運営者 Bitlet 姉妹サービス
76件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-18 竹田市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月18日−04号 新診療所の維持管理費については、現時点での備品の確定していない部分もありますが、概算になりますが、浄化槽やエアコン等の設備、これから導入する警備システムや現診療所から持ち込む電化製品などを勘案し、類似施設の実例から見ると約465万円と推測しております。大分県から借用している現施設の年間維持経費は、倉庫など県使用部分との面積案分による減額があるため約179万円です。 もっと読む
2018-03-06 豊後大野市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−03号 また、平成25年度に、農林水産業・地域の活力創造本部により策定された農林水産業・地域の活力創造プランでは、米の生産数量の目標設定が平成29年産までとなっており、平成30年産米からは、行政による生産数量目標の配分に頼らずとも、国が策定する需給見通し等を踏まえ、生産者や集荷業者、団体が中心となり、需要に応じた生産が円滑に行えるよう、行政・生産者団体・現場が一体となって取り組みを進めていくこととなりました もっと読む
2017-12-07 大分市議会 平成29年第4回定例会(第3号12月 7日) 平成22年度から導入された農業者戸別所得補償制度では、米の生産数量の目標を達成した農業者に対し、米の直接支払交付金を交付してきたところです。しかし、米の生産者だけに交付金を交付することは、他産業の従事者やほかの作物を生産する農業者に対して理解が得られないこと、農業者の高齢化で進みつつある農地の流動化のペースがおくれるなどの課題があることから、平成30年度から廃止されることになっております。   もっと読む
2017-09-06 豊後大野市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月06日−02号 こうした取り組みにより、本市の戦略品目4品目を初め、園芸品目24品目の出荷数量が伸びるなど、安全・安心、高品質生産等栽培技術の平準化に向けた指導と、市場・行政・JAが一体となって生産・流通に取り組んだ成果が着実にあらわれてきているところでございます。   もっと読む
2017-09-05 宇佐市議会 2017年09月05日 平成29年第5回定例会(第2号) 本文 │      ┃ ┃      │ (2)米の生産数量目標の配分終了後の対応  │      ┃ ┃      │  について、きめ細かく情報を提供し、  │      ┃ ┃      │  生産者が主体的に需要に応じた生産を  │      ┃ ┃      │  行えるよう支援すると言っていたが、  │      ┃ ┃      │  具体的支援の内容と時期については。   もっと読む
2016-12-07 宇佐市議会 2016年12月07日 平成28年第5回定例会(第3号) 本文 見直しを打ち出したが、宇佐市の影響をどう考えるか、また対応策はについてでございますが、財政制度等審議会から飼料米を例に毎年のように転作助成のあり方を検討するよう提言されており、本年十一月十七日の平成二十九年度予算の編成等に関する建議の中でも、収益性の低い飼料米より野菜など高収益作物への転換を支援する事業にシフトするよう求められているところでございますが、農林水産省におきましては、平成二十九年度予算概算要求 もっと読む
2016-12-07 竹田市議会 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月07日−03号 例えば1万円の寄附に対し、寄附した額に対する返礼品の価格が8,000円ということになり、更に毎月2回ほど、しかも、それが数量限定で産品が送られてくるということになれば、すごいお得感があります。まずは、おいしさを知ってもらって、後の購入につなげようという考えなのかもしれませんし、ふるさと納税がなければ、このまちのことを知るきっかけは、なかったというふうにも考えられます。 もっと読む
2015-12-07 杵築市議会 平成 27年 12月定例会(第4回)-12月07日−02号 これはあくまで概算事業費でございますが、こういうような事業を考えています。  以上でございます。 ○議長(河野正治君) 加来議員。 ◆11番(加来喬君) 資料を配付しています。中学校区単位の人口推移の傾向と25年後の人口推移ということで、平成18年度から27年度まで、各小学校区の人口の推移をもとに増減率をはじき出して。 もっと読む
2015-09-15 別府市議会 平成27年第3回定例会(第3号 9月15日) 墳墓の放置や使用者・管理者の確認の強化ということで無縁墓地の使用者調査を実施しているほか、さらに進む高齢化に伴う独居化や無縁墳墓化の予測分析、整理した区画の利用計画、関係課との調整等、総体的な課題の整理を行う中で、収容する数量それから建物の規模等、具体的な部分の検討に入りたいと考えております。  また、建設予定地といたしましては、現状で最も墓地取得の需要が多い、先ほど御質問の中にございました。 もっと読む
