3086件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

津久見市議会 2019-03-20 平成31年第 1回定例会(第4号 3月20日)

日本共産党が指摘した最大の問題点は、不公正な同和行政による特権と利権の復活が懸念されること、部落差別の解消に関する施策、相談、教育及び啓発、実態調査の条文は無限定で、これが民間運動団体のあれも差別、これも差別といった圧力の根拠となり、補助金や委託による施策を押しつけられ、学校や自治体、企業や地域、あるいは人権擁護委員まで特定団体による教育啓発が強制されかねません。  

大分市議会 2019-03-18 平成31年総務常任委員会( 3月18日)

1つもないということになると、制度そのものに何らかの問題があるのではないかという判断を我々はせざるを得なくなります。もちろん、不適格な者を見つけることが目的でやる調査ではないのだけれども、結果として100%、調査されてもオーケーでしたということになるのには、少し不自然さを感じますので、その辺のところを県に確認してください。

大分市議会 2019-03-15 平成31年文教常任委員会( 3月15日)

これを実施することによって、現場の第一線でやっている先生たちの、時間外などのいろんな問題点がどの程度解決されると思っているのですか。 ○清水教育総務課長   この計画を策定する際には、素案を学校の校長会の方々にお見せし、御意見をお聞きする中で作成しております。

大分市議会 2019-03-15 平成31年建設常任委員会( 3月15日)

今、レオパレス21の建築基準法、許可のこと、以前は、姉歯の建築が問題になっており、外部の建築許可を通ってきたほとんどの業者がそういう不正をやっている中で、そういった問題に対して、大分市としてどう考えているのか、どう対応しようとしているのか、聞かせてください。 ○山村開発建築指導課長   平成10年の法改正によりまして、建築確認は民間ができるようになっております。

大分市議会 2019-03-15 平成31年経済環境常任委員会( 3月15日)

○松下委員   289ページの知的・精神障がい者雇用促進事業についてお聞きしたいのですけれども、この取り組みについては、非常に先進的であり、評価しているのですが、問題は、市で雇用して、一般就労に向けて頑張っていただこうということで、目的の最大のものは、一般就労にどうつないでいくかということだと思いますので、これまでの実績として、一般就労に何人程度結びついていったのか。

大分市議会 2019-03-15 平成31年総務常任委員会( 3月15日)

○井手口委員   今もらった人事課の資料で、オースティンへ語学研修派遣している件なのですけど、職員を語学研修派遣することはどんどんしてもらいたいと思うのですが、問題は、帰国した後その職員をどういう形でフォローアップし、また、市政に活用してきているのかというところが見えません。

大分市議会 2019-03-15 平成31年厚生常任委員会( 3月15日)

この間の事件の背景には、やっぱりDVの問題が非常に絡んできており、非常に複雑で入り込みにくい内容になるので、専門的な分野はきちんと役割分担する必要があります。先ほどの事務事業評価の説明にも入っていたとおり、今回の中央子ども家庭支援センターの移転で機能強化されていくと思いますが、十分な役割分担、配置の仕方を十分検討していただきたいと思います。 ○田島委員長   ほかにはございませんか。  

大分市議会 2019-03-14 平成31年厚生常任委員会( 3月14日)

バス事業者に負担がかかっているという点は非常に問題だと思いますが、今出たとおり、あり方検討会がまだ途中ということもありますので、この市民の切実な声はしっかりと受けとめて、これを検証の中に反映をさせるということで、現時点では採決をする時点ではないと思いますので、継続でということになるかと思います。 ○田島委員長   今、継続という意見がございますけれども、ほかに討論はございませんか。  

大分市議会 2019-03-14 平成31年文教常任委員会( 3月14日)

そのためには、駐車場が狭かったり、大型バスがUターンしにくいとか、そういった問題があると。道路に関しては県によって整備していただいている。そういった面で連携も当然必要ですし、やはりハード整備を行って、ここをいかに、充実した場所、環境にしていくかというところをもっと考えられたほうがいい。大きな新しい箱物というよりも既存のものを十分活用することが必要だと思います。

大分市議会 2019-03-14 平成31年総務常任委員会( 3月14日)

また、市民センターは、市民行政センターの機能のうち、特に市民に身近な問題にかかわる機能や地域コミュニティー活動の場などの施設を有し、市民の利便性向上に資する目的で設置しております。  明野支所は、平成29年度より、地域の課題解決や活性化に取り組む体制を確立する目的で、明野出張所から新たに支所へと位置づけ、地域担当班を配置しております。

大分市議会 2019-03-14 平成31年経済環境常任委員会( 3月14日)

現在、順調に水処理施設の維持管理は行われておりますが、処理も長期にわたることが考えられることから、施設の老朽化や、近年の台風等によりまして豪雨や大雨が非常にありまして、最終処分場より排出される浸透水が、一時的に増加するというような問題も判明しております。  

大分市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第3号 3月12日)

次に、2点目のひきこもり対策、支援などに対する認識についてですが、ひきこもりは周囲の環境への適用など、本人が抱える個人問題と、家族、友人、地域、学校など、本人を取り巻く環境に起因する問題が複雑に絡み合うため、その対応が難しく、本人や家族の苦労も長期間に及ぶことから、深刻な社会問題となっています。  

津久見市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会(第3号 3月12日)

収入が同じでも子どもの数が多い世帯ほど保険料が高くなる均等割は問題です。そのために国保に加入する18歳未満の均等割軽減を実施する自治体が増えてきました。津久見市も軽減策を実施すると思いますが、少子化対策のためにも導入ができないか、市の見解を伺います。  

津久見市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会(第2号 3月11日)

まず最初に、防災問題についての(1)平成29年台風第18号の復旧工事の進捗状況についての御答弁に対し、復旧工事全体の最終的な竣功はいつごろになるのか、各土木管理課、農林水産課の担当課のほうに御答弁をお願いいたしたいと思います。 ○議長(黒田浩之議員)  宮近土木管理課長。

大分市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2号 3月11日)

○21番(福間健治) それで、今回の不良施工、設計図に示された施工がされていなかったという問題であります。これはかなり前から起こっている問題で、関係者の粘り強い取り組みで、実態調査と法規制の動きが大きく、今、広がっている段階であります。