運営者 Bitlet 姉妹サービス
370件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-25 別府市議会 平成30年第2回定例会(第5号 6月25日) この中の写真で、この中で「週一元気アップ体操」の取り組みが紹介されていたのですけれども、たまたまというのですかね、浜町1区、私の居住地なのですけれども、公民館で高齢者福祉課の声かけにより、ことしの4月から「週一元気アップ体操」を開始しております。 もっと読む
2018-06-19 豊後大野市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月19日−03号 また、地域においては、介護予防として、市内18カ所の公民館等で元気のでる体操教室や市内7カ所を拠点にしたコミュニティカフェ等で、器具を使わず気軽にできる体操の普及を図っております。  また、保健師等が地域で行う健康教室では、県が作成した元気アップ体操や既存のパンフレット等を活用し、安全で効果的に健康づくりにつながるストレッチや体操を取り入れています。   もっと読む
2018-03-16 別府市議会 平成30年第1回定例会(第4号 3月16日) 市長の写真も体操しているポーズが載っていまして、確かになと思いました。   もっと読む
2018-03-06 豊後大野市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−03号 また、地域のサロンや介護予防教室等で歯科健康教室を行い、2月末現在で12回、延べ257人に対し、口腔機能の向上につながる口腔体操の実施や、かむことの効用、歯と口の健康が全身の健康状態と深く関わり、生涯において生きる力や生きがいを支え、生活習慣病予防や健康寿命の延伸につながること等について、普及・啓発を図りました。   もっと読む
2018-01-25 大分市議会 平成30年厚生常任委員会( 1月25日) ○書記   9番は、健康体操に関する意見になっており、対応案は①としております。  なお、9番につきましては複数意見がございまして、総務常任委員会、経済環境常任委員会、議会活性化推進会議にも割り振りをされております。 ○倉掛委員長   委員会として考えられる対応案は①としておりますが、よろしいでしょうか。  〔「異議なし」の声〕 ○倉掛委員長   それでは、対応は①とします。   もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) 学校指定用品といたしましては、補助バッグ、スリッパ、冬の体操服の上下、夏の体操服の上下、体育館シューズなどがあり、全て購入いたしますと、約2万円になります。このほかにも柔道着やカバン、通学靴なども必要に応じて購入することになります。 ○18番(松川峰生君) 制服代になりますと、その制服の値段では多少差がありますけれども、今お聞きした中で合計しますと5万円前後になるかなと思います。 もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) 学校指定用品といたしましては、補助バッグ、スリッパ、冬の体操服の上下、夏の体操服の上下、体育館シューズなどがあり、全て購入いたしますと、約2万円になります。このほかにも柔道着やカバン、通学靴なども必要に応じて購入することになります。 ○18番(松川峰生君) 制服代になりますと、その制服の値段では多少差がありますけれども、今お聞きした中で合計しますと5万円前後になるかなと思います。 もっと読む
2017-12-11 大分市議会 平成29年建設常任委員会(12月11日) 4つ目は、ラジオ体操同好会の立ち上げでございます。  ラジオ体操を通して、住民同士の触れ合いや高齢者の見守りなどコミュニティーの再生を図ることを目的としております。公園で毎朝、ラジオ体操を行っている住民を中心に同好会を立ち上げ、自治会と連携して参加者を募集し、取り組みの拡大を図っていきます。実施主体は自治会でございます。  5つ目は、魅力的な公園の整備でございます。   もっと読む
2017-12-08 豊後大野市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月08日−04号 本市で行う多様なサービスですが、市といたしましては、訪問型サービスとして、いきいき生活応援隊と名づけた介護予防住民ボランティアの方が掃除、洗濯、買い物等の代行の生活支援を行う生活援助サポーター事業、そして通所型サービスでは、いきいき生活応援隊員が中心となって、体操、認知機能訓練等の活動を行う、送迎、昼食、買い物、リハビリのデイサービスを元気クラブ、そして短期集中予防サービスとしては、リハビリ専門職の もっと読む
2017-12-07 豊後大野市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月07日−03号 また、その会員の中から、講習を受けた方がボランティアトレーナーとして毎回の体操指導などを行っております。もちろん会に入っていない利用者も63名いて、平日の都合のいい時間に利用されております。   もっと読む
