におきましても、より議論を深めることを目的として、委員の質問、政策提言等に関し、執行部は委員長の許可を得て反問することができることとなっております。反問する場合は、反問する旨を発言してから反問するようにお願いいたします。

大分市議会 2019-03-15 平成31年建設常任委員会( 3月15日)

○穴見委員   戻って申しわけないですけど、大分城址公園の整備・活用のところで、文化財発掘調査等委託料と書いてありますが、その辺、前も調査されてたと思いますが、ずっと引き続きされているのですか。それとも、また、もう一回やるとか。

大分市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第3号 3月12日)

また、相談者のさまざまなニーズに対応するためには、行政の支援にとどまらず、多様なサービスや支援が必要とされますことから、新たなNPO法人等の社会資源の発掘やサポーター等の人材の養成とその活用なども、ひきこもり本人や家族を支える体制の充実には欠かせないものと認識しております。  

大分市議会 2018-12-12 平成30年経済環境常任委員会(12月12日)

ただし、審査や調査内容に応じ、自由討議の時期、執行部の方に退席を求めるか等については、委員会において決定したいと思います。  2点目は、本会議同様、委員会におきましても、より議論を深めることを目的として、委員の質問、政策提言等に関し、執行部は、委員長の許可を得て反問することができることとなっております。反問する場合は、反問する旨を発言してから反問するようお願いいたします。  

別府市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第5号12月12日)

実際、昨年からは隣の町内や福祉団体等とともに実施していただく町内が増加し、地域内の資源を発掘する、また連携する意識が広がってきていると感じています。  町内の備蓄品をふやすことも、もちろん重要であります。しかし、担当課としましては、訓練を実施していただくこと、また、ともに助け合う意識の醸成が特に重要と考えています。

津久見市議会 2018-12-11 平成30年第 4回定例会(第2号12月11日)

まず(1)といたしまして、今年度の調査結果についてです。  先ほど申しました当該学年ごとの今年度の結果がどうだったのかお聞かせをください。  そして(2)として、対象学年の調査結果の推移についてです。  先ほど申しましたように、例えば中学校3年生であれば、小学校5年生、6年生、そして中学校2年生、3年生ということで、全国及び大分県の調査を行ってきています。

宇佐市議会 2018-12-06 2018年12月06日 平成30年第4回定例会(第4号) 本文

現在、秘書広報課において管理していますが、平成二十九年四月には、庁内他の部署でも運用を図るため、ドローンの庁内管理要領を定め、他の部署に貸し出しをすることにより、各種事業や発掘調査など、空から事業の実施状況などの把握をするほか、公共施設の老朽化の確認など、ドローン撮影の特性を生かした活用を図っているところです。

津久見市議会 2018-09-18 平成30年第 3回定例会(第2号 9月18日)

津久見市の人口は、国勢調査の数字で申しますと、昭和35年調査時の3万7,164人をピークに年々減少を続け、平成27年調査では、1万7,969人となり、平成30年8月1日現在の人口推計では1万6,821人まで減少しております。  

大分市議会 2018-09-14 平成30年総務常任委員会( 9月14日)

その後、校舎等を解体し、現在、文化財調査を実施しております。22街区については、バスの乗降場、待機場、タクシーの待機場、一般自動車の整理場として利用しております。また、54街区についても一般駐車場等として暫定利用しているところでございます。  

大分市議会 2018-09-13 平成30年文教常任委員会( 9月13日)

最後に6点目は、荷揚町小学校跡地での発掘体験についてでございます。  去る9月7日金曜日に、荷揚町小学校跡地で行われております発掘現場で、旧荷揚町小学校などを統合した碩田学園の6年生120名を対象に、郷土の歴史を身近に感じてもらうことを目的として、発掘体験を実施いたしました。  

大分市議会 2018-06-19 平成30年第2回定例会(第4号 6月19日)

このような中、地域で青少年健全育成にかかわる社会教育関係団体等が一層連携し、それぞれの団体で活動している異年齢の若者同士がつながるとともに、地域のリーダーとなる新たな人材を発掘、育成することは大変重要であると考えております。

宇佐市議会 2018-06-14 2018年06月14日 平成30年第2回定例会(第4号) 本文

親の死亡や  │      ┃ ┃      │  家族の移住で手続きが複雑化、これ以  │      ┃ ┃      │  上増やしたくないと考えれば、現在住  │      ┃ ┃      │  まれている高齢者を対象に、住んでい  │      ┃ ┃      │  る家の実態調査や家族の考え方などの  │      ┃ ┃      │  調査も必要ではないか。        

大分市議会 2018-04-12 平成30年建設常任委員会( 4月12日)

○姫野都市計画部次長兼まちなみ企画課長   文化財調査は、試掘調査、確認調査、本調査の3段階ありまして、今回の分は最初のトレンチといいまして、溝を掘って、いわゆる試掘調査の段階で、まず第1段階の確認は終わったというところで、地中の90センチメートル程度ぐらいの地層が残っている部分があるのですが、今後は、その出ているところを避ける、文化財があるところを避けるような設計で行けば、大規模な文化財調査は必要

大分市議会 2018-03-15 平成30年第1回定例会(第5号 3月15日)

○都市計画部長(長野保幸) アンケート調査につきましては、昨年12月27日から本年2月14日までのイルミネーションの点灯期間中に、イルミネーションを実施している大分城址公園と、人通りの多い大分駅府内中央口広場において、来場者や通行人に対してアンケート用紙を提示し、調査員による聞き取りや、直接アンケート用紙に記入していただく方法で調査を行いました。  

宇佐市議会 2018-02-20 2018年02月20日 平成30年第1回定例会(第1号) 本文

文化財保護では、貴重な文化財の保存と活用を図るため、法鏡寺廃寺跡保存整備事業を継続するとともに、重要文化財善光寺本堂保存整備事業や市内遺跡発掘調査事業に取り組みます。また、文化財愛護の啓発と普及を図るため、宇佐の歴史や文化財について学ぶ宇佐学講座事業を開催いたします。