運営者 Bitlet 姉妹サービス
518件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-20 別府市議会 平成30年第1回定例会(第6号 3月20日) 主な事業といたしましては、固定資産税の減免、各種手数料の減免、奨学金の贈与、がん検診等の自己負担額の免除等があります。 ○17番(平野文活君) 全国で平成25年度の見直しのときに、例えば今まで受けられていた就学援助金が受けられなくなったとか、さまざまな影響が出ました、国から、できるだけ影響が出ないようにという通知があったにもかかわらずでありますね。 もっと読む
2018-03-16 別府市議会 平成30年第1回定例会(第4号 3月16日) 病気というのが、かつての感染症の時代から、がん、脳卒中、心臓病など生活習慣病に変化、移行してまいりました。生活習慣病を予防することは、健康寿命を伸ばす近道であると考えております。年に1度の健診に加え、日ごろの減塩、運動といったことなどで生活習慣病の予防は可能となっていると考えております。 もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) それでは、続きまして、がん対策、がん教育につきまして質問をしたいと思います。  まず、がん対策でございますけれども、国立がん研究センターによりますと、生涯を通じてがんになる確率は、男性が63%、女性が47%と言われております。 もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) それでは、続きまして、がん対策、がん教育につきまして質問をしたいと思います。  まず、がん対策でございますけれども、国立がん研究センターによりますと、生涯を通じてがんになる確率は、男性が63%、女性が47%と言われております。 もっと読む
2017-09-29 別府市議会 平成29年第3回定例会(第6号 9月29日) 厚生労働省の喫煙の健康影響に関する検討会が取りまとめた報告書(たばこ白書)では、喫煙は、肺がん、喉頭がん、胃がんなどに加え、循環器疾患や呼吸器疾患などとも因果関係があり、受動喫煙は、肺がん、虚血性心疾患、脳卒中と因果関係があることが示されている。また、国立がん研究センターは、受動喫煙による死亡者数を年間約1万5,000人と推計している。   もっと読む
2017-09-29 別府市議会 平成29年第3回定例会(第6号 9月29日) 厚生労働省の喫煙の健康影響に関する検討会が取りまとめた報告書(たばこ白書)では、喫煙は、肺がん、喉頭がん、胃がんなどに加え、循環器疾患や呼吸器疾患などとも因果関係があり、受動喫煙は、肺がん、虚血性心疾患、脳卒中と因果関係があることが示されている。また、国立がん研究センターは、受動喫煙による死亡者数を年間約1万5,000人と推計している。   もっと読む
2017-09-26 別府市議会 平成29年第3回定例会(第4号 9月26日) 肝炎対策の推進に関する基本的な指針におきましては、国は、地方自治体、医療関係者と連携して肝炎ウイルスの受診促進、また検査結果が陽性である方へのフォローアップや、肝炎患者等の早期適切な肝炎医療の受診促進等の肝炎総合対策を推進することによって、肝硬変、肝がんへの移行者を減らすことを目的とし、肝がんの罹患者をできるだけ減少させることを指標とする、こういうふうに記載されています。 もっと読む
2017-09-25 別府市議会 平成29年第3回定例会(第3号 9月25日) きょうかきのうだったと思うのですけれども、子宮頸がんのワクチンを打ったのだけれども、その後遺症といいますか、副作用といいますか、ずっと苦しんでいます。そういう方も人権と言えるのかどうか。ただ、これはその勉強会でお伺いしたところによると、子宮頸がんのほうはそのワクチンが、私たちが普通考える抗原抗体のワクチンではないと、子宮粘膜に対する補強強化の薬だからなかなか消えないと。 もっと読む
2017-09-25 別府市議会 平成29年第3回定例会(第3号 9月25日) きょうかきのうだったと思うのですけれども、子宮頸がんのワクチンを打ったのだけれども、その後遺症といいますか、副作用といいますか、ずっと苦しんでいます。そういう方も人権と言えるのかどうか。ただ、これはその勉強会でお伺いしたところによると、子宮頸がんのほうはそのワクチンが、私たちが普通考える抗原抗体のワクチンではないと、子宮粘膜に対する補強強化の薬だからなかなか消えないと。 もっと読む
