運営者 Bitlet 姉妹サービス
606件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-25 別府市議会 平成30年第2回定例会(第5号 6月25日) 少子、核家族など社会状況の変化によりまして人間関係が希薄していると言われている昨今でありますが、支払い能力があるものの、連帯保証人がいない場合でも保証料を支払うことによりまして賃貸住宅へ入居できるこの制度は、誰もが安心して自立した生活を送るためには有効な事業ではないかと考えられます。 もっと読む
2018-06-19 別府市議会 平成30年第2回定例会(第2号 6月19日) だけれども、国の政策も今、幼児教育を無償にしていくというような流れの中で、やはりこれから行政がこういった子どもの面倒を見ていただくということが今度広がっていくのだということを、国民の皆さんが御存じかというふうに思っているのですね。 もっと読む
2018-06-18 豊後大野市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月18日−02号 このように、定住を可能にする仕事が確保され、そこに子育て支援や学校教育が充実した環境があり、その中で育った子供たちが将来もこのまちに住みたいと思い、そして、その子供たちの働く場があるといったサイクル、これを私は定住サイクルと呼んでおりますが、この定住サイクルの確立を目指すことで、将来に向かって地域をつないでいくことのできる持続可能な豊後大野市づくりを実現してまいりたいと固く決意しているところでございます もっと読む
2018-03-20 別府市議会 平成30年第1回定例会(第6号 3月20日) 小中学校の給食の無償についてちょっとやりたいと思います。  小学校・中学校の給食の無償については、我々子どものころ、小学生のころ、コッペパンとおかずと還元牛と肝油とみたいなところがあって、非常に申しわけない言い方ですけれども、おいしくない給食を食べた年代であります。ところが、今の給食はすごくおいしいのですね。 もっと読む
2018-03-19 別府市議会 平成30年第1回定例会(第5号 3月19日) 結婚年齢が、高齢によりまして高くなってきました。そういう意味で保育所に子どもさんを預けることが必要となってまいります。 もっと読む
2018-03-12 竹田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月12日−04号 例えば建物の老朽、炊事場の改修、これは虫が入った、弁当の中に混入したということですね。炊事場、どうにかならんのかという話ですね。そういう話が、内容を込めながら、さらに教師のボランティアでなされている寮の舎監の問題ですね、無償で、ボランティアでやられているということで。 もっと読む
2018-03-09 竹田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−03号 ○議長(日小田秀之君) 市長 ◎市長(首藤勝次君) 具体的にグラウンドが、サッカー場が何面になるのかとか、それから、今言うスタジアムがあるのかないのかとか、それから、それを受け入れる建物が必要だとか、それから諸々の要件が加味されないと、グラウンドだけ造って、行く道もないとか、夜間の照明もないとか、そういう話にはならないと思うので、ただ規模として小高野云々というよりも、何もない所を整備して、土地が無償 もっと読む
2018-03-06 別府市議会 平成30年第1回定例会(第2号 3月 6日) また、定員適正計画においても、平成17年から29年の間において178名の職員の削減を行いました。また、平成33年までにはさらに33名の職員の削減を行う予定でございます。こういったこともしておりますけれども、非常にもう適正計画も限界まで来ていると。 もっと読む
2018-01-25 大分市議会 平成30年厚生常任委員会( 1月25日) ○斉藤委員   そういうことであれば、なおさら統廃合というのは、後から出てくる話で、認定こども園になれば2号認定の方も対象に入ってくるということになりますから、地域の中で入る子供たちの枠はふえるわけだから、これは統廃合するのではなくて、その地域で存続させるという選択肢を残しておかないと、前回も言いましたけど、幼児教育の無償がもし本当に実現したときに、受け皿がなくなるのではないかと思うのです。 もっと読む
2017-12-13 大分市議会 平成29年総務常任委員会(12月13日) そのため、人的支援の受け入れ手順や受け入れに係る役割分担の明確、物資調達や物流に係る体制の明確、受援が必要となる業務であらかじめ検討しておく事項やその考え方の明確の3点を基本方針としております。   もっと読む
