149件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2号 3月11日)

1点は、賃貸住宅の不良施工による違法建築の是正についてであります。  大手サブリースのレオパレス21が開発、販売したアパートで、延焼や音漏れを防ぐ界壁が屋根裏に設置されていないなど、建築基準法違反の疑いが多数発覚し、大きな問題となっております。  関係者は、同社のアパートには界壁がそもそもないものがあると指摘、遮音性、防火性の両面から違法建築であることは明らかだと告発をしております。

別府市議会 2018-09-21 平成30年第3回定例会(第4号 9月21日)

県のアンケート調査を見ますと、退職の理由の多くが結婚、出産・育児でございますので、妊娠中であったり、子どもが生まれたばかりであったりとした理由もあるかもしれませんが、退職の別の理由として給与面であったり、長時間労働、病気、体調不良、職場内の人間関係の数値も高く、こういったことが復職を考える上での妨げになっている原因だと考えております。

宇佐市議会 2018-09-12 2018年09月12日 平成30年第3回定例会(第3号) 本文

市の用地取得の進捗率は七一%で、工事につきましては、昨年度より航空隊踏切周辺の水路工事に着手したところであり、平成三十一年度には自動車整備工場の交差点から踏切までの施工と残りの用地買収を行う予定であります。また、航空隊踏切の工事につきましては、JR施工となるため、今年度よりJR九州と協議を行うこととしております。  

大分市議会 2018-06-25 平成30年第2回定例会(第5号 6月25日)

また、第2条繰越明許費の補正、第2表中、第6款農林水産業費につきましては、台風等の影響により工事期間の延長が必要になったことによるもの等であり、第11款災害復旧費のうち農林水産施設災害復旧費につきましては、被災した農地等が河川等の沿線に多く、河川等の復旧工事が完了するまで事業に着手できないことや慢性的な施工業者不足によるものであります。  

大分市議会 2018-03-22 平成30年文教常任委員会( 3月22日)

庭園の整備につきましては、今年度は、実施設計及び一部造成工事を施工しておりますが、次年度からは、本格的な復元整備工事に着手いたします。  お手元の資料は、これまで庭園整備検討委員会等で検討してきました内容をもとに作成した大友氏館庭園の復元デジタルイメージ図でございます。  1枚目をごらんください。復元した庭園全体を真上からみたイメージ図でございます。

津久見市議会 2018-03-13 平成30年第 1回定例会(第3号 3月13日)

一方、急傾斜地崩壊防止工事の施工は多額の費用と高度の技術力を必要とするため、土地の所有者、または被害を受けるおそれのある者がその工事を施工することが困難と認められる場合には、県や市が施工するものとし、その場合の事業の採択要件を定めています。  

宇佐市議会 2018-02-28 2018年02月28日 平成30年第1回定例会(第2号) 本文

また、麦、大豆は水田の排水不良や適期作業のおくれによる単収、品質の低下が課題となっています。  このような状況下において、持続的に水田農業の経営を行うには、さらなる水田農業の低コスト化及び適期管理や圃場の排水改善による生産性向上を図ることが重要となっています。  一方、米、麦、大豆に依存している生産構造を見直し、園芸品目等の高収益作物への転換を国、県ともに推進しています。

大分市議会 2017-12-11 平成29年建設常任委員会(12月11日)

それから、最終的には、場所が場所ゆえに、あれは市が持っていても、今後、不良債権化する可能性は低いだろうと思っております。ですから、最終的にはそういうことを加味した中で、今回の予算に関しては賛成をしたいと思っておりますが、一つ要望があります。  

大分市議会 2017-06-22 平成29年文教常任委員会( 6月22日)

参加企業につきましては、施工業者11社のほか、金融機関、ガス供給会社等6社、合計17社の参加がございました。また、今後においては、先ほど御説明申し上げました入札説明書を6月28日に公表する予定となっております。その後、事業者に対し入札説明書等の質疑応答の機会を2度設ける中で、8月上旬には全中学校を対象とした見学会を事業者に対し開催する予定でございます。  

大分市議会 2017-03-24 平成29年建設常任委員会( 3月24日)

