709件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宇佐市議会 2019-03-19 2019年03月19日 平成31年第1回定例会(第6号) 本文

最後に、議第五号 大分県後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療に関する条例の一部改正についてですが、平成三十一年度以降の保険料軽減特例の見直し及び保険料軽減対象を定めた政令の改正に伴い、条例の一部改正を行うものでありました。  慎重審議の結果、上程された五議案は、全て原案のとおり同意や承認または可決されたことを報告いたします。  

大分市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4号 3月13日)

大会演説で安倍首相は、安保法制、戦争法の成立に触れた上で、いよいよ立党以来の悲願である憲法改正に取り組むときが来たと強調し、さらに、自衛隊の新規隊員募集に対して都道府県の6割以上が協力を拒否しているという悲しい実態があります、この状況を変えようではありませんか、憲法にしっかりと自衛隊を明記して違憲論争に終止符を打とうではありませんかなどと呼びかけています。  

津久見市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会(第2号 3月11日)

昨年の民法改正で、2022年4月から成年年齢が18歳へ引き下げられることになるに伴い、各地で成人式の取り扱いをどうするかが議論となっています。成人式の取り扱いについては、各自治体の判断に任されていることから、場合によっては、18歳で成人式を行う自治体も出てくると考えられます。  

宇佐市議会 2019-03-06 2019年03月06日 平成31年第1回定例会(第5号) 本文

議第十七号 宇佐市手数料条例の一部改正の対象と影響についてですが、今回の改正につきましては、建築基準法の改正により、手続の簡素化や合理化を図るものであり、大分県の手数料に準じて、県下六特定行政庁とも同じ金額で改正するものです。なお、宇佐市における影響につきましては、ほぼないと思われます。  

宇佐市議会 2019-02-28 2019年02月28日 平成31年第1回定例会(第3号) 本文

三項目め、社会インフラについての一点目、水道民営化法案が可決されたが、宇佐市にとっての影響はについてでありますが、水道法の一部改正により、地方公共団体が水道事業者としての位置づけを維持しつつ、厚生労働大臣の許可を受けて水道施設等の運営権を民間事業者に設定できる仕組みが導入をされました。  

宇佐市議会 2018-12-19 2018年12月19日 平成30年第4回定例会(第7号) 本文

次に、議第百二十九号 宇佐市特別職の職員で常勤の者の給与に関する条例の一部改正についてですが、これは、人事院勧告に基づく国家公務員の給与改定に準じて、市長、副市長及び教育長の期末手当の額を改正するため改正を行うものとの説明がありました。  委員より、市民の生活実態、今の経済状況等々を見て、年金者等々いろんなことを考えた場合、不同意だという反対討論がありました。  

別府市議会 2018-12-13 平成30年第4回定例会(第6号12月13日)

例えば生駒市では、今回職員による地域貢献活動をさらに応援するために基準の一部を改正し職員対象の活動範囲を広げたというふうに言っております。  そこで、少しそこのところの事例を1点だけ申し上げたいと思いますけれども、これは消防署に勤めている隊員の方であります。「活動を始めた背景と目的」というところでこのようにお答えになっております。

津久見市議会 2018-12-12 平成30年第 4回定例会(第3号12月12日)

日本国憲法第14条に、すべての国民は法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分、または門地により政治的、経済的、または社会的関係において差別されないとうたわれています。  しかし、現実には同和問題初め、いじめや虐待など子どもの人権問題、セクシャルハラスメントやDVなどの女性の人権問題、高齢者や障がい者、外国人に対する差別など、さまざまな人権問題があります。  

別府市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第4号12月11日)

本年6月に別府市温泉発電等の地域共生を図る条例の改正案が提案されて、議会はそれを賛成いたしました。ただ、そのときに附帯意見が示されていますので、その後の執行部側の対応についてお伺いします。  まず、附帯意見3つあったうちで、順番に聞いていきます。  

宇佐市議会 2018-12-06 2018年12月06日 平成30年第4回定例会(第4号) 本文

│      ┃ ┃      │三、「義務教育は無償」(憲法二十六条)  │      ┃ ┃      │ と謳われている。子どもの貧困が広がる  │      ┃ ┃      │ 中で、子どもの健康や発達を支える学校  │      ┃ ┃      │ 給食の果たす役割がますます大きくなっ  │      ┃ ┃      │ ている。

