運営者 Bitlet 姉妹サービス
362件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-19 別府市議会 平成30年第1回定例会(第5号 3月19日) しかしながら、これを逆に言えばこの3つの税収、市税の増収が見られなければ、または市民所得の向上が実現できなければ、はたまた地域経済全体の活性化につながることができなければ、今回の増税は政策的に失敗だ、そのように言われても仕方ないかなと私は思っております。  ここ近年、国は、デフレ脱却を図るためにこれまでにない金融緩和を行い、市場に資金を提供してきました。 もっと読む
2017-09-13 大分市議会 平成29年建設常任委員会( 9月13日) ○宮邉副委員長   失敗だけはしてほしくないわけです。 ○永松委員   今、宮邉副委員長からも話がありましたけれども、確かに、商工労働観光部とか、これは企画部が中心に多分やってきて、あなたたちも知らない部分があると思うのです。 もっと読む
2017-09-06 宇佐市議会 2017年09月06日 平成29年第5回定例会(第3号) 本文 │      ┃ ┃      │ (2)エアコンが導入されるが、ランニング  │      ┃ ┃      │  コストの試算はどうなっているか。    もっと読む
2017-09-06 豊後大野市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月06日−02号 また、生産拡大に向けた取り組みとして、生産施設の整備や作業効率の向上を図るための大型機械等の導入や、品質の向上を図るための選果施設の整備、貯蔵施設整備、消費者ニーズやマーケットを意識した売れるものづくりなどに取り組んでまいりました。  その結果、夏秋ピーマン、白ネギ及び高糖度カンショ甘太くんについては、県が取り組んでいるThe・おおいたブランドの主要な産地として成長することができました。 もっと読む
2017-06-20 豊後大野市議会 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月20日−03号 ◎財政課長(田北龍司君) 市の事務事業におきましては、民間事業者等が有する多様な専門性や機動性、ノウハウを生かすため、民間事業者等が同様の事業を展開している場合において、指定管理者制度の活用や外部委託による民間活力の導入を行うことは、非常に効果的であると認識しているところでございます。   もっと読む
2017-06-14 別府市議会 平成29年第2回定例会(第5号 6月14日) コンビニ収納につきましては、平成24年度に公金を取り扱う各課のほうで協議をいたしまして、その中でコンビニ収納可能なものにつきましては、本年度で当面全て導入したものというふうに考えております。 もっと読む
2017-06-14 別府市議会 平成29年第2回定例会(第5号 6月14日) コンビニ収納につきましては、平成24年度に公金を取り扱う各課のほうで協議をいたしまして、その中でコンビニ収納可能なものにつきましては、本年度で当面全て導入したものというふうに考えております。 もっと読む
2017-06-13 宇佐市議会 2017年06月13日 平成29年第3回定例会(第2号) 本文 自治体の長が、失敗と反省をもとに、二十四項目の提言でございます。その提言の背景には、市長村長の判断や対応に問題があったため、そして、市長村長にのしかかる責任の重さです。また、その提言が突きつける課題として、市長村長に重い責任を負わせながらも、研修や判断する仕組みがないことを取り上げられているようです。  一つは、市町村長への研修制度。 もっと読む
2017-06-12 別府市議会 平成29年第2回定例会(第3号 6月12日) 固定価格買取制度を所管する資源エネルギー庁の統計上、最新となる平成28年12月末時点での認定及び導入、いわゆる発電した電気の買い取りが可能となっているものの状況を申しますと、日本全体では認定は92発電所、7万9,314キロワット、うち導入は28発電所、1万268キロワット、大分県全体では認定は58発電所、1万5,039キロワット、うち導入は20発電所、6,176キロワット、別府市内では認定は45発電所 もっと読む
2017-03-24 大分市議会 平成29年総務常任委員会( 3月24日) 荷揚町小跡地文化財発掘調査等業務委託料             ・軽自動車税納税通知書作製等業務委託料(平成30年度分)             ・市民税・県民税納税通知書作製等業務委託料              (平成30年度分)             ・市民税・県民税特別徴収税額通知書作製等業務委託料             ・地方税電子申告支援サービス利用料             ・クレジット収納・ペイジー収納導入業務委託料 もっと読む
