335件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

国東市議会 2021-09-18 09月18日-04号

そうすると、収支比率を下げるためには分子を、分子、今、いろいろとやっていましたけど、分子の一番になる部分をいかに減少していくかという、減少といいますか、上昇させないようにしないと、さらに分母は小さくなる一方ですので、100%にも届きかねないような状況になっていくんですが、分子の、コアになる部分についての今後の対応はどのように考えていますか。 ○議長野田忠治君) 財政課長

中津市議会 2020-03-10 03月10日-05号

講座の内容といたしましては、成年後見人には特に必要な資格はありませんが、後見業務などを行う上で必要な知識として成年後見制度の概論、医療、介護、福祉に関する基礎知識、年金消費生活問題や財産目録収支報告書の作成などといった幅広い知識の習得を目的としたものとしています。以上です。 ○議長山影智一)  吉村議員

別府市議会 2019-12-17 令和元年第4回定例会(第5号12月17日)

市では最低3日分、できれば1週間分を目標に食料、水、燃料等を準備いただくよう別府市の防災マップにも記載し、周知しているところです。しかし、防災訓練等参加者にお聞きしますと、3日分の備蓄をしている家庭は少ない状況と感じております。長期停電と、あわせて断水が発生した今回の台風15号の被害などを教訓とし、今後、家庭内備蓄の推進に向けた取り組みを検討したいと考えております。

津久見市議会 2019-09-18 令和元年第 3回定例会(第3号 9月18日)

しかし、交通インフラ整備による消費の流出、店舗の撤退などにより、中央町の商店街は徐々ににぎわいが失われ、さらに人口減少に拍車がかかり、空き地・空き店舗増加し、加えて平成29年の台風第18号災害で甚大な被害を受けたことは御承知のとおりです。そして、商店街スポンジ化が進展し、ほとんどの店舗後継者育成に悩み、廃業を考えている店主も多いと推察しています。  

竹田市議会 2019-09-10 09月10日-02号

一つ目は、燃料安定供給と価格の適正化ということでございます。これにつきましては、木質チップやペレットの燃料製造事業者の市内への誘致、もしくは地元燃料製造事業者育成が必要かなというふうに考えております。それと竹田市が所有しております市有林が1,426ヘクタールございますので、市有林活用もポイントになるのかなというふうに考えております。二つ目は、施設導入のための費用の軽減でございます。

別府市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4号 6月18日)

一番のマルショクがなくなった。コンビニが2店あります。高齢者の方は、大変買い物に困っている、買い物難民。  私は、この議会でもお話をしましたけれども、前の商工課機構改革の前は、商工課でした。商工課に何とか亀川の買い物難民の話に乗ってくれませんかという話をしました。「はい、やります、やります」。ほとんどしてくれなかった。1年前に、私は小倉のサンリブに直接談判しました。

中津市議会 2019-06-17 06月17日-02号

一つ例に挙げると、選挙カー燃料費の問題とかで、燃料選挙公営で賄えるということが一つあるのですけれども、そういうのでも実際は1週間だけの分なので、額も知れているということではどうかなと思うのですけれど、そういうのを活用しようと思えば、そことそれぞれ契約して使用実績を出してとか、非常に煩雑だったのかなと思っています。 

臼杵市議会 2019-03-05 03月05日-02号

次に、民生関係の主な歳入は、個人市民法人市民増加であり、歳出は各事業支出額確定による減額であります。 福祉保健関係の主な歳入は、私立保育所措置費増額に伴う負担金増加障害者自立支援給付費等実績確定に伴う交付金追加であります。 歳出の主なものといたしましては、任意予防接種委託料児童発達支援給付費追加、さらに各事業費実績見込みに基づく減額であります。 

大分市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第4号12月10日)

高齢社会へ突き進んでいる現代社会にあって、家族化の解消は進展が見られず、独居高齢者の数は増加し続けています。こうした中、引き取り手のない御遺骨が10年で倍増との報道もされており、横須賀市の場合、その多くが、住民登録があり、預金もあり、死をみとられている一般市民とのことでありました。