100件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宇佐市議会 2019-09-10 2019年09月10日 令和元年第4回定例会(第2号) 本文

子供たちがみずから学んでいくきっかけとしてのQRコードICTの活用なんですと。また、さらに、何かの答えを求めるのに、問題があって答えなのではなくて、子供たち同士がお互いに連携しながら協力して、答えを導き出していくということに重きが置かれているんですというふうにも教えてくださいました。  

大分市議会 2019-07-11 令和元年子ども育成・行政改革推進特別委員会( 7月11日)

幼児教育課長、    平松子ども企画課長横川子育て支援課長、田崎子育て支援課政策監、    三島子ども企画課参事、    三原子育て支援課参事兼中央子ども家庭支援センター所長、    足立子育て支援課参事兼西部子ども家庭支援センター所長、    三崎子育て支援課参事子育て交流センター所長、井上保育幼児教育参事、    石井保育幼児教育参事、富川保育幼児教育参事、    堤保育幼児教育参事兼下郡保育所長

大分市議会 2019-07-09 令和元年第2回定例会(第7号 7月 9日)

近年急速に進展をしていますICTを利用して、私たちの暮らしがより便利になることは大変すばらしいことであり、活力ある日本社会の実現にもつながると考えます。  そこで、まずお尋ねをいたします。Society5.0の実現について、国はどのような社会を目指しているのか、市の見解とあわせて認識をお聞かせください。      

大分市議会 2019-07-08 令和元年第2回定例会(第6号 7月 8日)

今後、ICTやAI、また先週質問にもありましたが、5Gの導入などで対応は飛躍的に進歩し、行政側では業務効率の向上や人件費削減など考えられます。しかしながら、新たにデジタルデバイド是正のための人員が必要になることも考えられます。今後も市民目線で考えていただければ問題はないのではないかと思います。  

大分市議会 2019-07-03 令和元年第2回定例会(第3号 7月 3日)

現在、課題解決にはICT──情報通信技術の導入が期待されています。ICT導入に向けての本市の取り組みについてお尋ねいたします。  3、環境変動によって魚が減っているというニュースを、テレビ新聞で目にする機会がふえてきました。さらに、海岸線の埋め立てなどによる漁場環境の変化、担い手不足、漁業者の高齢化など、漁獲量減少の要因はさまざまです。

津久見市議会 2019-06-20 令和元年第 2回定例会(第2号 6月20日)

そこで、ICTロボットの活用、元気高齢者の活用などによって生産性を向上していくことが求められると考えられており、厚生労働省では、社会保障制度改革に向けて、今年の夏にも健康寿命延伸プランや医療福祉サービス改革プランを策定するとしています。今後も国の動向を注視し、その状況を見ながら、医師会や津久見中央病院、関係機関などと協議・検討をしていかなければならないと考えています。  

別府市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第1号 6月 7日)

       議第48号 別府市手数料条例の一部改正について        議第49号 別府市学校規模適正化審議会条例の一部改正について        議第50号 別府競輪市民広場の設置及び管理に関する条例の一部改正について        議第51号 別府市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める              条例の一部改正について        議第52号 別府市家庭保育事業等

宇佐市議会 2019-03-19 2019年03月19日 平成31年第1回定例会(第6号) 本文

また、処遇改善に係る加算率の変更や、国の保育単価が〇・八%上昇する改定が行われたことにより、増額補正及び財源更正を行う保育所措置費二千九百三十五万五千円の増額。建設事業費の金額確定及び事業進捗率の変更による減額補正及び財源更正として、保育所緊急整備事業九千四百二万三千円などの減額。  

大分市議会 2019-03-14 平成31年厚生常任委員会( 3月14日)

内容に関しては、これから権限移譲になって、保育の質が重要になってくると思いますので、その点はまた今後しっかりと見ていただくように要望しておきたいと思います。  201ページの乳児家庭全戸訪問事業です。嘱託職員が4名ということになっています。毎回聞いているかもしれませんが、今、1人当たり対応が何人で、どれぐらいの世帯を訪問しているかについてわかりますか。

大分市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4号 3月13日)

それでは2点目に、保育の質について伺います。  今回の無償化は、保育の質について、特に認可保育施設が無償化の対象となることで、認可施設の固定化が進み、保育環境の改善におくれが生じるのではないかとの点が懸念されています。  無償化は、一時預かり事業、病児保育事業及びファミリー・サポート・センター事業などを含み、認可保育施設も対象とされています。

別府市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第3号 3月11日)

次に、障害福祉課関係では、就労継続支援B型の利用者増加に伴い、自立支援給付に要する経費の追加額を、並びに障がい児の通所支援に対する児童発達支援給付費等の追加額などを計上、子育て支援課関係では、児童手当や子ども医療費等の扶助費の減額を初め、保育所のICT推進事業事故防止推進事業に係る補助金の減額などを計上、高齢者福祉課関係では、ひとまもり・おでかけ支援事業について、バス回数券の販売冊数の実績数値に

宇佐市議会 2019-03-01 2019年03月01日 平成31年第1回定例会(第4号) 本文

また、放課後児童クラブは、議員御指摘のとおり、保育所等と同様に、児童虐待の早期発見と適切な対応のための一助となるものと感じており、市といたしましても、セーフティーネットとしての役割を期待しておるところであります。  そこで、市では、利用したい人が利用できるよう、新たに施設の開設や増設の計画をしております。  

宇佐市議会 2019-02-27 2019年02月27日 平成31年第1回定例会(第2号) 本文

二点目、未来の保育士不足を見据えた人員確保の取り組みはについてですが、本市では県内他市にはない独自事業として、保育士等の確保対策事業を実施しており、本事業は入所児童数から算定される基準保育士等の数を上回って、年度当初から継続的に雇用した保育士等に係る人件費の一部を補助するもので、安定した保育士等を確保することで育休後の予約申し込みができ、安心して出産、子育てができる環境整備や転入者への受け入れ態勢の