宇佐市議会 2018-11-27 2018年11月27日 平成30年第4回定例会(第1号) 本文

議第百十四号は、宇佐市老人デイ・サービスセンター条例の一部改正についての件でございますが、これは市が設置する老人デイ・サービスセンターにおける介護保険法第百十五条の四十五第一項第一号に規定する居宅要支援被保険者等に係る利用料金について、指定管理者の更新の時期に合わせて明確にするため、改正を行うものであります。  

大分市議会 2018-09-20 平成30年決算審査特別委員会( 9月20日 厚生分科会)

○後藤生活福祉課政策監   10月1日に生活保護法の改正がございまして、医師からジェネリック医薬品が適当であると認められた方については、ジェネリック医薬品を使用するということが決められてございます。現状、大分市の生活保護受給者についてのジェネリック医薬品の使用率は79%を超えて、約80%弱に伸びております。昨年度が74%で、約5%伸びている状況でございます。  

津久見市議会 2018-09-18 平成30年第 3回定例会(第2号 9月18日)

しかしながら、ふるさと納税の割合が3割を超えた返礼品や高額な返礼品により、多くの寄附金を集めている自治体も多く、本来の趣旨が損なわれている実態を問題視した総務省は、来年の通常国会に向け、地方税法の改正を検討しているとの見解を発表しています。全国の納税者ニーズからすれば、付加価値が高い返礼品は魅力であり、ふるさとを応援することよりも、その魅力的な返礼品の購入が目的となっていたのかもしれません。  

臼杵市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会-09月11日−02号

平成28年の台風第18号により、東北や北海道の各地で甚大な被害が発生したことから、平成29年1月に避難情報の名称もよりわかりやすく変更するなど改正を行い、さらに名称も避難勧告等に関するガイドラインに変更し、自治体に周知され、本市においても災害の区分に応じ避難情報の発令を行っています。  

臼杵市議会 2018-06-29 平成30年  6月 定例会-06月29日−04号

初めに、第56号議案 臼杵市空き家等の適正管理に関する条例の一部改正についてですが、空家等対策の推進に関する特別措置法の施行に伴い、国・県・市に空家対策に関する責務や支援及び措置等が定められたことなどから、同法と条例との整合性を図るため、条例の一部を改正するものです。  審査の結果、特に異議なく、全会一致、原案のとおり可決すべきものとして決しました。  

竹田市議会 2018-06-28 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月28日−06号

」について  報告第2号 専決処分事項「竹田市都市計画税条例の一部改正」について  報告第3号 専決処分事項「竹田市税特別措置条例の一部改正」について  報告第4号 専決処分事項「竹田市国民健康保険税条例の一部改正」について  議案第56号 平成30年度竹田市一般会計補正予算(第1号)について  議案第57号 平成30年度竹田市立こども診療所特別会計補正予算(第1号)について  議案第58号 平成30

宇佐市議会 2018-06-26 2018年06月26日 平成30年第2回定例会(第7号) 本文

次に、議第六十四号 専決処分の承認を求めることについて(宇佐市税条例等の一部改正)ですが、これは地方税法等の改正に伴い、個人住民税の働き方改革を後押しする制度の見直し、たばこ税率の引き上げ、固定資産税の負担軽減措置等について改正を行うため、宇佐市税条例等の一部改正を専決処分したので、報告し、承認を求めるものであるとの説明がありました。  

大分市議会 2018-06-25 平成30年第2回定例会(第5号 6月25日)

最初に、一般議案の議第67号、大分市児童福祉施設の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正についてであります。  これは、児童福祉施設の設備及び運営に関する基準の一部改正に伴い所要の改正をしようとするものであり、異議なく原案を承認することに決定いたしました。  次に、議第68号、大分市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正についてであります。  

大分市議会 2018-06-22 平成30年子ども育成・行政改革推進特別委員会( 6月22日)

もう基本ですけれど、憲法を基本にして現場に過度な押しつけがないように、このことを要望しておきたいと思います。  それから今回保育の中で、幼児期の終わりまでに育ってほしい姿という1つの目標みたいなものが定められたと思います。あくまでも子供の発達が第一ですから、個々の、発達の違いを否定することがないように、その辺を十分に把握してやっていただきたい。