12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

中津市議会 2016-09-30 平成 28年 9月定例会(第3回)-09月30日−08号

また、世代別では、若い世代の方が選択的夫婦別姓制度を導入しても構わないと答えた割合が多く、例えば、20代では、選択的夫婦別姓制度を導入しても構わないと答えた人の割合は47.1パーセントであるのに対し、現行の夫婦同姓制度を改める必要はないと答えた人の割合は、21.9パーセントでありました。

国東市議会 2010-06-25 平成 22年 6月定例会(第2回)-06月25日−05号

最後に、陳情第4号選択的夫婦別姓制度の法制化に反対する意見書の提出に関する陳情書、陳情第6号子ども手当廃止を求める意見書の提出に関する陳情書、陳情第7号人権侵害救済法の成立に反対する意見書の提出に関する陳情書につきましては、それぞれ今後の経過を見守る必要があり、また今後も継続して審査が必要であるとのことで、いずれも閉会中の継続審査といたしました。  以上、文教厚生常任委員会の報告といたします。

津久見市議会 2010-06-10 平成22年第 2回定例会(第1号 6月10日)

               │内閣総理大臣      │ │          │               │総務大臣        │ │          │               │法務大臣        │ │          │               │消費者担当大臣     │ ├──────────┼───────────────┼────────────┤ │平成22年3月25日│選択的夫婦別姓

別府市議会 2010-03-26 平成22年第1回定例会(第9号 3月26日)

について        報告第 2号 市長専決処分について    第 7 議員提出議案第 1号 別府市議会議員定数条例及び別府市議会委員会条例の                   一部改正について    第 8 議員提出議案第 2号 「ヒロシマ・ナガサキ議定書」のNPT再検討会議での                    採択に向けた取り組みを求める意見書        議員提出議案第 3号 「選択的夫婦別姓制度

津久見市議会 2010-03-23 平成22年第 1回定例会(第4号 3月23日)

次に、意見第3号、選択的夫婦別姓を認める民法の一部改正に反対する意見書について、反対を行います。  「選択的夫婦別姓」につきましては「選択的夫婦別氏制度に関する審議の中間まとめ」、これは日本以外の「主要な先進諸国において、夫婦同氏を強制する国は見られない」と認めています。  また、国連女性差別撤廃条約は、姓の選択について夫と妻に同一の個人的権利を保障すべきだとしています。

中津市議会 2010-03-19 平成 22年 3月定例会(第1回)-03月19日−08号

末棟洋一議事係長         広池治雄議事日程 第1.追加議案上程    議第58号 中津市議会議員定数条例の一部改正について    議第59号 中津市議会議員定数条例の一部改正について    以上、2件一括上程・提案理由説明〜質疑〜委員会付託省略〜討論〜採決    意見書第1号 WTO農業交渉等に関する意見書    意見書第2号 核兵器の廃絶と恒久平和実現に関する意見書    意見書第3号 選択的夫婦別姓制度

臼杵市議会 2010-03-19 平成22年  3月 定例会-03月19日−04号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−  1.本日の会議に付した事件   日程第1 委員長報告(付託諸議案)質疑、討論、採決   日程第2 議員提出議案第2号 臼杵市議会委員会条例の一部改正について        上程、説明、質疑、討論、採決   日程第3 意見書案第1号 核兵器の廃絶と恒久平和実現に関する意見書(案)        上程、説明、質疑、討論、採決   日程第4 意見書案第2号 選択的夫婦別姓制度

大分市議会 2010-03-18 平成22年第1回定例会(第6号 3月18日)

同様に、選択的夫婦別姓についてお伺いいたします。  こちらも先ほどの永住外国人の地方参政権と同様に、民主党の裏マニフェストと言われます「INDEX2009」に含まれていた政策ですけれども、依然として民主党内でも意見が割れているようでございます。

津久見市議会 2010-03-11 平成22年第 1回定例会(第3号 3月11日)

──────────────────   意見第3号 選択的夫婦別姓を認める民法の一部改正に反対する意見書(案)            ────────────────── ○議長(中津留麒一郎君)  提案理由の説明を求めます。  7番小谷栄作君。             

大分市議会 2001-12-07 平成13年第4回定例会(第2号12月 7日)

胎児期から満2歳までが一番大事な時期であり、この間のお母さんの身体的、心理的影響が非常に大きいこと、お父さんの支えが必要であること、愛情豊かな夫婦であること、こういう環境が胎児の脳を、また豊かに育てることを伝えたいと思っているのであります。「三つ子の魂 百まで」の意味を忘れずに学び、人生の大事業に取り組んでほしい、私たちが失っていたものが、希望となって必ず見えてくる。

別府市議会 2001-06-22 平成13年第2回定例会(第6号 6月22日)

民法改正に関する意見書  現行の民法が、夫婦同一姓を強制し、婚外子の法定相続分を差別的に規定していることは、明らかに基本的人権を尊重する憲法の精神に反しています。日本は、すでに個人の権利と平等を求める「女性差別撤廃条約」、「子どもの権利条約」を批准しています。また、法務省法制審議会は、一九九六年に選択的夫婦別姓制度の導入を含む「民法の一部を改正する法律案要綱案」を法務大臣に答申しています。  

  • 1