運営者 Bitlet 姉妹サービス
159件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-25 別府市議会 平成30年第2回定例会(第5号 6月25日) このごみ出し問題、ごみネットについては、カラスが来る、猫が来てネットを取ってごみを出していくというふうに言われていまして、うちの近くのごみ出しの置き場もそういうふうな状況がございました。 もっと読む
2017-11-06 大分市議会 平成29年経済環境常任委員会(11月 6日) (6)の収入の使途に関することでは16件で、機械化による分別の単純化、カラス対策などごみステーションの整備に係る御意見、水切りに係る御意見などをいただきました。見直し素案でごみステーションの設置等補助金については、補助限度額の引き上げを行うこととしておりますが、さらに補助対象の拡充を図ることとしております。  (7)の不法投棄に関することでは2件。   もっと読む
2017-09-12 竹田市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月12日−02号 イノシシ、シカ、タヌキ、カラス等の被害を、農業共済のデータや農家からの聞き取りを基に被害状況を推計しています。昨年度の被害は28.5ヘクタール、被害額は2,097万2,600円の被害となっているようです。 もっと読む
2017-09-07 大分市議会 平成29年第3回定例会(第2号 9月 7日) このようなごみステーションにつきましては、市民生活に欠かせないものであり、特に道路上において、強風時のごみ飛散防止やカラス・猫対策に効果を発揮する移動可能な折り畳み式箱型ネットについても、かぶせネットと同様に、6月議会後、新たに補助対象としたところであります。   もっと読む
2017-06-23 大分市議会 平成29年経済環境常任委員会( 6月23日) ○滋野林業水産課長   委託費は、試験的に飛ばすことなどにより、新たに猿を追い払う小型ドローンの開発、それとカラスを追い払う小型ドローンの開発、そして、猿、イノシシ、カラスを追い払う地上のシステムの開発など、そういったものを全て委託して、約520万円となっています。  それで、猿を追い払うために、どういう仕掛けが効果があるのかを検証したいということでございます。 もっと読む
2017-06-20 大分市議会 平成29年第2回定例会(第4号 6月20日) また、カラスや猫等が集積したごみを荒らし、散らすことから、箱物ごみステーションの設置を推奨しており、平成26年から大分市ごみステーション設置補助事業等の施策を行い、これを推進しております。  しかしながら、現状、まちを歩いてみますと、古い団地等を初めとして多くのステーションが道路上にあることが見受けられます。 もっと読む
2017-03-24 大分市議会 平成29年経済環境常任委員会( 3月24日) 23ページ以降のご意見・ご要望では、有料化賛成・反対、手数料が高い・安い、袋を丈夫にしてほしい、ごみステーションのカラス対策やマナーについての御意見をいただいたところでございます。  報告事項にお戻りいただいて、報告事項4の2の②になりますが、平成28年7月からは家庭ごみ有料化についてのご意見拝聴会を実施しており、2月末現在で、51校区58会場で実施しております。 もっと読む
2017-03-21 別府市議会 平成29年第1回定例会(第6号 3月21日) 検査する野鳥の具体的な死亡数ですが、通常時の対応レベル1では、コブハクチョウ、オオタカ、オシドリなど18種が、リスク種1で1羽以上、マガモ、カイツブリ、ユリカモメ等17種が、リスク種2で3羽以上、リスク種1または2に含まれないカモ類、カモメ類、タカ目などがリスク種3で10羽以上、カラス、ハト、スズメなどその他の鳥が10羽以上の場合となっております。 もっと読む
2017-03-21 別府市議会 平成29年第1回定例会(第6号 3月21日) 検査する野鳥の具体的な死亡数ですが、通常時の対応レベル1では、コブハクチョウ、オオタカ、オシドリなど18種が、リスク種1で1羽以上、マガモ、カイツブリ、ユリカモメ等17種が、リスク種2で3羽以上、リスク種1または2に含まれないカモ類、カモメ類、タカ目などがリスク種3で10羽以上、カラス、ハト、スズメなどその他の鳥が10羽以上の場合となっております。 もっと読む
2016-12-12 大分市議会 平成28年厚生常任委員会(12月12日) それで、カラスの被害が非常に気になりますが、パートナー制度に登録している方はごみ袋をもらえるのに対して、カラスの被害等を片づけた方は自腹になっていて、ボランティア扱いとはなっていないのではないかと思うのですけれど、その辺の苦情、御意見等はありませんか。 もっと読む
