154件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宇佐市議会 2019-02-19 2019年02月19日 平成31年第1回定例会(第1号) 本文

地域の安全に関しては、高齢者や児童などの交通安全啓発活動を実施するとともに、運転免許証を返納した高齢者に対してバスやタクシーの回数券を交付いたします。また、安全安心パトロール車による通学路及び学校等周辺のパトロール、不審者監視や安全安心パトロール隊への支援を強化するとともに、自主防災組織の訓練や研修、防災資機材の拡充を支援いたします。  

大分市議会 2018-12-12 平成30年総務常任委員会(12月12日)

〔「なし」の声〕 ○田島委員長   次に、消防局総務課から、大分市消防の年末夜警及び大分市消防出初式の実施についての報告をお願いします。 ○阿部総務課長   大分市消防の年末夜警及び大分市消防出初め式の実施について、お手元のA3の資料に沿って御説明させていただきます。  まず、1の年末夜警でございます。  

大分市議会 2018-08-07 平成30年第1回臨時会(第1号 8月 7日)

まず、議第81号は、高崎山観光客が安全に移動していただけるよう、老朽化した昇降設備客車さるっこレールを更新しようとするものであります。  議第82号から議第85号までは、消防力の強化を図るため、消防ポンプ自動車、消防指揮車、高規格救急自動車及び小型動力ポンプ積載車の更新などをしようとするものであります。  

臼杵市議会 2018-06-19 平成30年  6月 定例会-06月19日−02号

河野 巧議員の通告事項   1 消防員について    平成17年、旧臼杵市と旧野津町が合併。新臼杵市となり今年で13年が経過しましたが当時から臼杵消防員500名、野津消防員300名の定員で活動を行っていました。平成29年に臼杵市消防として1制となり、現在も定員800名で活動をおこなっていますが合併時よりも人口は約6300名減少しています。今後は団員確保が困難になると予想されます。    

別府市議会 2018-03-16 平成30年第1回定例会(第4号 3月16日)

別府市消防救急隊について、まずやっていきたいと思います。  別府市の消防隊は、指揮訓練、装備の面、また消防との連携活動としても充実していて、県内ではトップクラスをいっていると私は思っております。その別府市消防本部もいろいろな部署に分かれておりまして、それぞれの任務を行っているわけでございます。それらが一体となって日夜、別府市民や観光客の生命・財産を守り、安心・安全を届けているわけでございます。

津久見市議会 2018-03-12 平成30年第 1回定例会(第2号 3月12日)

次に、消防員の確保のための具体的な取り組み内容をお聞きをいたします。  次に、消防員の約7割が会社に勤める方であることから、総務省、消防庁は、消防員を雇用する事業所の消防活動への理解と協力を得るため、消防協力事業所表示制度を構築し、市町村にその導入の徹底推進を図っておりますが、津久見市の対応をお聞きしたいと思います。  最後に、消防員の処遇改善についてお聞きします。  

宇佐市議会 2018-02-20 2018年02月20日 平成30年第1回定例会(第1号) 本文

地域の安全に関しては、高齢者や児童などの交通安全啓発活動を実施するとともに、運転免許証を返納した高齢者に対して、バスやタクシーの回数券を交付いたします。また、安全・安心パトロール車による通学路及び学校等周辺のパトロール、不審者監視や不法投棄監視を実施するとともに、防犯灯の設置やLED化、自主防災組織の訓練や研修、防災資機材の拡充を支援いたします。  

大分市議会 2017-09-12 平成29年第3回定例会(第4号 9月12日)

そこで、安全運転を励行するという前提はありますが、事故の発生を防ぎ、運転する職員並びに相手となる方の負傷、また損害賠償を軽減するためにも、自動ブレーキなどの安全装置が装備された車両への切りかえを推進してはいかがかと考えますが、御見解をお聞かせください。      〔39番議員、質問席へ移動〕 ○議長(野尻哲雄) 倉原財務部長。

別府市議会 2017-06-14 平成29年第2回定例会(第5号 6月14日)

