運営者 Bitlet 姉妹サービス
100件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-06-13 宇佐市議会 2017年06月13日 平成29年第3回定例会(第2号) 本文 今後は、部活動指導員はいわゆる指導者として位置づけられますので、教職員は外部指導者だけの場合は顧問が入り、土・日も一緒に活動しなくてはなりませんが、部活動指導員でありますと、引率等も指導員だけでできますので、これは教職員、特に部活動に関しての長時間勤務の対策については、その対策の直結するものであろうと思いますので。 もっと読む
2017-03-21 宇佐市議会 2017年03月21日 平成29年第1回定例会(第7号) 本文 歳出で、不明水対策事業に係る管渠改修工事費の減額、歳入で、下水道使用料等の財源調整のほか、繰越明許費の設定を行うものとの説明がありました。  審査の結果、本案は必要な補正と認め、異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。   もっと読む
2017-03-17 別府市議会 平成29年第1回定例会(第5号 3月17日) これをやはり排除していくのが、「排除していく」という言い方は悪いですね、なくして、心配ありませんよというふうにやはりならないと、この温泉熱発電、温泉熱の利用というのは進まないだろうなというふうに思います。  掘削の許可に関しては、やはり大分県の権限です。 もっと読む
2016-12-06 宇佐市議会 2016年12月06日 平成28年第5回定例会(第2号) 本文 五項目め、入札をめぐる諸問題についての一点目、ごみ処理建設をめぐり暴力団の介在情報が流れたがについてですが、宇佐・高田・国東広域事務組合によりますと、ごみ処理施設の入札について不正を指摘する複数の情報や暴力団の関与があったとする情報が寄せられたため、十月三日、入札手続を一時停止した上で、外部有識者による公正入札調査委員会を設置し調査した結果、暴力団の関与を裏づける物証や具体的証言は得られず、不正の存在 もっと読む
2016-11-29 宇佐市議会 2016年11月29日 平成28年第5回定例会(第1号) 本文 この動きをめぐって、代表企業への事情聴取や入札の執行停止、再公告を求める要望書が宇佐市内の建設業者より提出されるとともに、入札自体を疑問視する内容のビラの配布や背景に暴力団の関与があったとする内容の情報が寄せられました。   もっと読む
2016-03-25 大分市議会 平成28年第1回定例会(第8号 3月25日) 次に、議第23号、大分市暴力団排除条例等の一部改正についてのうち、当委員会所管分であります。  これは、学校教育法の一部改正に伴い、所要の改正をしようとするものであり、異議なく原案を承認することに決定いたしました。  次に、議第24号、大分市消費生活条例の一部改正についてであります。   もっと読む
2016-03-23 大分市議会 平成28年総務常任委員会( 3月23日) 〔承認〕    議第23号 大分市暴力団排除条例等の一部改正について(市民部関係) 〔承認〕    議第24号 大分市消費生活条例の一部改正について          〔承認〕    議第25号 大分市情報公開条例等の一部改正について(商工農政部関係を除く。)                                      もっと読む
2016-03-23 大分市議会 平成28年建設常任委員会( 3月23日) 号 平成27年度大分市一般会計補正予算(第3号)      〔承認〕           第1条 歳入歳出予算の補正            歳出 第8款 土木費               第6項 住宅費               第9款 消防費           第3条 債務負担行為の補正 第3表中           ・小屋鶴住宅建設事業    【一般議案】     議第23号 大分市暴力団排除条例等 もっと読む
2016-03-22 大分市議会 平成28年文教常任委員会( 3月22日) (一部反対)〕         第1条 歳入歳出予算の補正             歳出 第10款 教育費         第2条 繰越明許費の補正 第2表中         1追加 第10款 教育費   【一般議案】    議第22号 大分市立学校職員の給与に関する条例等の一部改正について                               〔承認(一部反対)〕    議第23号 大分市暴力団排除条例等 もっと読む
2016-03-18 大分市議会 平成28年第1回定例会(第7号 3月18日) 地域の活性化の拠点、過疎化対策の拠点、防災の拠点、また企業誘致等々、さまざまな利用方法があると思いますが、お伺いします。  大分市としてこのすばらしい施設と広大な土地を、どのような利活用を考えてるいのかお伺いいたします。 ○議長(永松弘基) 秦企画部長。 もっと読む