2016-12-09 大分市議会 平成28年経済常任委員会(12月 9日) 次に、ドローンの機能でございますが、ドローンの主な目的が、猿やカラスの追い払いを目的としておりますので、被害の多い果樹園で、上空からレーザーや光、威嚇の音、嫌がるにおいなどを出せるようになっております。そういった機能を組み合わせながら効果のある仕掛けを見出すとともに、実用化に向けた課題も検証していきたいと考えております。   もっと読む
2016-12-08 豊後大野市議会 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月08日−03号 表現が悪いですけれども、カラスが鳴かない日はあっても、いじめ問題がテレビで放送されない日はないというぐらい、教育長、ありますわね。けさもあっていましたよ。  だから、こういう回答書は、調査の結果--きれいごとではないんですけれども、回答書をいただいています。これは立派な回答書だと思いますけれども、やはり教員というものは、心から入れて教職員をやる。 もっと読む
2016-12-07 竹田市議会 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月07日−03号 一方、平成26年度の本市の有害鳥獣被害を見てみますと、最も被害を及ぼしている鳥獣はイノシシで、被害の約78%、続いてシカの17%、カラス等鳥類の2%、その他3%であり、イノシシ対策が急務となっておりました。作物別で見ますと被害額が最も多いのは水稲であり、全体の約72%に上っており、続いて樹木の10%、飼料作物の8%と続いています。 もっと読む
2016-12-07 大分市議会 平成28年第4回定例会(第3号12月 7日) 今まで地上からではなく木を伝ってくる猿、または上空から飛来するカラスなどについては対策が困難な面があり、手を焼いていたのではないかと思います。産業用ドローンの活用という先進的な取り組みには、対策の意味での停滞から脱出ができ、駆除ではないものの撃退するという意味では効果が期待できます。   もっと読む
2016-12-06 竹田市議会 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月06日−02号 現に別府市がサルの被害、離れザルの被害ということで、それとかカラスですかね、その中で、追い払うことで犬を利用するということ、今、実証実験に入っております。たまたま別府市はサルの被害に対してですが、竹田市等を考えれば、イノシシ、シカを追い払うために、山奥に追い払うためにということを考えれば、それも一つになるのではないかなと思っております。その見解を求めます。 もっと読む
2016-09-23 中津市議会 平成 28年 9月定例会(第3回)-09月23日−05号 先月、私の地域で、現在あるごみ集積ボックスのごみが、週末明け、入りきれず、外においているとカラスがつっつき、ごみが散乱することがたびたびありました。  そこで、関係者に相談し、新たに製作業者に見積もりをお願いしました。現在ある大きさは、幅90センチメートル、長さ1メートル90センチメートル、高さ1メートル50センチメートルであります。ちなみに、現在利用している世帯数は32世帯です。 もっと読む
2016-09-20 大分市議会 平成28年決算審査特別委員会( 9月20日 厚生分科会) どうしても道路になると通行の支障になったり、カラスの害ということも考えられますので、地域のごみステーションについても、どうやって地域の要望に沿うかをぜひ検討していただきたいと思います。  それから、家庭ごみ有料化の評価に関しては、余り成果が上がっていないのではないかと考えますが、3年ごとの見直しということもありましたので、今後、見直しに向けての準備等も考えていらっしゃるのでしょうか。 もっと読む
2016-09-14 大分市議会 平成28年厚生常任委員会( 9月14日) 問12の有料化の実施に伴い拡充した事業で、さらに充実してほしいものにつきましては、ごみステーション設置等補助金が36.7%で最も高く、その他の御意見でも、カラス対策の回答をいただいておりますことから、ごみステーションへの関心が高いことがうかがえます。  20ページをごらんください。 もっと読む
2016-09-13 大分市議会 平成28年経済常任委員会( 9月13日) ○安藤林業水産課長   鷹匠さんから、直接猿をターゲットにしたわけではないが、カラスをターゲットにしていたときに鷹が猿を追い払ったり、山に逃げていったという例を聞きました。それが実際田ノ浦地区の猿にどうなのかということも含めまして、今回は試行的にしたという状況でございます。 もっと読む
2016-09-13 別府市議会 平成28年第3回定例会(第3号 9月13日) 市長、猿、イノシシ、鹿、それに加えてカラス、もう大変なのです。日常生活に異常が出てきている。  そこで、聞きたいのだけれども、これらの被害は災害なのですか、何ですか。災害ですか。お聞きします。 ○危機管理課長(安藤紀文君) お答えいたします。  災害とは、一般的には暴風、竜巻、豪雨、地震、津波、噴火、その他異常な自然現象や放射性物質の大量な放出などを原因とする被害となります。 もっと読む