66件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-12 津久見市議会 平成30年第 1回定例会(第2号 3月12日) そこでお尋ねをしたいんですが、後の土地利用は、少し二の次にしてでも、とりあえず残土処分というようなところで、やっぱり事業着手していく、当然残土には公共の残土もあるでしょうし、やっぱり津久見市、当然鉱山がありますので、そういった残土処分というようなところもニーズとしてはあろうかというふうに思います。その辺について、何かお考え等があれば、お聞かせをいただきたいんですが。 もっと読む
2016-06-16 津久見市議会 平成28年第 2回定例会(第2号 6月16日) 津久見市の埋め立ては、新たな土地の確保や公共残土や石灰石採掘によるくず石の処理の場所として重要な役割を果たしてきました。その役割や関係企業及び団体からの要請は依然として変わることなく、平成16年の港湾計画改定においても、立花地区を土地利用計画上、廃棄物処理用地として位置づけています。   もっと読む
2016-06-03 中津市議会 平成 28年 6月定例会(第2回)-06月03日−02号 2点目の用地の借入れ根拠につきましては、土地の取得費用としまして2億7,500万円、受入れ残土の敷きならし費として2,200万円、測量等の委託費としまして1,500万円、合計3億1,200万円を借り入れています。  続いて、監査意見に対する指導ということでございますが、土地開発公社は、先ほど申し上げましたように、公拡法によりまして、地方公共団体に代わって土地の先行取得をすることができます。 もっと読む
2015-12-09 中津市議会 平成 27年12月定例会(第4回)-12月09日−02号 どうもその地盤の高さが低いような気がするのですが、国道212号からの乗り入れの方法、それから河川改修残土砂の搬入の状況、先ほど、当初予定していたところの土質が悪いという話がありましたけれども、土壌改良剤の必要性、それから駐車場の完成時期についてお伺いしたいと思います。   もっと読む
2015-12-08 宇佐市議会 2015年12月08日 平成27年第5回定例会(第2号) 本文 そして、当然、水をまきながら土を吸収して、とりあえず市の残土処理場において、それをまた廃棄物処理で処理しなければいけないんですけども、それが年間百万円ぐらいかかるということで、やはりかなり費用的には大きい金額がかかって負担になると思っています。  そういう中で、宇佐市では先ほど部長の答弁にもありましたように、どこ辺かやはり広い道じゃないと、かなり大きい機械ですので使用できません。 もっと読む
2015-09-15 中津市議会 平成 27年 9月定例会(第3回)-09月15日−03号 しかも、この土地は道路を挟んで対岸に現在残土と表土を確保している3万8,653平米の土地を有します。私はこうした広大な土地については、スポーツに限らず市民全体の要望が反映されるように運営されることを求めて、議第126号への反対討論とします。 ○議長(古江信一)  これで討論を終わります。  日程第4、採決に入ります。  念のため採決の方法を申し上げます。   もっと読む
2015-06-12 中津市議会 平成 27年 6月定例会(第2回)-06月12日−02号 ◎農林水産部長(高倉啓彰)  私の方から、優良農地を残土の堆積場所にするということと、災害の関係は何年ぐらいを想定しているのかと、二つの御質問だろうと思いますけれど。まず、現況農地については、当該用地は一応雑種地となっています。 もっと読む
2015-06-10 宇佐市議会 2015年06月10日 平成27年第3回定例会(第3号) 本文 │      ┃ ┃      │ (2) 建設残土の捨て場所について、現状は。また、 │      ┃ ┃      │   残土の利用方法に策はないか。         もっと読む
2015-03-11 津久見市議会 平成27年第 1回定例会(第3号 3月11日) そうなったときに、今、大分県中で公共残土が持って行き場がないと。それからまた、河口付近のしゅんせつ土は海水を含んでいるものですから、山に持っていけない、海しか捨てられないという中で、津久見にそれを持ってきてもらうと。 もっと読む
2014-12-10 杵築市議会 平成 26年12月定例会(第4回)-12月10日−04号 平成26年度においては、コンクリート溝によって流出をとめられたヒ素を含む鉱山坑道内の水が別の箇所に流れ出すことを防ぐ目的で収水井戸──直径が3.5メートル、深さ9メートルでありますが、それを2基設置し、その後工事から出たヒ素を含む残土の処理を行うこととしています。   もっと読む