円グラフにありますように、大分、鶴崎、稙田地区では、比較的軽度な不良状態が多い傾向にあり、大南、坂ノ市、佐賀関、野津原地区では、比較的重度な不良状態が多い傾向にあります。  また、右のページは、地区ごとの空家等の建築年数を調査したものでございます。地図上には、市内に分布する空家等を建築年数別に色分けするとともに、地区ごとの建築年の状況を円グラフであらわしております。

大分市議会 2016-12-09 平成28年建設常任委員会(12月 9日)

原契約は、平成27年7月17日に締結し、現在施工中でありますが、推進工法の立て抗の掘削中に約1メーター以上の想定を超える巨れきが多数確認され、推進工法の変更をしなければ施工が困難であるということが判明いたしましたので、設計の見直しを行いましたところ、契約の金額の増額と工期の延伸が必要となりましたことから、契約の相手方であります九州旅客鉄道株式会社とも協議する中、契約の内容変更が整いましたので、契約の

大分市議会 2016-06-02 平成28年建設常任委員会( 6月 2日)

今回の助成制度の概要でございますが、今回の助成制度は、鉛給水管を使用しているお客様が水道局の施工する解消工事よりも早期の解消を希望されて、自費による工事を実施される場合に、その負担軽減を図るために一定額の助成をする制度となっております。  

大分市議会 2016-03-24 平成28年建設常任委員会( 3月24日)

しかし、構造上の材質の弱さや施工不良からの漏水の発生原因となりやすいことや、厚生労働省通知で水道水中の鉛濃度の水質基準が強化されたことから、本市では平成2年から新設及び改築に伴う給水管の布設材料としては使用されていません。  

宇佐市議会 2015-12-10 2015年12月10日 平成27年第5回定例会(第4号) 本文

三項目め、骨髄移植についての一点目、宇佐市は現状をどの程度把握しているのかについてでありますが、骨髄移植は、白血病や再生不良性貧血等の血液難病の患者に、提供者の正常な骨髄細胞を静脈内に注入、移植する治療法で、提供者のドナー登録、提供あっせん事業を公益財団法人日本骨髄バンクが主体となって、日本赤十字社と県の協力で行われているものであります。  

竹田市議会 2015-12-08 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月08日−03号

そこで質問でございますが、この道路整備基準は、基準の中で道路改良路線採択判定会議を毎年開催し、整備採択、整備水準、優先順位等を決定するということになっておりますが、この判定会議の構成メンバーはどのようにいたしているのか、また、判定会議の結果は要望者に対して、つまり整備要望をした、そういった要望者に対しまして、採決の可否、施工時期、施工期間等について回答を行い、市の整備計画を明確にするというふうに謳われております

別府市議会 2015-09-17 平成27年第3回定例会(第5号 9月17日)

6月議会でも議論をしましたが、何かこう、ちょっと消化不良というか、そういう気がいたしますので、再度質問をさせていただきます。  6月5日に福岡の高等裁判所で判決が出ました。この判決によりますと、別府市が勝訴、別府市が勝ったということであります。私は、その時点でもう市長はかわったことだし、この件はもう終わっているなというふうに思っておりました。

別府市議会 2015-09-15 平成27年第3回定例会(第3号 9月15日)

意見書の内容でございますが、昨年の発電による新規掘削の泉源の問題について、県が求めた対策工事、気水分離器、サイレンサー、貯蔵タンクの設置は、施工中で完成がされておらず、完全な管理ができていない状態であり、また法令遵守と地元への事前説明などの発電等に対する重要開示にも問題があり、本市として審議について厳格かつ慎重な対応を求めたものであります。

大分市議会 2015-07-14 平成27年建設常任委員会( 7月14日)

高崎山排水路整備工事でございますが、平成16年10月の台風23号で、国道10号が冠水したのを受けまして、国、県、市が協議し、それぞれが対策工事を施工することになりました。国の排水渠は、平成17年度に整備が終了し、県の砂防事業も昨年度で終了しました。本市におきましても、九州旅客鉄道株式会社と協議が整ったことから、このたび排水路整備を実施することとなりました。