それでは、これでこの項を終わらせていただきまして、次に消防関係にまいります。よろしいですか。別府市の消防活動と、過去の大火災について質問いたしたいと思います。  全国的に今、消防が減ってきております。それから、別府は何か500人の定員ということになっていますけれども、何か平成6年には474名が最高、あったそうです。現在の消防員数、それから職員数についてはどうなっていますか。

宇佐市議会 2017-06-02 2017年06月02日 平成29年第3回定例会(第1号) 本文

地域の安全に関しましては、安全安心パトロール車の巡回による防犯啓発や不審者監視、不法投棄監視、高齢者や児童などの交通安全啓発を図るとともに、運転免許証を返納した高齢者に対し、バスやタクシーの回数券を交付いたします。また、LED防犯灯の設置・切りかえや自主防災組織の訓練・研修、資機材の整備経費を支援いたします。  

宇佐市議会 2017-02-28 2017年02月28日 平成29年第1回定例会(第3号) 本文

│      ┃ ┃      │五、消防へのオートマ車導入について   │      ┃ ┃      │ (1)員の募集推進状況は。        │      ┃ ┃      │ (2)員がより活動しやすいよう、オート  │      ┃ ┃      │  マチック車両を導入推進しては。    

別府市議会 2016-12-15 平成28年第4回定例会(第4号12月15日)

消防行政についてお聞きいたします。  まず初めに、本年8月に大分県の消防学校で開催されました大分県消防操法大会について、別府市の消防活動の一環であります。この場をお借りして少し御紹介させていただきたいと思います。  この大会には、別府市の消防を代表して第5分の分団員が操法選手として、団員6名で出場されました。

大分市議会 2016-06-17 平成28年第2回定例会(第2号 6月17日)

この制度は、総務省消防庁が2014年11月、消防活動の実績を認証しようと、全国の自治体に創設を提案したもので、2015年9月時点で36自治体が制度をつくり、今後、66自治体が導入を予定をしております。  2013年には、消防の処遇改善や装備品、訓練の充実に向けた予算を確保する消防支援法が施行され、消防員の確保も充実したのではないでしょうか。  

中津市議会 2016-06-03 平成 28年 6月定例会(第2回)-06月03日−02号

78号、同じく財産の取得ですけれども、これは消防ポンプ自動車の購入ということですけれども、この消防ポンプ自動車はどういう機能を持っているのか、お尋ねしたいと思います。  それから、こういう新しい型の自動車を購入して実際に出動するとか、運用する場合の人材の確保の状況をお尋ねしたいと思います。  それから、今後のこういう消防関係の装備の整備計画は、どのように持っているのか、お尋ねいたします。

大分市議会 2016-03-17 平成28年第1回定例会(第6号 3月17日)

予測可能な災害の場合には、避難行動要支援者を支援しようとする家族や地域ボランティアの方々、各地域において災害発生時にボランティアとして活動してくださる方々、さらには消防員や自治会長さん、防災士さんたち御自身も含めて、災害が発生した時点において、全ての地域の住民の皆さんが可能な限り安全な場所に避難を終了しているという状態を実現させるために、市民協働推進課としてタイムラインの考え方を地域に啓発していただきたいと

中津市議会 2016-03-17 平成 28年 3月定例会(第1回)-03月17日−07号

その消防の問題ですけれども、今、消防消防車を、次々と新しい機能もアップして整備しているということは、地域の人たちにとっては、非常に頼もしいと言いますか、いいことだと思いますが、車を買い替えてくれたのはいいのですけれども、今度はその車の車庫が手狭になったりという問題が発生しています。  

大分市議会 2016-03-15 平成28年第1回定例会(第4号 3月15日)

2点目の、地域防災力の向上についてでございますが、現在、自主防災訓練においては、地元消防消防局も参加し、防火講話や避難訓練、消火訓練、救命講習等を行っております。また、消防消防局についても、合同での水防訓練や林野火災訓練等、実災害を想定した連携訓練を実施しているところでございます。