2017-03-22 大分市議会 平成29年第1回定例会(第5号 3月22日) 平成28年、昨年3月の第1回定例会で、陥没事故等を未然に防ぐことを目的とした路面下空洞調査の手法についての質問にあわせ、継続的な調査導入について要望をさせていただいたところでもございます。   もっと読む
2017-03-16 別府市議会 平成29年第1回定例会(第4号 3月16日) 財政負担を軽減するために、過去に高利率で借り入れをしております地方債につきましては、補償金等が免除されます国の臨時特例措置などを活用して繰り上げ償還のほうも行っておりますし、また、借り入れの利率の軽減のための入札制度を導入するなどして、これまで可能な限り低減策を講じてきております。  一方で、地方債の現在高ですけれども、年々増加傾向にあります。 もっと読む
2017-03-16 別府市議会 平成29年第1回定例会(第4号 3月16日) 財政負担を軽減するために、過去に高利率で借り入れをしております地方債につきましては、補償金等が免除されます国の臨時特例措置などを活用して繰り上げ償還のほうも行っておりますし、また、借り入れの利率の軽減のための入札制度を導入するなどして、これまで可能な限り低減策を講じてきております。  一方で、地方債の現在高ですけれども、年々増加傾向にあります。 もっと読む
2017-03-14 津久見市議会 平成29年第 1回定例会(第3号 3月14日) 最後に、人事評価制度の導入についてでございます。  人事評価は職員がその職務を遂行するに当たり発揮した能力及び上げた業績を把握した上で行われる勤務成績を評価し、任用・給与・分限、その他の人事管理の規則となるツールであるとともに、人材育成の意義も有した制度であります。   もっと読む
2016-12-20 別府市議会 平成28年第4回定例会(第6号12月20日) 高齢者福祉課関係では、介護従事者の確保及び離職の防止に資することを目的として介護ロボットを導入する福祉施設への補助金などを、生涯学習課関係では、別府市コミュニティーセンターにある「芝居の湯」の給湯設備を改修するため、平成28年2月1日から29日まで休業したことによる指定管理者への休業補償費や、文化財に要する経費では、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての名僧雪村友梅を描いた肖像画で、本年8月に別府市の もっと読む
2016-12-20 別府市議会 平成28年第4回定例会(第6号12月20日) 高齢者福祉課関係では、介護従事者の確保及び離職の防止に資することを目的として介護ロボットを導入する福祉施設への補助金などを、生涯学習課関係では、別府市コミュニティーセンターにある「芝居の湯」の給湯設備を改修するため、平成28年2月1日から29日まで休業したことによる指定管理者への休業補償費や、文化財に要する経費では、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての名僧雪村友梅を描いた肖像画で、本年8月に別府市の もっと読む
2016-12-07 宇佐市議会 2016年12月07日 平成28年第5回定例会(第3号) 本文 │      ┃ ┃      │三、IoT導入について          │市長・担当部┃ ┃      │  総務省は、地方自治体に対し、あらゆ  │課長    ┃ ┃      │  るモノをインターネットにつなぐ「I  │      ┃ ┃      │  oT」の導入を支援すると発表していま │      ┃ ┃      │  す。 もっと読む
2016-09-14 国東市議会 平成 28年 9月定例会(第3回)-09月14日−04号 これのこの事業については、一度失敗しているわけですから、二度と失敗するわけにはいきません。そのためには、やはりしっかりとした運営体制、事業収益体制を構築しなければ、また同じようなことが起きるんではないか、そういうおそれがありますから、是非そこは、しっかりと監視もしながら提言するところは提言をし、やっていっていただきたい、そういうふうに思うわけであります。   もっと読む
2016-09-14 別府市議会 平成28年第3回定例会(第4号 9月14日) 竹田市の温泉療養保険システムについては、賛否議論はあったと思いますが、担当課にお聞きいたしますと、平成23年度導入時の年間利用数は543名、それが平成27年度、直近を申し上げますと763名と増加をしております。延べ3,351名の方が利用されて、平均5泊以上の連泊をされているそうです。 もっと読む
2016-09-14 別府市議会 平成28年第3回定例会(第4号 9月14日) 竹田市の温泉療養保険システムについては、賛否議論はあったと思いますが、担当課にお聞きいたしますと、平成23年度導入時の年間利用数は543名、それが平成27年度、直近を申し上げますと763名と増加をしております。延べ3,351名の方が利用されて、平均5泊以上の連泊をされているそうです。 もっと読む