1835件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宇佐市議会 2019-05-10 2019年05月10日 令和元年第2回臨時会〔資料〕

泰秀┃ ┗━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛ 各種委員等 ○宇佐・高田・国東広域事務組合議会議員(六人)    井本裕明 議員   辛島光司 議員   林  寛 議員    高橋宜宏 議員   浜永義機 議員   衛藤博幸 議員大分県後期高齢者医療広域連合議会議員(一人)  川谷光紹 議員 ○宇佐市公務災害補償等認定委員会委員(一人)  新開洋一 議員 ○宇佐市交通安全推進協議会顧問

宇佐市議会 2019-05-10 2019年05月10日 令和元年第2回臨時会(第1号) 本文

  二.行政機構の改善について   三.予算及び出納について   四.市税の賦課徴収について   五.市有財産の管理及び取得並びに処分について   六.職員の定数及び勤務条件について   七.消防防災について   八.自治振興について   九.市政の広報公聴及び統計について   十.人権啓発について  十一.情報公開について  十二.国民年金について  十三.地域情報化の推進について  十四.交通安全対策

大分市議会 2019-04-17 平成31年文教常任委員会( 4月17日)

「本委員会としては、今後も通学路の安心・安全対策に注視していきます」。 ○安東委員長   通学路の安全についてですが、皆さんのほうから意見等ありませんか。 ○エイジ委員   安全対策に、でいいんですか。安全対策をじゃないですか。 ○安東委員長   をのような気がする。 ○エイジ委員   小さいことですけど、何かちょっと違和感があります。 ○安東委員長   正副委員長案に一任でよろしいですか。  

宇佐市議会 2019-03-19 2019年03月19日 平成31年第1回定例会(第6号) 本文

  二.行政機構の改善について   三.予算及び出納について   四.市税の賦課徴収について   五.市有財産の管理及び取得並びに処分について   六.職員の定数及び勤務条件について   七.消防防災について   八.自治振興について   九.市政の広報公聴及び統計について   十.人権啓発について  十一.情報公開について  十二.国民年金について  十三.地域情報化の推進について  十四.交通安全対策

大分市議会 2019-03-18 平成31年地域活性化対策特別委員会( 3月18日)

和田企画課参事補、山口企画課参事補   (商工労働観光部)    戸田商工労働観光部長、玉野井商工労働観光部審議監、    佐々木商工労働観光次長兼商工労政課長、藤田商工労政課参事、    後商工労政課参事補   (都市計画部)    清水都市計画部長、朝野都市計画次長、吉田都市計画次長、    釘宮都市計画次長都市計画課長、姫野都市計画次長兼まちなみ企画課長、    宮下都市計画次長都市交通対策課長

大分市議会 2019-03-15 平成31年文教常任委員会( 3月15日)

なお、本日は、常任委員会終了後、子ども育成行政改革推進特別委員会及び総合交通対策特別委員会が開催予定でありますので、関係する委員につきましては、出席方よろしくお願いいたします。  また、審査中となっていました陳情3件につきましては、執行部からの報告事項が全て終わった後に審査いたしたいと思います。よろしいでしょうか。  

大分市議会 2019-03-15 平成31年総合交通対策特別委員会( 3月15日)

委員会は、交通体系、公共交通及び交通安全対策に関する調査を所管事項としております。委員の皆様の活発な議論と、執行部の明確な答弁により、委員会が円滑に運営できるよう、皆様方の御協力をお願いいたしまして、御挨拶とさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。  ここで、都市計画部長から発言の申し出がありましたので、これを受けます。 ○清水都市計画部長   都市計画部長の清水でございます。  

大分市議会 2019-03-15 平成31年建設常任委員会( 3月15日)

、堤まちなみ整備課長、    山村開発建築指導課長、分藤公園緑地課長橋本都市計画政策監、    安達都市計画参事、内田まちなみ企画課参事、首藤都市交通対策参事、    黒枝都市交通対策参事、雨川都市交通対策参事、三嶋開発建築指導参事、    後藤開発建築指導参事、篠田開発建築指導参事兼開発指導室長、    足立開発建築指導参事、小花まちなみ整備課参事、岩本まちなみ整備課参事、    

大分市議会 2019-03-14 平成31年建設常任委員会( 3月14日)

私ども、土木建築部は、道路、橋梁の新設、維持管理や交通安全対策のほか、河川改修、砂防事業、市営住宅を初めとする住宅関連事業、市有施設建設等、さまざまな事業を所管しております。  市民ニーズの的確な把握と効率的、効果的かつ迅速な業務の遂行に努める中で、安全、安心な市民生活を支えるまちづくりに職員一丸となって取り組む所存でございますので、よろしくお願いいたします。  

大分市議会 2019-03-14 平成31年経済環境常任委員会( 3月14日)

2項目め、新環境センターの交通問題や環境面での問題などについての御意見でございます。  回答でございますが、「新環境センターの整備に向け、現在、建設候補地での地元説明会を順次行っており、その中でも交通渋滞環境への影響が懸念されるなど様々なご意見をいただいているところであります。 

大分市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第3号 3月12日)

具体的に居住等を誘導するためのツールとしては、市内の空き家、空き地の情報を提供する住み替え情報バンク制度や、地域の特性や個性を生かしたまちづくりに支援する都市再生整備計画事業、公共交通の運行の効率化を図る地域公共交通再編実施計画の推進などであります。  これらの施策、事業や都市計画制度などを活用し、交通利便性の高い市街化区域内を基本に、居住及び都市機能の維持、誘導を図ることとしております。  

津久見市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会(第3号 3月12日)

しかしそこは、ハザードマップに2メートルから5メートルの浸水区域となったままであり、安全地帯になったわけではありません。  市民安全保障されない限り、津久見港埋立地への新庁舎建設には断固反対の意思を表明いたします。  私は、今回市民生命財産を守る観点から、防災減災の提案と質問を行います。  

津久見市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会(第2号 3月11日)

しかし、市民が住みなれた場所で心豊かに、安心・安全に暮らすまちづくりを目指すのであれば、避けては通れない問題です。  日本のほとんどの自治体が超高齢社会になり、バリアフリーやユニバーサルデザインと、福祉のまちづくりを目指し、力を入れています。  本市は、離島、半島部があり、免許返納者や交通弱者にとって、JRは市外へ行くときの大切な交通手段になっています。

大分市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2号 3月11日)

市民生命財産を守ることが至上命題である基礎自治体ですから、道路復旧のための工事や、災害発災時の交通どめのための標示物の設置などは、その災害進行している間にも実施することになります。  その作業を担うのは生身の人間です。災害現場に危険を承知の上で人間を送り込むわけですから、その安全保障するための体制は十二分に確立しておかなくてはなりません。  

宇佐市議会 2019-03-06 2019年03月06日 平成31年第1回定例会(第5号) 本文

また、第二号では、用途地域において日常生活に必要な政令で定める建築物で、騒音または振動の発生、その他の事象による住居環境の悪化を防止するために必要な国土交通省令で定める措置が講じられている建築について特例許可をする場合は、公開による意見の聴取は必要ですが、建築審査会の同意は不要となります。  

津久見市議会 2019-03-04 平成31年第 1回定例会(第1号 3月 4日)

諸 般 の 報 告  意見書提出の件 ┌────────────┬──────────────────┬───────────┐ │   発 送 日    │内   容             │提 出 先      │ ├────────────┼──────────────────┼───────────┤ │平成30年12月21日 │精神障がい者に対する公共交通機関の │衆議院議長