2016-03-07 宇佐市議会 2016年03月07日 平成28年第1回定例会(第5号) 本文 最後に、四項目め、なぜ特定の地区を対象にした学習会などを行うのかについてですが、集会所については、昭和四十年の同和対策審議会答申で、同和地区における教育水準の向上を図るための施設として位置づけております。続く昭和四十四年の同和対策長期計画では集会所の整備を文部省計画の一環として、同年に成立した同和対策事業特別措置法では社会教育施設の整備を規定しました。 もっと読む
2015-03-17 大分市議会 平成27年建設常任委員会( 3月17日) 本日は、午後1時より総合交通対策特別委員会が、また、1時30分より地域活性化対策特別委員会が開催予定ですので、関係する委員につきましては、御出席をお願いします。  それでは、審査日程に従いまして、都市計画部の案件について審査を行います。  なお、本日は新委員選任後の委員会ですので、審査に先立ちまして一言御挨拶を申し上げます。   もっと読む
2014-12-09 大分市議会 平成26年厚生常任委員会(12月 9日) 祥一   欠席委員    な し 4.説明員   (福祉保健部)    今村福祉保健部長、大木福祉保健部参事兼福祉事務所長、野中福祉保健部次長、    伊達福祉保健部次長、嶋津保健所長、薬師寺保健所次長、    石井福祉保健部次長兼指導監査課長、戸高福祉事務所次長兼子育て支援課長、    奈良福祉事務所次長兼子ども保育課長、淵福祉事務所次長兼障害福祉課長、    児玉福祉保健課長、上田人権・同和対策課長 もっと読む
2014-09-12 宇佐市議会 2014年09月12日 平成26年第3回定例会(第5号) 本文 があるため、暴力団関係者の排除項目を追加するものです。   もっと読む
2014-09-10 大分市議会 平成26年厚生常任委員会( 9月10日) 3の独自基準といたしましては、大分市児童福祉施設の設備及び運営に関する基準を定める条例の整合性と大分市暴力団排除条例の趣旨を踏まえ、暴力団員等の排除規定を設けております。  また、内閣府令では、利用者の秘密保持義務の対象範囲が、利用している者とされていますことから、対象範囲を以前利用した者まで拡大する独自基準を設けることとしております。   もっと読む
2014-06-18 大分市議会 平成26年厚生常任委員会( 6月18日)  祥一   欠席委員    なし 4.説明員   (福祉保健部)    今村福祉保健部長、大木福祉保健部参事兼福祉事務所長、野中福祉保健部次長、    伊達福祉保健部次長、嶋津保健所長、薬師寺保健所次長、    石井福祉保健部次長兼指導監査課長、戸高福祉事務所次長兼子育て支援課長、    奈良福祉事務所次長兼子ども保育課長、淵福祉事務所次長兼障害福祉課長、    児玉福祉保健課長、上田人権・同和対策課長 もっと読む
2014-03-24 大分市議会 平成26年建設常任委員会( 3月24日) ○今山委員   にぎわい創出の視点でいくと、バイクに乗る人を今の形態は排除しているということになるかと思うんですけれども、にぎわい創出の流れの中で、自動二輪の駐輪場をどうするかとか、議題にはならなかったのですか。 ○上原都市交通対策課参事   バイクの駐車問題につきましては、把握をしておりません。 ○二宮委員長   ほかにございませんか。     もっと読む
2013-12-11 宇佐市議会 2013年12月11日 平成25年第6回定例会(第4号) 本文 また、平成二十三年度の経済対策事業で、構造上設置が困難である小学校一校を除き、小中学校三十校の図書室、パソコン室にエアコンの設置をしております。  普通教室につきましては、児童の増加に伴う教室不足を解消するために建築されたプレハブ増築教室に限って、エアコンを設置している状況であります。   もっと読む
2013-09-13 別府市議会 平成25年第3回定例会(第5号 9月13日) まずは、今回、いじめ防止対策推進法案成立についてでありますけれども、今回、平成23年、ことしの6月25日、参議院本会議で可決成立しました。いじめ対策が法制化されるのは初めてで、今秋にも施行される見通しとなっています。 もっと読む
2013-09-10 大分市議会 平成25年第3回定例会(第3号 9月10日) ○21番(福間健治) 利用していた施策から、排除されることのないように、取り扱いを、ぜひしていただきたいというふうに要望しておきます。  それでは、第3点目の教育への影響について質問したいと思います。  憲法26条では「義務教育は、これを無償とする」と定めていますが、授業料と教科書だけが無償で、完全無償制は実現されていません。 もっと読む