16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大分市議会 2015-12-08 平成27年第4回定例会(第4号12月 8日)

東日本大震災の際、自衛隊員が2人、消防隊員27名、警察官30名が殉職されました。さらに、消防団員に至っては254名もの方々が殉職されています。それぞれの危機管理要員は、常日ごろから訓練しているとはいえ、その練度は、専門職地域で仕事を持ちながら活動する消防団員では各段の違いがあると言わざるを得ません。  

宇佐市議会 2011-12-15 2011年12月15日 平成23年第7回定例会(第5号) 本文

この内容は、同一部事務組合への負担であり、本年、東日本大震災が発生し、多くの消防殉職者が出ました。消防団員公務災害補償基金において、殉職消防団員に賞じゅつ金等を支給するために追加負担するものです。そのため、当該負担金を二千六百五十一万七千円増額するものであります。  賞じゅつ金については、国の三次補正が成立し、負担金についても特別交付税措置されます。  

別府市議会 2007-09-13 平成19年第3回定例会(第5号 9月13日)

そういうような実態の中で、この浜町、亀川、朝日の出張所ですね、これがどうしても4名体制に組めないというのが、これがやっぱり実情と思っておるのですけれども、現状で消防の場合は殉職された方、あるいは消防団員がやっぱり消火で亡くなったという、そういうような過去の実績というのですか、悪い中身があるのですけれども、これで本当に胸を張ってまではいかんでも、これで何とかできるということが本当に現状で消防署として1

大分市議会 2007-03-13 平成19年第1回定例会(第4号 3月13日)

それは、国鉄勤務の父を殉職で亡くし、母子家庭となった環境のもと、母が朝早くから駅の売店で額に汗して懸命に働く姿、また食事の団らんの折の一言等、子供のときの母の後ろ姿が私の人生の価値観形成に少なからず影響を与えてくれたと思っております。今思えば、いわば私にとりましての家庭教育力であり、母の教育力でありました。  

別府市議会 2005-03-14 平成17年第1回定例会(第5号 3月14日)

かといいましても、やはり消防という、火災が起こったときにやはり出動していただいて頑張っていただくわけでございますので、何としてでも火災を出さないため、あるいは出しても迅速な対応をするためにも、そして南立石の火災事故殉職された草牧消防士長さんのためにも、皆さんの知恵と力を出していただいて、正常な人事体制を構築していただき、あの南立石のマンション火災事故を二度と起こさないためにも、今後に対するお考えがありましたら

別府市議会 2003-12-11 平成15年第4回定例会(第5号12月11日)

先ほどもこの報告書について一年もかかったということでございますけれども、大変長い期間を要したことにつきましては、殉職されました職員の御遺族、また負傷されました職員並びに御家族並びに議員の皆さん、そして関係者の皆さんには大変申しわけないという気持ちでいっぱいでございます。  一年かかった理由でございますけれども、この職員事情聴取をするに当たりまして、(「ちょっと、あんまりだ。

別府市議会 2003-12-09 平成15年第4回定例会(第3号12月 9日)

この方は、東京駅頭で右翼青年に狙撃されて一年後に亡くなる、殉職するわけであります。この狙撃されたときに言った言葉が、有名な「男子の本懐である」ということです。余言として言いますが、浜口総理大臣の補佐をし、大蔵大臣として、当時国家予算の四割を占める海軍予算に果敢な大なたを振るったのが、大分県の日田出身の井上準之助大蔵大臣であります。この方も一年後にやはり右翼の凶刃に倒れております。  

別府市議会 2003-09-03 平成15年第3回定例会(第2号 9月 3日)

これは殉職した職員に対しても、非常にやっぱり私は残念がっていると思う。一日も早く原因究明をして、この議会でも報告をしていただきたい。そして、消防職員が安心して市民生命財産を守る出動体制ができるように整えていただきたい、このように思います。 ○議長(清成宣明君) ほかに質疑もないようでありますので、以上で質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  

別府市議会 2003-07-02 平成15年第2回定例会(第6号 7月 2日)

また、別の委員から、高速道路の開通により出動回数の増加等に伴う仕事量の増大や、先般の消防職員殉職事故等を考慮したときに、最近特に叫ばれている行政改革という問題は、避けて通れない問題ではあると思われるが、市民生命財産を守るという重要な使命を帯びている以上、行政改革ということにとらわれることなく、消防署の職員体制については、むしろ充実させるべきではないかとの要望がなされたところであります。  

別府市議会 2002-12-17 平成14年第4回定例会(第6号12月17日)

最後に、議第八十三号平成十四年度別府市一般会計補正予算(第四号)消防本部関係部分について、これは、南立石マンション火災による消防職員殉職に伴う一般管理に要する経費の追加額三千二百七十万円であり、この内訳は、別府市消防賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例に基づいて審査委員会を設置し、審査の結果、条例第三条の二の規定により、殉職者の遺族に対し三千万円を授与するよう決定されたものであり、二百七十万円については

別府市議会 2002-12-04 平成14年第4回定例会(第1号12月 4日)

去る十一月十八日、南立石の建物火災におきまして、消火活動に従事した草牧誉樹消防士長が殉職され、三名の職員が負傷いたしました。  我が身の危険を顧みることなく消火活動に従事し、その尊い命を落とされた草牧氏の御冥福をお祈りするとともに、負傷され、現在も入院加療中である二名の方の一日も早い回復をお祈りいたします。  

  • 1