16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

津久見市議会 2019-09-18 令和元年第 3回定例会(第3号 9月18日)

訪日外国人の推移は年々増加傾向にあり、20日から始まるラグビーワールドカップ2019や東京2020オリンピック・パラリンピック、そして大阪万博など世界が注目するイベントが控えていますので、さらに今後も増加していくことが予想されます。  大分県への訪日外国人観光客は、観光庁の訪日外国人消費動向調査によりますと、全国13位となっています。

別府市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第4号 9月17日)

ちなみに国は、2025年の大阪関西万博までに40%の普及率、また、将来的に80%の普及率を目指すということですので、別府も今後どんどん進めていっていただきたいということを申し上げまして、私の質問を終了します。ありがとうございました。 ○18番(平野文活君) それでは、質問をさせていただきます。  まず第1番、長野市長の政治姿勢についてお伺いをいたします。  

大分市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第2号12月 6日)

まずは、2025大阪万博への取り組みについてであります。  去る11月23日に、2025年の国際博覧会――以下、万博と申しますが、の開催地が大阪に決定されました。1970年以来、実に55年ぶりの開催であり、大きな経済効果が期待されるところであります。  資料によれば、前回の万博は、日本人の来場者が6,400万人であり、外国人は170万人と、外国人比率は1.7%でありました。

別府市議会 2011-09-15 平成23年第3回定例会(第5号 9月15日)

また、海外に対しましても、主に韓国、台湾、最近では中国に向けまして、上海万博での観光宣伝に代表されます観光ミッション並びに観光関係者の招聘及び各種PR事業を実施いたしてきております。このようにさまざまな機会あるいは交流を活用しながら、別府市内各観光関係団体協力・連携を図る中で今日まで行ってきたところでございます。 ○1番(森 大輔君)  ありがとうございます。

別府市議会 2010-12-08 平成22年第4回定例会(第5号12月 8日)

すごく最近でありますけれども、もう東京大阪はいいのだ。ぜひ九州に行きたいということで、船の後は飛行機を飛ばす。それを案内しているときにたまたま市長、あなたと会ったのです。日曜日の夕方5時ごろ、あなたは一生懸命家の飾りつけといいますか、クリスマスか何かのイルミネーションか何かやろうとしていたのだろうと思うのです。後で、「別府の市長さんですか」、「そうですよ」。彼らが言った一言は何だったか。

別府市議会 2010-09-10 平成22年第3回定例会(第6号 9月10日)

いかにも何かあれ、私も今回大阪の吹田に行って、吹田の市庁舎の前にミストをやっていたのですけれども、それを見るだけで、もうそこに走り込んでいきたいという効果というか、イメージというか、それがあるのですね。ですから、庁舎の方にミスト、これの設置はどうでしょうか。 ○財産活用課長(稲尾 隆君) ことしは猛暑で、打ち水のイベント等が各地で開催されておりました。

別府市議会 2010-09-09 平成22年第3回定例会(第5号 9月 9日)

さらに、インバウンド事業につきましては、中国人観光客に向けまして、7月に行った上海万博での観光宣伝事業を初め国際観光船の誘致推進のほか、韓国、台湾香港に対しまして、インターネット等を活用いたしました観光客誘致及びセールス活動を行っているところでございます。 ○10番(萩野忠好君) それでは、次に別府市観光客の入り込み状況はどのように推移してきているのか。

別府市議会 2010-06-18 平成22年第2回定例会(第5号 6月18日)

それからもう一つは、上海万博を打ちますね。繰り込み宣伝をやるわけでしょう。僕は海外に、台湾、韓国、中国留学生を中心とした別府市のサイト、これを立ち上げるべきだと思っているのですよ。それも現地の言葉でサイトを管理する、情報発信する、こういう取り組みがなければ、別府市東京都に次いで人口比率から見ると外国人が多いと言われている中で、この知的財産を活用しているとは言えないと思うのですね。  

別府市議会 2010-06-17 平成22年第2回定例会(第4号 6月17日)

したがって、中国も今万博があっておりますけれども、これが終わりますと、中国の方々も海外へ随分行くのではないかと思っておりますので、今後はこの中国からのお客さんもふえてくると思っております。私たちも今後の別府市観光施策に大きな期待をしておりますけれども、今年度の事業計画についてお聞かせください。 ○観光まちづくり課長(松永 徹君) お答えいたします。  

別府市議会 2006-06-14 平成18年第2回定例会(第4号 6月14日)

経費はたしか17億ぐらいかかったと思うのですが、あの土地自体が昭和47年、荒金市長時代に大阪開発に売った。その後、市民広場として買い戻してほしいという商工会議所観光協会等々の要請を受けて、脇屋市長が買い戻した。8億で売ったが、買い戻しは10年足らずで18億。若干の民有地の買収もあったわけですけれども、そういう経緯の中で買った脇屋市長が、市民広場と銘打って議会に提案した。

別府市議会 2001-12-06 平成13年第4回定例会(第3号12月 6日)

観光課といたしましては、現在いろいろな方面で誘致宣伝、また観光施設連絡協議会がございまして、これにつきましても別府市施設が、皆さん方頑張っているところでございますが、我々といたしましても東京福岡大阪、そして誘致宣伝を行っております中でも、またイベント等々を行い、別府に誘客を初めといたしまして頑張っているのが現状でございます。  

  • 1