90件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

津久見市議会 2018-12-12 平成30年第 4回定例会(第3号12月12日)

そういう面で、私たち総務常任委員会でいろいろと研究していく中で、デマンドタクシーバスというものもちょっと取り組みをしている自治体があるということで、津久見もいろいろトンネル等ができて、今までとは違うルートになって、その幹線路線から枝に伸びている地域については便数も減って、非常に利用しづらいという形になっている状況でありますが、そういう地域予約制のデマンド交通というものも私は生きてくるのではなかろうかと

別府市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第4号12月11日)

デマンドタクシーかみんなのタクシーかわかりませんが、天間地域にこれを運行しようとする話がずっとありながら、いまだに結論が出ていない。そして、最初はこうだったのですよ。天間・大所・小坂線ということで始まった。いつの間にか大所、小坂が消えて天間だけになった。その理由を含めてこの天間の件について御答弁ください。 ○総合政策課長(柏木正義君) お答えいたします。  

宇佐市議会 2018-12-06 2018年12月06日 平成30年第4回定例会(第4号) 本文

│      ┃ ┃      │ (2)バス停まで行けない方は、タクシーよ  │      ┃ ┃      │  り低額なデマンドバスや乗り合いタク  │      ┃ ┃      │  シーを望んでいる。宇佐市でも実施を  │      ┃ ┃      │  検討してはどうか。          

臼杵市議会 2018-09-26 平成30年  9月 定例会-09月26日−04号

記 [総務委員会]  1.継続審査(調査)事件 ①公共交通施策(デマンドタクシー)について               ②定住促進施策(小矢部市定住促進奨学金返還助成金事業)について  2.場所         ①富山県射水市・②富山県小矢部市  3.期間         平成30年10月22日から10月24日までの3日間 [建設産業委員会]  1.継続審査(調査)事件 ①高田公園長寿命化計画について

宇佐市議会 2018-03-01 2018年03月01日 平成30年第1回定例会(第3号) 本文

本市では、平成二十八年一月から二月まで安心院の津房地区で大分県のくらしの和づくり応援事業を活用し、まちづくり協議会主体となった市内初のデマンド実験運行が行われましたが、利用状況が低調であったこと、また、タクシー事業者から、デマンド交通を利用した方は本来のタクシーの利用者のため、売り上げが減少したことなどの課題が寄せられたと伺っております。  

竹田市議会 2018-03-01 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月01日−01号

地域交通対策費に路線バスデマンドタクシーの運行による地域公共交通の確保維持経費を計上し、国庫補助金を活用した利用意向調査、公共交通マップ・時刻表作成業務委託事業に取り組みます。特別交付税で財源措置される地域おこし協力推進事業及び集落支援員設置事業にも継続的に取り組み、任期が満了する協力隊員の定住を支援する事業も併せて実施します。

別府市議会 2017-12-14 平成29年第4回定例会(第4号12月14日)

続きまして、デマンドタクシーにつきまして質問をいたします。これにつきましては、3点質問したいと思います。  まず、東山地区で実証運行を行っている事前予約型のデマンドタクシーの利用状況、それから利用者からの感想・意見、これはどうなっているのか。また、今後の取り組みについてどう考えていらっしゃるのかですね。それから、以前、私は福岡の八女等の状況も質問したことがございました。

宇佐市議会 2017-12-06 2017年12月06日 平成29年第6回定例会(第3号) 本文

で、おっしゃるように、今、この公共交通の問題に関しましては、高齢者の問題、多くの議員さんから御質問をいただいておりまして、最初の回答にもありますけども、タクシー助成がいいのか、デマンドがいいのか、いろんな方法を今検討しております。その中で、これ時間かかるもので、ちょっと今かかっておりますけども、このままの状況ではなくて一歩踏み込んだ対策を何か考えるべきだというふうに思っております。  

竹田市議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月14日−04号

一方で、今回、試験運行を大野竹田交通さんと竹田市タクシー協会さんにお願いしておりますけれども、バス会社タクシー業者が共同で取り組んでいただいたこと、また、タクシー事業者がバス等で行っております乗合事業に参画する経験値を積んでいただいたことで、今度予定しておりますデマンド型乗合自動車などへの運行へ進むきっかけの一つになったというふうに考えております。

宇佐市議会 2017-06-15 2017年06月15日 平成29年第3回定例会(第4号) 本文

自治委員さんを通して等の意見になると思いますし、また、先ほどアンケートの話をしましたけども、そういった部分では拾い上げることができるかと思いますけども、最新の情報としてですね、例えば、今いろいろコミュニティバスの行き詰まりっていいますか、利用者少なくなってきてることに対して、デマンド等の御意見も議会の中でいただいてるところでございます。

竹田市議会 2017-06-12 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月12日−02号

今年度、竹田市企画情報課が担当し、デマンド交通を導入した移送サービス事業を、モデル地域を定めて実施する計画があります。そのため、この事業によるサービス以外での対応が考えられる支援として、高齢者などを対象に、どのような移動サービスの提供が実現できるのかの検討を進めていくこととしています。

大分市議会 2017-03-27 平成29年総合交通対策特別委員会( 3月27日)

1つ目が、紫色で示す、広域的に本市と他市町村を結ぶ公共交通幹線軸、2つ目が、拠点間を結ぶ拠点間連携軸、3つ目が、循環型交通など拠点の形成を支える拠点形成促進軸、そして4つ目が、拠点や公共交通幹線軸周辺のデマンド交通域でございます。これらの軸を担う公共交通機関については、上段の表に整理いたしております。  次に、資料2−3の冊子をお開きください。  

大分市議会 2017-03-27 平成29年建設常任委員会( 3月27日)

図の中では、公共交通を大きく4つに分類しておりまして、1つ目が、紫色で示します、広域的に本市ほか市町村などを結ぶ公共交通幹線軸、2つ目が、拠点間を結ぶ拠点間連携軸、3つ目が、循環型交通など拠点の形成を支える拠点形成促進軸、そして4つ目が、拠点や公共交通幹線軸周辺のデマンド交通域でございます。これらの軸を担う公共交通については、上段の表に整理いたしております。  

宇佐市議会 2017-03-02 2017年03月02日 平成29年第1回定例会(第5号) 本文

自治体によっては、デマンドタクシーの運行や免許返納者には当市以上のバスタクシーの割引制度などを導入しているところもあります。先日の答弁の中で、宇佐市は先進地であるという発言をされていましたが、他県の例を聞くに、相当進んだ自治体があるんじゃないでしょうか。逆に、県下で今の内容でも先進地だと言うなら、なおさら先頭を切って実施をすべきではないでしょうか。前向きな答弁をお願いいたします。