2014-12-09 杵築市議会 平成 26年12月定例会(第4回)-12月09日−03号 あらゆる、今、課長の言うように建設残土が出ますから少々の距離はできると思います。高速使ってまで残土を運ぶぐらいの予算つけてるんですから。これは協議書に則って、逆に「最後まで完成させてください」と「埋め土としてください」ということを強く述べることはできないんでしょうか。耕地水産課長でもいいんですが。 ○議長(富来征一君) どちらにしますか。阿部耕地水産課長。 もっと読む
2014-06-17 津久見市議会 平成26年第 2回定例会(第2号 6月17日) それと、あと立花の埋め立てでございますけど、この部分についても今、公共残土の捨て場がない、そういう状況の中で津久見市としては重要な位置づけをしております。ここに公共残土等を運ぶのには、どうしても堅浦の2期工事の臨港道路、これがないことには今、狭い道路の中をトラックが走り回るということは非常に厳しい状況も把握しています。 もっと読む
2013-12-16 別府市議会 平成25年第4回定例会(第5号12月16日) 別府市で公共工事で発生する残土をそこに持っていってつくったら造成費用要らぬでしょう、こう言った。なぜ市民の税金をそんなに軽々しく考えるのですか。無駄を徹底して省くと言いながら、次から次に不採算の事業ばかりやっていくではないですか。あなたはこう言っているでしょう、みずからの選挙公約で。事業収支を整えて後年度の負担まで計算したような事業を今後は推進します、こう言っているではないですか。 もっと読む
2013-12-11 別府市議会 平成25年第4回定例会(第2号12月11日) 残土処理場として指定すれば、自動的に埋め上がるのです。そういうことは計算したことがあるのですか。無駄な経費を最初からあなたたちは使う。それでうまくいかなかったときには税金からまた入れていくのです。教育委員会もそう、綜合振興センターもそう、不老泉もそう。この駐車場までそう。「親方日の丸」という言葉がありますけれども、日の丸ももう本当、傷だらけ。もうちょっと民間的発想とか民間的感覚を持ちなさいよ。 もっと読む
2013-09-17 中津市議会 平成 25年 9月定例会(第3回)-09月17日−04号 先日、土木事務所の担当者と話をしましたが、順次計画で河床工事、掘削したいが、河床残土置き場がありませんと言われました。  そこで、お聞きします。中津市も土木事務所と横のつながりを保ち、いち早く河床掘削ができるように残土処理に前向きに取り組んでもらいたいので、その旨をお聞きいたします。 ○議長(武下英二)  農林水産部長。 もっと読む
2013-06-20 中津市議会 平成 25年 6月定例会(第2回)-06月20日−06号 先ほども職員がよく頑張っているというお褒めの言葉をいただきましたけれども、市に委託されたといいますか、残土処理を市に委託された場合につきましては、生活環境課の職員が必ず作業の時間帯に現地の確認をさせていただきまして、分別の状況とか、あるいは正しいごみの出し方等々について確認をさせていただいています。ありがとうございました。 ○副議長(中西伸之) 小倉議員。 もっと読む
2013-03-14 中津市議会 平成 25年 3月定例会(第1回)-03月14日−07号 次に、5月の連休を利用して、町内での水路や道路愛護で一斉掃除が行われていますが、水路清掃時の残土処理手続につきましてお尋ねいたします。 ○議長(武下英二)   市民生活部長。 ◎市民生活部長(筧了二)  それでは、町内の水路清掃等の残土処理ということで御質問にお答えをいたします。   もっと読む
2013-03-06 宇佐市議会 2013年03月06日 平成25年第1回定例会(第3号) 本文 その土地は、国道三百八十七号線の改良工事や日出生ダムのしゅんせつ工事の残土処理場として使用された土地であります。具体的な計画がなされていませんでしたので、現在も整備はされておりません。  ただ、先ほどの答弁にもありましたように、テニスコートの増設とかクラブハウス等の整備がなされれば、当然、駐車場等も不足してくるとは思います。 もっと読む
2012-06-19 津久見市議会 平成24年第 2回定例会(第3号 6月19日) (1)津久見川のしゅんせつについて、毎年6月定例会で質問をしていますが、津久見川下流は海水がまじっているので、残土処分場が確保できない理由で少しずつしかしゅんせつが進んでいません。昨年の答弁では津久見海内における河川しゅんせつの本格的な整備は、市が処分場として予定している県道大泊浜・徳浦線埋立地と津久見港埋立地の工事の進捗状況にあわせ、事業推進を図ってまいりたいとのことでした。 もっと読む
2012-06-11 杵築市議会 平成 24年 6月定例会(第2回)-06月11日−02号 まず初めに、さきの3月の定例会の最終日に教育長から大内高台についてしての考え、残土の処理や通学路、通学方法の問題が解決が難しいために現地案での建てかえを示されました。しかしながら、3月の第1回の定例会の会議録にも残されていないため、改めて杵築中学校の建設場所等について、今までのことを踏まえて質問をいたしますので明確な御答弁をいただきたいと思います。   もっと読む