286件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

別府市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第4号 9月17日)

大きな画面で夜間でもくっきり出て、流す内容はパソコン等で組んで流せるわけですね。ですから、一々張りかえたりする手間を避けるとすれば、そういう大型の電子掲示板なんかを思い切ってこの機会にいい位置に立てて設定して、そこで常にあそこの周辺のイベント、また行事内容が流れる。さらに言えば、別府市としての発信もいろいろ入れていくことも可能ですから、そういう面でも考えていただきたい。  

宇佐市議会 2019-09-12 2019年09月12日 令和元年第4回定例会(第4号) 本文

小学校で十位、中学校で十三位、特に中学の順位が大幅に上がっています。  そこで、市内の小中学校はどうであったのかお聞きします。また、学校での取り組みの変化があったのか教えてください。  二点目、ある学校校長先生より、市内の小学校の教職員の定数が基準に達していないとのお話をお聞きした現状があります。中学校では現状、どうでしょうか。県教育委員会が対応するとのことですが、宇佐市の対応はどうでしょうか。

宇佐市議会 2019-09-11 2019年09月11日 令和元年第4回定例会(第3号) 本文

中津市立小児救急センターにつきましては、平日の夜間は近隣の医師協力のもと、一名の医師が輪番制で、土日、休日については大学医師一名でそれぞれ運営されており、大きな変化はありません。  また、市内の小児科医につきましては、二医療機関四名体制であり、以前と変わりはありません。  

津久見市議会 2019-06-20 令和元年第 2回定例会(第2号 6月20日)

しかしながら、ドクターヘリは、夜間気象条件が悪いときは飛行ができないのが現状です。そのようなことから、大半が救急搬送船が出動しています。今後は、さらに高齢化率も上昇すると予想され、救急搬送船の出動回数も昼夜問わず今以上に増え、船長の体力的負担も大きくなると考えられます。  そこで、(1)として、これまでの搬送の現状と、どのような対応をしていますか。

別府市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第6号 3月19日)

そのような中で新年度予算の中でこのフッ化物洗口事業を中学1年生にまで拡大することが出されています。  そこで、まず先に申し上げておきたいのが、私もさきに開かれた予算決算特別委員会において、この新年度当初予算については、賛成の意思表明をさせていただきましたが、ただ、やはりそれぞれの中身、とりわけこのフッ化物洗口事業は疑問と不安を拭い切れていません。

大分市議会 2019-03-15 平成31年文教常任委員会( 3月15日)

まず、本計画の策定の背景・趣旨についてでございますが、新学習指導要領では、主体的・対話的で深い学び等の視点からの授業改善が求められるとともに、標準授業時数については、小学校中学年、高学年において、年間35時間増加することとされており、今まで以上に質の高い授業や個に応じた学習指導を実現できるようにすることが求められているところでございます。  

別府市議会 2018-12-13 平成30年第4回定例会(第6号12月13日)

これを読みますと時間が長くなりますけれども、基本的に私の経験では、特にブラスバンド部、大変長い練習、特に夏休み、冬休み、春休みを見てみますと、私の中学時代のとき、あるいは高校のときもそうですけれども、運動部よりも大変長い時間を練習していたような気がいたします。

別府市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第5号12月12日)

○19番(野口哲男君) ここでちょっと問題になるのが、やっぱり小学校中学までは義務教育として規定の授業日数に足りなくても卒業証書を渡すというようなことになっています。今、その不登校の子どもたちを集めた特殊な教育機関というか、民間の機関もありますけれども、そういうものが設置されていますよね。

別府市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第3号12月10日)

この開発を開拓していかなければ大変だということで、この中山間地域の活性化について農林水産課と、それから都市計画上から浜脇中学の跡地を中心にした建設部の考え方。これをどのようにまとめて活性化していくのか、両面について答弁をいただければありがたいと思います。 ○農林水産課長(小林文明君) お答えいたします。  

大分市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第4号12月10日)

もはや中学卒業まで助成している自治体が主流であることは、これまで何度も申し上げてきたとおりです。  そこで、改めて質問をいたします。大分市で育つ全ての子供の健やかな成長を保障するため、子供医療費助成を拡充すべきと考えます。見解を求めます。 ○副議長(髙野博幸) 重石子どもすこやか部長

宇佐市議会 2018-12-04 2018年12月04日 平成30年第4回定例会(第2号) 本文

当課としましては、当初予定した来場者より、四万五千人の多くの方が見えられたので、一番は駐車場等の問題、また、一時期市外のところまで交通渋滞等起こりましたので、交通渋滞の問題、また、夜間のこともありまして、夕方六時半ということで、食事の問題等、いろいろなことがあったなと当課としては思っております。  

宇佐市議会 2018-09-28 2018年09月28日 平成30年第3回定例会(第7号) 本文

国東市もこの四月から、入院は高校まで、通院は中学まで無料になりました。食事療養費も無料です。杵築市は昨年六月から無料です。県下十四市で未実施の大分市別府市を除き、他は全て通院費も中学まで助成し、臼杵市を除いて全てが一部負担金を徴収しておりません。数年前までは償還払いや自己負担金があった自治体も、今では全面無料となっております。  

別府市議会 2018-09-25 平成30年第3回定例会(第5号 9月25日)

具体的なデータといたしましては、7月にB-biz LⅠNKより欧米豪からの訪日外国人旅行者の動向及びニーズ把握のためのアンケート調査の結果が報告されておりますが、夜間に特化した調査は行っておりません。しかしながら、議員御指摘のように夜間のマーケットデータについても重要なものであると認識いたしております。

大分市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第4号 9月12日)

そのためにも、中学3年生だけでも少人数学級を導入する、このことを早急に考えていただきたい。時間の問題もありますので、これについての見解は結構ですけれども、緊急性を持って取り組んでいただきたいということを要望さしていただきたいと思います。  次の質問、行きます。  地域防災について質問いたします。  地域消防団委託しています樋門、樋管の管理について質問いたします。