2015-09-15 別府市議会 平成27年第3回定例会(第3号 9月15日) 墳墓の放置や使用者・管理者の確認の強化ということで無縁墓地の使用者調査を実施しているほか、さらに進む高齢化に伴う独居化や無縁墳墓化の予測分析、整理した区画の利用計画、関係課との調整等、総体的な課題の整理を行う中で、収容する数量それから建物の規模等、具体的な部分の検討に入りたいと考えております。  また、建設予定地といたしましては、現状で最も墓地取得の需要が多い、先ほど御質問の中にございました。 もっと読む
2015-06-26 中津市議会 平成 27年 6月定例会(第2回)-06月26日−06号 それともう一つは、県の試算した、もしそのように通院医療費を拡大したときに、全体的にどうなるのかという県の試算があったので、それに基づいて計算したら、どちらとも約3億円という概算が出たということです。 ○議長(古江信一)  川内議員。 もっと読む
2015-06-25 中津市議会 平成 27年 6月定例会(第2回)-06月25日−05号 総人数の算出方法は、工種ごとの数量、明示してある数量でございますが、に、標準日当たり作業量を掛けて算出された実働日数を合計し、その合計に日当たり配置人数を掛けた数量が交通誘導員の延べ人数となります。以上でございます。 ○副議長(今井義人) 村本議員。 ◆22番(村本幸次)  大分県中津土木事務所では総人数を明記しています。当然施工計画を提出し、協議すると思われます。 もっと読む
2015-06-19 豊後大野市議会 平成27年  6月 定例会(第2回)-06月19日−02号 この件については、学校の立地や教室の状況によって必要な設備内容が異なることから、詳細は実施設計を待つ必要がありますが、県内で既に設置している市及び設備メーカーなどの情報をもとに試算したところ、設置費用については、1教室当たり概算で250万円程度が見込まれています。   もっと読む
2014-12-19 中津市議会 平成 26年12月定例会(第4回)-12月19日−08号 その結果、本年産米価のJAの概算金は、60キログラム、1俵で8,700円という状況です。そのもとでは、今、田んぼをつくっても食べていけない、こうした事態が生じております。  つきましては、お手元に配付してありますように、市場価格低迷の原因は過剰在庫であり、それに対して政府の責任で対応すること、また半減された米直接支払交付金については、もとに戻すことを求める意見書の提出を提案します。   もっと読む
2014-12-12 中津市議会 平成 26年12月定例会(第4回)-12月12日−05号 次に、建築使用木材がそろった段階で申請書どおりの市産材がそろっているのかどうか、まず、担当職員が製材所等へ出向きまして、樹種、それから、材種、数量が提出された市産材であることの証明書の明細によりまして申請者立ち会いのもと確認検査を行います。そして、確認検査が終了した後には、申請者に補助金交付決定通知を交付いたします。 もっと読む
2014-12-09 宇佐市議会 2014年12月09日 平成26年第4回定例会(第2号) 本文 したがって、それ以下、百五十キロ以下の約六俵以下の生産量、これは先ほど言いました数量払いですから数量の検査を受けるわけですけれども、その場合には、その減収になった理由書、並びに作業日誌等を提出をしていただいて、合理的な理由があれば、その最低の五万五千円は交付されるということになっております。  以上です。 ◯議長(徳田 哲君)大隈君。 もっと読む
2014-09-18 中津市議会 平成 26年 9月定例会(第3回)-09月18日−05号 農民の自主的な組織である全国農民運動連合会の9月15日付の新聞報道では、今年の概算金が1万円を大きく割り込み、40年前の価格に逆戻りするという状況が報じられています。執行部は、本年度産米の概算金、価格の動向をどのように把握されていますか、お尋ねします。  また、米の原価については、どのように把握されていますか、お尋ねします。   もっと読む
2014-09-17 中津市議会 平成 26年 9月定例会(第3回)-09月17日−04号 総量的には1,380トン、これは多いか少ないかといったら相当な数量なのだろうというふうに思っております。これは今、部長の御答弁では、業者が回収することによってそれを再生するということで委託料等を払っていないというような答弁でございました。業者が持って帰ってそれをどういう形で再生をするものなのでしょうか。 ○副議長(古江信一) 生活保健部長。 もっと読む
2014-09-12 別府市議会 平成26年第3回定例会(第3号 9月12日) ○建設部長(岩田 弘君) 今、議員さんが提案といいますか、ありましたOBさんについて、現在道路河川課のほうに配置していただきまして、区域ごとに現況調査を、市内の区域ごとに分割的に分かれて現況調査を実施し、概算予算等について把握に努めているのが現状です。 ○15番(平野文活君) そういう調査の結果、例えば5カ年計画とか10カ年計画とか、そういうことができますか。 もっと読む
2014-06-19 中津市議会 平成 26年 6月定例会(第2回)-06月19日−02号 それから、総事業費についての御質問でございますが、総事業費につきましては、廃校となりました小学校を公文書館に改修したという類似事例が茨城県常陸大宮市でありましたため、この事例をもとに、旧柿坂小学校の面積の割合で計算をした、あくまで概算でございますが、実施設計委託料含めて約9,000万円になるというふうに考えております。 もっと読む