2017-12-13 別府市議会 平成29年第4回定例会(第3号12月13日) これまでの行財政改革の取り組みを継承、発展させつつ、人口減少や地方創生など新たな課題に対応できるよう、定員適正及び給与の適正、事務事業の整理・効率など、これまで以上に関係課と一体となって行政の効率に取り組み、基礎的な行政サービスを維持しながら、また新たな財政需要に対応できるような財政構造を改革していきたい、展開していきたい、そのように思っているところでございます。 もっと読む
2017-12-12 大分市議会 平成29年厚生常任委員会(12月12日) その右側の、過渡期における保育所につきましては、昨今の高い保育ニーズを踏まえ、当面は現状の保育所としての機能を維持することを基本としながらも、施設の老朽や周辺の市立幼稚園の状況によっては、必要に応じて市立幼稚園との再編などを検討するとしております。   もっと読む
2017-12-12 臼杵市議会 平成29年 12月 定例会-12月12日−02号 このたびは、博多大丸様が、災害復興の趣旨にご理解とご協力をいただき、貴重な祝日を無償で提供いただいたものであります。当日のイベント内容は、観光PRはもとより、伝統芸能を披露し、特産品の販売も行いました。特に、臼杵と言えばフグと認知していただくために、これから旬を迎えるフグをフグ鍋で振る舞い、PRを行いました。 もっと読む
2017-12-12 大分市議会 平成29年子ども育成・行政改革推進特別委員会(12月12日) また、グラフにはありませんが、園児数が9人以下の園が、昨年度は2園でありましたが、今年度は7園に増加するとともに、全体としても市立幼稚園の小規模が進んでおります。  こうした状況の中で、これからの市立幼稚園と市立保育所が、公的な幼児教育・保育施設として果たしていく役割について検討したものをまとめたのが、右側の2番、市立幼稚園・保育所に求められる役割についてになります。   もっと読む
2017-12-12 豊後大野市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月12日−05号 メリットというところでございますけれども、課を一つにすることによりまして、当然、業務の一元、それによる事務の効率と効率的な予算執行が図られるということでございます。  次に、教育総務課と学校教育課を一つにすることに加えまして、今回、新たに理事として教育次長を設けることといたしております。 もっと読む
2017-12-11 別府市議会 平成29年第4回定例会(第2号12月11日) 初期投資があり、いずれ黒字になるということですので余り多くは申しませんが、それ以前にかかる経費の計算式に問題があるのではないかと思っています。いずれ民間ということなので、民間に委託・受託していこうということなので、それまで黒字に向けて鋭意努力してください。  ザボン園の問題は、一般質問でいずれ取り上げてまいりますので、よろしくお願いします。   もっと読む
2017-12-11 別府市議会 平成29年第4回定例会(第2号12月11日) 初期投資があり、いずれ黒字になるということですので余り多くは申しませんが、それ以前にかかる経費の計算式に問題があるのではないかと思っています。いずれ民間ということなので、民間に委託・受託していこうということなので、それまで黒字に向けて鋭意努力してください。  ザボン園の問題は、一般質問でいずれ取り上げてまいりますので、よろしくお願いします。   もっと読む
2017-12-07 大分市議会 平成29年第4回定例会(第3号12月 7日) ○環境部長(秦希明) 台風18号に伴い、市域内に発生した災害ごみの収集については、市民生活の一日も早い復旧を目指し、発災後直ちに、直営により戸別に無償で収集する方針を決定し、通常業務である家庭ごみの定期収集に影響のない全ての車両を稼働させることにより対応いたしました。   もっと読む
2017-12-06 大分市議会 平成29年第4回定例会(第2号12月 6日) これまでに2回の検討委員会を開催し、第1回の会議では、検討委員会の目的や計画の位置づけ、本市の幼児教育・保育を取り巻く現状及び新たな幼児教育・保育振興計画における基本理念や目指す子供像並びに基本方針について議論をいただいております。第2回の会議では、今後の市立幼稚園と保育所の役割やあり方、幼保一体に向けた案等について議論をいただいているところでございます。   もっと読む
2017-09-12 宇佐市議会 2017年09月12日 平成29年第5回定例会(第6号) 本文 これまで、すくすく子育て祝い金や、多子世帯の保育料軽減など、主に宇佐市まち・ひと・しごと創生総合戦略を推進する事業に活用しています。  平成二十八年度は七千七百二十万円を取り崩し、平成二十九年度は一億三十七万三千円を取り崩す見込みです。  今後も、本基金を積極的に活用し、子育て支援策を着実に実行、実現してまいりたいと考えています。  以上です。 ◯議長(佐田則昭君)土木課長。 もっと読む