1397件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2021-03-24 令和 3年厚生常任委員会( 3月24日)

無償に伴って食材費実費徴収になった分です。 ○井上保育幼児教育課長   食材費等実費徴収の関係ですが、各施設で行っているという状況になっています。公立に関しましては未納分はないということであります。 ○斉藤委員   施設が徴収するということにはなったものの、施設にとっては新たな負担というか、納入が遅れている家庭に対しての働きかけとか、結構いろいろ煩雑だと思います。

中津市議会 2021-03-23 03月23日-08号

しかし、かなり以前から市民の皆さんにミニ集会市報など様々な方法で現状などを伝えてきましたが、ごみ減量資源は進んでいません。これまで市のできる施策はやってまいりました。今回、廃棄物減量等推進審議会から、「ごみ減量資源施策の一体的な取組みが必要」との答申をいただきました。ごみ袋の有料も一体的に取り組む施策のひとつです。

大分市議会 2021-03-19 令和 3年第1回定例会(第5号 3月19日)

本市における災害時の大きな地域組織のネットワークについては、防災士の資格を取得するだけでなく、防災士組織し、知識や技術を伝え、共有する必要があることから、防災士自主防災組織の枠を超えて、校区単位で連携し活動する防災士協議会組織を進めており、市でもその活動資金を出しています。市内には既に13の防災士協議会組織されています。  そこで、お伺いいたします。

大分市議会 2021-03-17 令和 3年第1回定例会(第3号 3月17日)

このような中、新型コロナウイルス感染症対策にかかわらず、本市独自の施策として、令和2年10月から、小中学生の通院に係る医療費について、市町村民税非課税世帯対象無償を行うとともに、新年度からは、県と連携した子育てほっとクーポン事業において、利用者から要望の多かった、おむつとミルクの購入を対象に追加することとしております。  

中津市議会 2020-12-24 12月24日-07号

次に、令和年度中津決算に基づく健全判断比率及び資金不足比率審査意見書について、意見書の中で、「その比率は、早期健全基準及び経営健全基準を下回っており、いずれも健全性を確保していると認めた」と記載されていますが、杵築市もこの早期健全基準や経営健全基準は下回っていましたが、経常収支比率が一気に100パーセントを超えています。

杵築市議会 2020-12-18 12月18日-05号

委員より、強靱工事を含めた1、2、3工区の決算見込みと財政について質疑があり、担当課長より、予算的には令和年度の繰越しを利用している1、2、3工区、ヘッドエンドを含めて決算見込みは19億1,600万円であるとの答弁がありました。 また、東地区八坂地区LAN工事は来年度実施するのかとの質疑には、国庫補助金起債等財源を考慮して、来年度以降、仕上げていきたいとの答弁がありました。 

宇佐市議会 2020-12-15 2020年12月15日 令和2年第6回定例会(第6号) 本文

議第八十二号の一点目、小規模事業者持続支援事業補助金についてですが、本事業は、小規模事業者が持続的な経営に向け販路開拓等に要した経費について、国が直接補助する小規模事業者持続補助金採択者に対し、その自己負担の一部を市がさらに補助するもので、県下の市町村に先駆けて平成三十年度から実施しています。  

豊後大野市議会 2020-12-11 12月11日-04号

経費削減とか、世の中の風潮としては民営できるところはということがあるかもしれませんけれども、やはりこういった運動施設とか公民館というのは、基本的には私は市が直営すべきものではないかなという思いがしているわけでございます。 こうした以上、もうどうしようもないわけなんですけれども、果たして、経費は下がるでしょう、サービスが本当に保たれるのかどうか。

大分市議会 2020-12-11 令和 2年総務常任委員会(12月11日)

次に、2点目、子ども入園課の設置及び子ども企画課の事務の見直しにつきましては、保育施設等入所選考幼児教育保育無償に伴う対応などによる保育幼児教育課業務量増加への対応に加えまして、本市全体の幼児教育保育の質の向上や、市立認定こども園地域における拠点施設としての役割を果たすことが求められておりますことから、保育幼児教育課から保育施設等入園手続等に関する業務を分離しまして、新たに子

大分市議会 2020-12-10 令和 2年厚生常任委員会(12月10日)

それでは改めて、(3)影響額の試算についてでございますが、@認可外保育施設を利用する1,691人のうち、3歳以上児や市民税非課税世帯無償対象児童を除いた保育料負担する対象児童を805人としております。  A認可保育施設を利用する0歳から2歳のうち、第2子以降3歳未満児の割合として、実績を基に47.68%と想定いたしております。  

大分市議会 2020-12-10 令和 2年子ども育成・行政改革推進特別委員会(12月10日)

現在、子どもすこやか部におきましては、保育施設等入所選考幼児教育保育無償への対応等業務量増加をし、それらに対応するための体制整備が必要であることと併せまして、幼児教育保育の質を高めるための指導・研修の充実や、令和年度から段階的に設置する予定の市立認定こども園地域における拠点施設としての効果的な役割を果たすことが求められております。  

臼杵市議会 2020-12-09 12月09日-03号

そこで、このGAP認証について、最後、市長にお伺いしたいと思いますが、このような需要の変化に対応しまして、農産物の品質と、それにプラス、その背景にある付加価値というもので差別していくという、こういう動きが今後も高まっていくんじゃないかと思いますが、その辺、臼杵市でもブランド等たくさんしておりますので、その点の差別に向けた農産物の考え、そういうものが、市長の中でお考えをぜひお聞かせいただきたいと