510件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2019-07-11 令和元年厚生常任委員会( 7月11日)

中核市につきましては義務づけられていないものの、平成28年の児童福祉法の改正で、中核市児童相談所を設置することができるよう、その設置に係る支援、その他の必要な措置を講ずるとされており、国が児童相談所の設置促進を図っております。  次に、児童虐待の状況についてでございます。  平成29年度に全国の児童相談所が対応した児童虐待の件数は13万件を超え、5年前と比べて倍増しております。

大分市議会 2019-07-11 令和元年子ども育成・行政改革推進特別委員会( 7月11日)

中核市につきましては、義務づけられていないものの、平成28年の児童福祉法の改正で「中核市児童相談所を設置することができるよう、その設置に係る支援その他の必要な措置を講ずる」とされており、国が児童相談所の設置促進を図っております。  次に、児童虐待の状況についてでございますが、平成29年度に全国の児童相談所が対応した児童虐待の件数は13万件を超え、5年前と比べて倍増しております。

大分市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会(第4号 7月 4日)

4点目の児童相談所の設置についてでございます。本市におきまして、児童虐待防止の取り組みをさらに強化する方策としまして児童相談所を設置することは、子育て支援から要保護児童対策まで一貫した児童福祉施策の展開が可能となるということから、中核市として、また基礎自治体の責務として、その意義は大きいというふうに考えております。  

大分市議会 2019-07-03 令和元年第2回定例会(第3号 7月 3日)

こうしたことを踏まえて、今後も防災を初め、子育て支援、教育福祉といった市民生活に密着した優先度の高い施策に取り組むほか、社会問題となっております児童虐待防止は喫緊の課題でありますので、大分県としっかり連携しながら、本市における児童相談所の設置について本格的に検討していくこととしております。  

大分市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第1号 6月25日)

に関する条例の一部改正について  議第53号  大分市幼稚園条例の一部改正について  議第54号  大分市児童福祉施設設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について  議第55号  大分市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について  議第56号  大分市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について  議第57号  大分市水道事業及

宇佐市議会 2019-06-18 2019年06月18日 令和元年第3回定例会(第5号) 本文

最近、高齢者運転による事故子供への虐待、ひきこもり者の事件、親が子を殺害、子が親を殺害など、暗い事件が頻繁に報道をされています。宇佐市でもそのような課題がたくさんあると考えております。  まず、第一回目の質問をさせていただきます。五項目八点についての質問をさせていただきます。  まず一項目め、市民生活と命の教育について。  

津久見市議会 2019-03-20 平成31年第 1回定例会(第4号 3月20日)

本件は、国民健康保険の被保険者としない者について、高齢者医療の確保に関する法律及び児童福祉法の規定に基づき、所要の改正を行うもので、委員から、市内の該当施設についてなどの質疑がありましたが、審査の結果、その内容も理解できましたので、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第5号、津久見市国民健康保険基金条例の一部改正について、審査を行いました。  

別府市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第6号 3月19日)

私もいつもスーツにこのオレンジリボン児童虐待防止のピンバッジをつけていますけれども、連日、本当、目を覆いたくなるような子どもの虐待事件、これが後を絶ちません。一日も早くこの虐待のない社会になってもらいたいな、そのことを願っている一人であります。そしてまた、これから質問をする子どもの貧困問題についてでありますけれども、これまでの議会でもこのテーマについては何度か取り上げてきました。

大分市議会 2019-03-15 平成31年子ども育成・行政改革推進特別委員会( 3月15日)

(1)の放課後の時間の過ごし方について、@放課後の時間を過ごさせたい場所について聞いておりますが、自宅と回答された方が75.8%と最も高く、次いで習い事、児童育成クラブとなっております。このうち、児童育成クラブの利用希望だけが前回より伸びておりまして、保育から継続して育成クラブへのニーズの高まりがあらわれていると考えております。  

大分市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4号 3月13日)

具体的には、児童生徒等の日常の心身の状況を把握するとともに、教育相談等を通じて、児童虐待の早期発見に努めること、児童虐待が疑われる場合は通告義務が生じることから、保護者との関係悪化を懸念して通告をためらわないこと、就学、転学の際には、学校間で情報共有に努めること、資料等を活用し、虐待を発見するポイントや発見後の対応の仕方等について、校内研修を実施することの4点について、徹底を図ったところでございます

大分市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第3号 3月12日)

また、本年8月には、教職員を対象としたDV・児童虐待防止研修の中で、愛着障害への認識について、さらには、特別支援学級担任等研修の中で、国立特別支援教育総合研究所より講師を招聘し、子供やその保護者に対しての具体的な支援のあり方について、理解を深める研修を予定しているところであります。  今後とも、医療保健福祉などの関係機関との連携を図りながら、子供の成長の支援に努めてまいります。

大分市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2号 3月11日)

本市におけるこれまでの児童虐待の実態把握の方法は、教育部局との連携も含めてどのようにしてこられたのかお聞かせください。  次に、児童虐待の対処方法についての質問をさせていただきます。  本市には児童相談所がないため、現在は市内3カ所の子ども家庭支援センターが児童虐待の相談の受け皿となっているところですが、子ども家庭支援センターには一時保護や措置の権限がございません。

大分市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第1号 3月 5日)

あわせて、子育て教育環境の整備、特に課題となっておりました待機児童の解消に向けては、4年間で3,572人の定員拡大などに取り組んだ結果、待機児童数は大幅に減少し、昨年4月1日時点で13人となったところであります。また、高齢者障害者の皆様が住みなれた地域で安心して暮らし続けることができるよう福祉の充実を図るなど、誰もが安心して笑顔で暮らせる社会の創造に努めてまいりました。