907件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宇佐市議会 2019-03-19 2019年03月19日 平成31年第1回定例会(第6号) 本文

次に、議第二十六号 物品供給契約の締結についての件でございますが、これは、庁舎備品、事務用デスク、ワゴンを購入するための指名競争入札を実施したので、当該物品供給契約を締結することについて、宇佐市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第三条の規定により議会の議決を求めるものであるとの説明がありました。  

大分市議会 2019-03-18 平成31年経済環境常任委員会( 3月18日)

それでは、体制となられました委員の皆様方に対しまして、本委員会に出席しております説明員の自己紹介をさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。    〔説明員自己紹介〕 ○森本農林水産部長   農林水産部職員一丸となって職務に当たってまいる所存でございますので、佐藤委員長、仲家副委員長を初め委員の皆様方の御指導、御鞭撻を賜りますようお願いいたします。

大分市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4号 3月13日)

このような中、市内の中小企業とクリエイターを結びつけ、よりデザイン性の高い商品づくりの支援などに取り組むクリエイティブ産業育成事業や、野津原地域での道の駅の登録申請をしております交流拠点の整備事業などにおいて、地方創生推進交付金を活用しながら、地方創生の推進に向けて取り組んでいるところでございます。  

大分市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第3号 3月12日)

私は、部長が言及されました規制委員会、そして、その判断のもとになっている基準、このことについて、少しお話を伺いたいと考えております。  規制委員会の決定がなされた原発は安全であるという認識、この認識には3つの問題点があると、私は考えます。  

津久見市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会(第2号 3月11日)

例えば、携帯電話を契約する、ひとり暮らしの部屋を借りる、クレジットカードをつくる、商品を購入したときにローンを組むなど、未成年の場合には親の同意が必要ですが、成年に達すると、親の同意がなくても、こうした契約が自分一人でできるようになります。また、親権に服さなくなるため、自分の住む場所、進学や就職などの進路なども自分の意思で決定できるようになります。

大分市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第1号 3月 5日)

この際、副議長に就任の御挨拶をお願いいたします。 ○副議長(宮邉和弘)(登壇) 皆様、おはようございます。ただいま皆様の御推挙により副議長に御選任をいただきました宮邉和弘でございます。大変光栄に存じますとともに、その職責の重さに身の引き締まる思いでございます。この後は、議長をしっかり補佐をし、議会の円滑な運営、また大分市政の発展に向け、粉骨砕身努力してまいる所存でございます。  

津久見市議会 2019-03-04 平成31年第 1回定例会(第1号 3月 4日)

1月13日には、津久見市民会館で成人式を行い、177名の成人が新たな門出を迎えました。  1月18日には、大分県漁港漁場協会第2回理事会が大分市で開催され、出席いたしました。  1月19日には、静岡県賀茂郡河津町から河津町観光協会会長、副会長、商工会会長の3名が津久見市を訪問され、四浦地区住民をはじめとした津久見市桜観光の関係者との意見交換会を津久見市民会館で開催いたしました。  

別府市議会 2018-12-13 平成30年第4回定例会(第6号12月13日)

1回来て、もう二度と来ないというふうなことではなくて、2回、3回といろんなアドバイスをしながらやりとりをしているというふうなことなので、それなりのいわゆる結果も出して、別府もいろんな形でその報道もされておりますが、特に今まで売れなかった商品を売れるような展開をしたという、こういった報道の記事もいろいろ読ませていただきましたが、ひとつ、これは何でこうやってリピート率が高いかというと、1つはさっき言った

津久見市議会 2018-12-12 平成30年第 4回定例会(第3号12月12日)

現在、市周辺部の買い物等につきましては、トラック等の車両に野菜類、果物類、魚介類、肉類などの商品を積載し、移動しながら販売している移動販売車やコンビニの宅配が利用できます。地域の方の話によりますと、少なくとも8事業者の移動販売車が市周辺部を営業していると伺っております。

別府市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第4号12月11日)

平成29年度の商品開発販売促進事業につきましては、ビームス監修のもと15事業者から32商品を開発し、商品販売額は総額で700万3,041円となっておりますが、東京新宿のビームスジャパンで実施いたしました1カ月間に及ぶ別府市のPRイベントでは、地元大分のテレビ局や新聞社を初めといたします40社以上のメディアに取り上げられるなど、広告費換算額は3,600万円を超えている状況でございます。  

津久見市議会 2018-12-11 平成30年第 4回定例会(第2号12月11日)

栽培支援、商品づくりに力を入れる一方、流通や販売にも目を向け、生産者の所得向上にもつなげていかなければ農業従事者の増加は見込めないと思っております。  「きちょくれ市場」や「うみえーる」等の直売所がありますが、野菜はほとんどが市外からの生産物ですし、柑橘類は充実しているものの、出荷はまだ個別対応です。  

別府市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第3号12月10日)

外の力を借りなくても、そういう方々が新たな商品を開発していこう、もしくは店舗を少し改装して新しい販売ができるような、そんな体制をつくっていただけるようになった。こういうようなこともありますので、しっかりしたこういう新たなお土産物も、さらに充実をさせ販売を伸ばしていきたいというふうに思っているところでございます。  また、来年はラグビーワールドカップがあります。

大分市議会 2018-09-28 平成30年第3回定例会(第6号 9月28日)

土地は、前年度より0.5%の減、個人住宅の増設により、家屋は4億3,850万7,000円で3.1%の増、償却資産は、設備投資などにより、6億3,400万9,000で6.2%増、市税に占める市民税と固定資産税両税の比率は、前年度の84.1%から84.4%と0.3%増加し、連動して都市計画税も6,284万3,000円と1.4%の増となっています。  

別府市議会 2018-09-25 平成30年第3回定例会(第5号 9月25日)

別府駅構想というか、駅がそこにというのは、都市計画上はまだ多分残っているのだろうというふうに思います。今言われるように、人口がその石垣地区は非常にふえていると。微増というか、若干まだふえているというような状況の中で、それと同時に、やっぱり今、議員も指摘されたように、港をどういう使い方をするか。