772件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2019-07-05 令和元年第2回定例会(第5号 7月 5日)

これまでの行政は、さまざまな支援に関して、内容を告示し、必要とする方から申請を待つというスタイルでした。いわゆる申請主義とも言われているものです。ですが、これからは、困りを抱えた人を行政が見つけて、その支援をその人のもとに届けていかなくてはならないはずです。それこそが、真に公正、公平な行政サービスだと思うからです。  

大分市議会 2019-07-03 令和元年第2回定例会(第3号 7月 3日)

また、指定緊急避難場所の見直しも行い、浸水想定区域内の小中学校の校舎等の2階以上を緊急避難場所として新たに指定することといたしております。  今後とも、自助、共助、公助の取り組みを進めるとともに、自主防災組織消防団との連携強化、福祉避難所の体制の充実を図るなど、市民地域、事業者、行政が一体となって、災害に強いまちづくりに取り組んでまいります。  

宇佐市議会 2019-06-14 2019年06月14日 令和元年第3回定例会(第3号) 本文

│      ┃ ┃      │ (7)自転車通学する中学生のヘルメット着  │      ┃ ┃      │  用について、市内七のうち、義務化  │      ┃ ┃      │  しているのは安心院、院内、宇佐の三  │      ┃ ┃      │  、奨励しているのは北部、西部、長  │      ┃ ┃      │  洲、駅川の四と聞く。

宇佐市議会 2019-06-13 2019年06月13日 令和元年第3回定例会(第2号) 本文

今年度は県の配置として小学校での教科担任制というのを全県下で三つの地域指定して加配の教員を配置しているところでありますが、その三地域のうちの一つに指定を受けまして、三名の教員の加配を配置しております。これは、事業改善はもとより、教職員の働き方改革の研究推進のために県が配置をしているものであります。  

別府市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第6号 3月19日)

今回開催しましたGⅠのような特別競輪を開催するためには、中央団体申請書を提出する必要がございます。議員質問の今回の開催につきましては、第34回読売新聞社杯全日本選抜の売り上げ目標額については、約2年前の平成29年2月に申請書を中央団体に提出いたしましたが、このときに過去の実績状況から目標額を95億円と想定し設定したものでございます。  

大分市議会 2019-03-15 平成31年厚生常任委員会( 3月15日)

○指原保育幼児教育課長   現在、施設から申請があった分については全て補助ができている状況であります。  平成29年度実績として16人、平成30年度については予算的には20人分を確保しているところであります。今回、平成31年度につきましても、予算としては20人分を確保して、先ほど御説明をいたしましたとおり補助単価を7,490円から8,060円に引き上げようとしているところでございます。

大分市議会 2019-03-14 平成31年文教常任委員会( 3月14日)

この取り組みは、平成28年11月より小中学校の各1をモデル指定をし、課題整理を行った後、平成29年度より対象を順次拡大しながら、平成32年度には全小中学校において実施することとしております。  本年度の実施は計39で、フッ化物洗口の実施率は約87%、約1万5,500人の児童生徒がフッ化物洗口を実施しているところでございます。  

大分市議会 2019-03-14 平成31年厚生常任委員会( 3月14日)

○松木委員   こういった事業にみずから申請する、お子さんあるいは保護者、またはその両方については、学ぼうという意志が非常に高い可能性があるので、すごく前向きに子供たちが学んでいけるように、広い視野で取り組みを進めていただきますよう要望をさせていただきます。 ○田島委員長   ほかにございますか。 ○仲道委員   決算審査特別委員会の要望事項に対する対応状況を全員に文書でください。

大分市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4号 3月13日)

○企画部長(江藤郁) FUNAI演劇祭の過去4回の応募団体数と出演団体数については、各回高校演劇グランプリに加えまして、申し上げます、平成27年度第1回が応募団体、出演団体ともに3団体平成28年度第2回が応募団体、出演団体ともに5団体平成29年度第3回が応募団体団体、出演団体団体平成30年度第4回が応募団体団体、出演団体団体でございます。 ○副議長(宮邉和弘) 衛藤議員

大分市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2号 3月11日)

教育部長(増田真由美) 現在、百葉箱を設置している小学校及び義務教育学校は、55中36であります。  なお、小学校学習指導要領では、第4学年理科、天気の様子の学習において、百葉箱の中に設置した温度計などを利用することが考えられると例示されており、百葉箱を活用した測定は、日当たりや地面の温度等に左右されない、気温の適切な測定の方法の一つであると認識しております。