2017-10-05 津久見市議会 平成29年第 3回定例会(第4号10月 5日) また、患者ができるだけ病院ではなく、自宅などで療養し、介護が必要であっても、安心して暮らし続けられるよう医療・介護連携の取り組み、市民には、健康マイレージなどによる健康づくりや各地区の体操などの介護予防の普及に取り組んでいます。  今後も、市民の健康を守るため、中央病院、医師会と連携し、医療体制の確保に努めてまいりたいと考えています。  以上でございます。 もっと読む
2017-09-13 大分市議会 平成29年厚生常任委員会( 9月13日) 5の活動内容でございますけれども、主に避難所におきまして、避難者の健康状態の把握、健康相談、体操などの指導、そういったことを行っています。その他、感染症の予防対策の消毒の作業のほか、日赤等の派遣された医療チームにつなぐ役目も果たしております。その他、避難所での活動状況の記録をまとめるという作業もございました。   もっと読む
2017-09-07 大分市議会 平成29年第3回定例会(第2号 9月 7日) オレンジカフェは、地域住民や介護事業者、病院等が自主的に運営しており、認知症の人とその家族を地域で支える拠点として、レクリエーション、健康体操や情報交換など、本人の状態に応じたさまざまな活動が行われているところでございます。  本市では、現在14カ所のオレンジカフェが開設されており、平成29年4月から8月までの利用者数は、約1,500名となっております。   もっと読む
2017-08-09 大分市議会 平成29年厚生常任委員会( 8月 9日) 先般7月16日の日曜日に、坂ノ市中学校グラウンドをメーン会場といたしまして、ラジオ体操・みんなの体操会に多くの方の御参加をいただきまして、無事終了することができました。本当にありがとうございました。この場をおかりしましてお礼申し上げます。   もっと読む
2017-06-21 大分市議会 平成29年厚生常任委員会( 6月21日) 委員の皆さん、お手元に配付しております、ラジオ体操・みんなの体操会チラシをごらんください。  ことしのラジオ体操・みんなの体操会は、7月16日の早朝より、坂ノ市中学校グラウンドほか32カ所において行います。このようなイベントを通しまして、市民の健康づくりに対する意識の醸成と、世代間交流の促進を図ってまいりたいと考えております。   もっと読む
2017-06-21 豊後大野市議会 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月21日−04号 週1回の健康づくり体操教室、それから声を出すことがいいということで歌声とか、脳トレ等をしながら元気に楽しく市民が集える場ということで、介護予防に努めているところでございます。  また、そちらに出向くことができない方につきましては、各自治会単位でも週1回の体操教室ということで、これも昨年から実施しているところでございます。   もっと読む
2017-06-20 津久見市議会 平成29年第 2回定例会(第2号 6月20日) 具体的には、日常的な挨拶とか地区のサロンや体操教室へ誘うなど、声かけで気づいた情報を市など関係機関で共有して、見守りに活用しているということでございます。   もっと読む
2017-06-19 豊後大野市議会 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月19日−02号 お達者クラブについては、ボランティアトレーナーが準備体操や器具の使い方等を会員に指導しており、現在、11人のトレーナーが対応している状況です。  器具にふぐあいが生じた場合は、トレーナーから支所に、さらに支所から健康推進室に報告してもらうようにしております。また、担当保健師が支所に出向いた際には、トレーナーや支所職員等との連携を図り、器具等の状況把握に努めております。   もっと読む
2017-06-13 別府市議会 平成29年第2回定例会(第4号 6月13日) ○1番(阿部真一君) 14競技、12会場で行われたということで、べっぷアリーナでは新体操、バレー、バスケット、そしてサッカーが実相寺グラウンド、軟式野球であれば市民球場、実相寺球場を使って、いろんな会場で中学生最後の競技を、手に汗握る戦いが繰り広げられております。  この会場、別府市内いろんなスポーツ会場があります。 もっと読む
2017-03-23 大分市議会 平成29年第1回定例会(第6号 3月23日) 特に、先ほど述べました中央公園については、毎日、100名を超える地域の方々がラジオ体操、グラウンドゴルフ、散歩などを行っており、住民にとって、まさに触れ合える公園となっています。  この背景には、行政と地元が連携し、取り組んできたことはもちろん、地元の自治会や住民の皆さんがこの事業を理解し、協力してきたからだと思います。  そこで、2点についてお伺いいたします。   もっと読む