2037件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

津久見市議会 2019-03-20 平成31年第 1回定例会(第4号 3月20日)

市道寺河内線から市道上町線の路線について、堅徳小学校の通学路として、また、地区民の生活道路として利用されている重要な路線であることから、市道寺河内上町線として新たに認定するもので、審査の結果、その内容も理解できましたので、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上で、社会文教建設常任委員会における審査の経過と結果の報告を終わります。         

宇佐市議会 2019-03-19 2019年03月19日 平成31年第1回定例会(第6号) 本文

次に、議第二十二号 宇佐市印鑑条例の一部改正についての件でございますが、これは、個人番号カードを利用して、コンビニエンスストアなどの民間事業者が設置した多機能端末機により印鑑登録証明書の交付サービスを実施するための改正及び印鑑登録申請者等の代理人に関する規定について、所要の改正を行うものであるとの説明がありました。  

大分市議会 2019-03-18 平成31年経済環境常任委員会( 3月18日)

○姫野生産振興課長   これからの展開でございますが、本市では、地域農業経営サポート事業という事業に取り組んで、担い手がいない農地や維持管理が困難な集落や農家などとの連絡調整を行って、農地の管理や作業受託を行うことにより、農業集落の支援を図っていきたいということで、今年度から新規事業として取り組んでまいるつもりです。

大分市議会 2019-03-15 平成31年文教常任委員会( 3月15日)

また、登下校時の見守り活動が、基本的には学校・教師の本来的な業務ではないことについて、保護者や関係団体等の理解を促進するため、関係課との連携を図りながら、登下校の見守り活動の見直しに向けた調整を進めたところでございます。  

大分市議会 2019-03-15 平成31年総合交通対策特別委員会( 3月15日)

資料の右側に、全期間の利用者数を地域ごとに整理しております。上段に鶴崎地域、下段に明野地域の利用者数をあらわしております。横軸に日付、縦軸に各コースの利用者数を積み上げた形となっております。全期間を通しまして明野地域の利用者が非常に多いという結果となりました。  次に、2ページをお開きください。  資料の左側に、各コースの利用者数について整理いたしております。

大分市議会 2019-03-15 平成31年建設常任委員会( 3月15日)

残りの塗装や造園などの工事も、さきほどの着手した工事と工程を調整する中で着手することとしており、工事の完成は8月末を予定しているところで、本年9月末に開幕いたしますラクビーワールドカップ2019日本大会を迎えたいと考えております。  次に、七瀬川自然公園におけるバーベキューの設置についてであります。

大分市議会 2019-03-15 平成31年経済環境常任委員会( 3月15日)

この新たなインセンティブを設けた経緯につきましては、大分港大在コンテナターミナルの利用状況が低迷していた関係で、大分港大在コンテナターミナルの活性化、利用コンテナ数の増加を図るために、新たな補助制度を実行委員会で協議をして、設けたところです。  具体的には、他港を利用している、もしくはこれから利用するという荷主の方等に対する利用転換及び新規利用の促進助成というのを設けました。

大分市議会 2019-03-15 平成31年厚生常任委員会( 3月15日)

そして、3、期待される効果ですが、権限移譲により認定こども園の類型にかかわらず市に認定事務の窓口が一本化され、事業者にとっての利便性の向上が図られることや、定員設定について本市の実情を踏まえながら、教育・保育の需要に応じた調整が可能となり、適正な定員配置につながることを効果として期待するものでございます。  

大分市議会 2019-03-14 平成31年建設常任委員会( 3月14日)

このプログラムは、主に基本構想とアクションプログラムで構成されており、基本構想では、道路政策の基本理念、基本方針、施策の体系を示し、アクションプログラムでは、基本構想に基づいた具体的な取り組みについて、5年先を見据え、毎年、事業の調整を行いながら進捗管理を行ってまいります。  次の2ページ目をごらんください。  

大分市議会 2019-03-14 平成31年文教常任委員会( 3月14日)

サッカーコートであれば2面が確保できる全面天然芝の多目的グラウンドとなっており、平日は主に地元自治会住民がグラウンドゴルフに利用し、休日は主に大分市サッカースポーツ少年団のサッカーに利用されております。  次に、これまでの経過ですが、昭和49年から大在土地区画整理事業が大分県により施行され、平成10年に換地処分がなされ、同年に用地を取得しております。

大分市議会 2019-03-14 平成31年総務常任委員会( 3月14日)

改定に当たっては、名目手取り賃金変動率プラス0.6パーセントから、マクロ経済スライドの発動等により調整がなされ、改定率は0.1パーセント増にとどまり、800円増の年額78万100円となったところでございます。 ○倉掛委員長   質疑等はありませんか。

大分市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4号 3月13日)

こうしたことから、3歳未満児の受け入れ促進につきましては、保育士確保対策に一層取り組み、私立認可保育施設における定員の弾力運用や施設整備による1、2歳児の受け入れ枠の拡充と、幼稚園の認定こども園化、また入所選考のさらなる改善による効果的な利用調整などに取り組み、待機児童の解消に努めてまいります。 ○議長(野尻哲雄) 斉藤議員。

大分市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第3号 3月12日)

まず、1点目の本市におけるひきこもりに対する窓口及び対応等の現状についてですが、本市では、庁内の9部局22課で構成される大分市生活困窮者自立支援対策連絡調整会議において、生活困窮者の状況について情報を共有しており、背景にひきこもりを有する方には、各種福祉サービス等の利用促進や関係課が協力して訪問支援をするほか、他機関につなぐ支援を行っています。  

津久見市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会(第3号 3月12日)

それを考えると、そういうところも段々畑も利用しながらやれば、相当な数の人員が避難できるんではないかなというふうに思うんですけれども、ひとつ検討してはどうかと思いますが、いかがですか。 ○議長(黒田浩之議員)  宗総務課参事。

津久見市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会(第2号 3月11日)

2014年の9月に知念議員と現地を視察し、今まで利用することのできなかった車椅子の方の利用が増え、高齢者の方や、赤ちゃん連れのお母さんなど、エレベーターができて大変助かっているとの声が寄せられていると聞きました。  先月、私は再び柳ケ浦駅を訪れました。そのときもエレベーターを利用している老夫婦をお見かけしました。

宇佐市議会 2019-03-06 2019年03月06日 平成31年第1回定例会(第5号) 本文

次に、福祉課所管の自立支援給付負担金一千三百六十六万六千円の増は、障害福祉サービスを利用した方の増加、障がい者医療費負担金七十八万円の増は、療養介護サービスを利用する方が増加したための国庫負担が増額するものです。生活困窮者住居確保給付金七万八千円の減は、利用者がいなかったため減額するものです。  

津久見市議会 2019-03-04 平成31年第 1回定例会(第1号 3月 4日)

平成29年災害による歳出の増加に伴い、一般財源の持ち出しが増加し、その結果、財源として財政調整基金を取り崩すこととなり、基金が大幅に減少しました。  平成28年度末で16億7,000万円余りであった基金が、今議会終了後で、その現在高予定額は9億4,000万円弱という状況であります。