2017-09-20 大分市議会 平成29年決算審査特別委員会( 9月20日 厚生分科会) ○竹野健康課長   いわゆる国民健康保険の特定健診は、国保年金課が予算を持ってやっておりますが、それ以外の健診、がん検診、健康づくりは全て、健康課でやっております。また、国民健康保険のうち特定健診の健診受診率アップも、健康課が一緒に受診勧奨等しておりますし、受けた方のフォローアップ、訪問や健康相談等全て、併任辞令を保健師は持っておりますので、そういう指導も当たっております。 もっと読む
2017-09-07 大分市議会 平成29年第3回定例会(第2号 9月 7日) また、保険者としての自治体の医療費適正化の取り組みに対して国が財政支援を行う保険者努力支援制度が本格実施されることになっておりますが、同制度には、既に健康課が実施しております糖尿病等の重症化予防やがん検診などの取り組み項目が含まれ、支援のための評価項目となっております。  今後とも、こうした制度のもとでの協力を含め、より一層、両課の連携の強化に努めてまいりたいと考えております。 もっと読む
2017-06-21 大分市議会 平成29年厚生常任委員会( 6月21日) ○竹野健康課長   健康増進費について、昨年度ワンコインがん検診を開始いたしましたので、がん検診につきましては、大幅に受診率が上がっております。そのため12月の補正予算で6,000万円ほど増額いたしましたが、最終的には全体的に2割増しぐらいの受診率が上がったという形で落ち着き、見込みより少なかったということでの金額になります。 ○長田委員   具体的に数字を挙げてください。 もっと読む
2017-06-20 津久見市議会 平成29年第 2回定例会(第2号 6月20日) 国は、全ての国民が生活習慣病を中心とした疾病の予防、重症化予防のための早期受診につながることを目指し、特定健診やがん検診の受診率向上に取り組みつつ、個人や保険者の取り組みを促すインセンティブのある仕組みを構築するために、平成28年度から前倒して、特別調整交付金150億円の規模で実施しています。   もっと読む
2017-06-16 大分市議会 平成29年第2回定例会(第2号 6月16日) 感染時期が明確でないことや、自覚症状がないことが多いため、適切な時期に治療を受ける機会がなく、本人が気がつかないうちに肝硬変や肝がんへ移行する感染者が多く存在することが問題となっています。   もっと読む
2017-06-14 宇佐市議会 2017年06月14日 平成29年第3回定例会(第3号) 本文 続いて、民生部門では、今年度で六年目を迎える健康づくり事業の見直しを行い、新たに糖尿病や腎臓病等の重症化予防対策、ピロリ菌検査費の助成などのがん予防対策を推進をいたします。また、本年度から乳児に対するロタウイルスワクチン予防接種の費用助成を開始するとともに、中学生以下の子供に対するインフルエンザ予防接種の市外接種についても助成をすることといたしました。   もっと読む
2017-06-14 別府市議会 平成29年第2回定例会(第5号 6月14日) 日本人の病気というのは、かつての感染症の時代から、がん、脳卒中、心臓病といった生活習慣病へと移行をしてきております。そのため市民の健康寿命、これを延ばすためには生活習慣病を予防することが重要となってまいります。   もっと読む
2017-06-14 別府市議会 平成29年第2回定例会(第5号 6月14日) 日本人の病気というのは、かつての感染症の時代から、がん、脳卒中、心臓病といった生活習慣病へと移行をしてきております。そのため市民の健康寿命、これを延ばすためには生活習慣病を予防することが重要となってまいります。   もっと読む
2017-06-12 別府市議会 平成29年第2回定例会(第3号 6月12日) 現在、がんによる死因で3番目に多いのは肝がんでございます。原因の80%以上はB型、C型のウイルス性肝炎由来によるものと言われております。そのうちB型が15%、そしてC型が70%。この肝炎につきましては、感染時期が明確でないことや、また自覚症状がないことが多いために治療時期を逃すことが多く見られます。 もっと読む
2017-06-12 豊後大野市議会 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月12日−01号 保健・医療サービスの充実につきましては、生活習慣病対策を初めとした各種健康増進事業、中でも、特定健診や各種がん検診等への受診行動につながるよう周知・普及啓発を細やかに行うとともに、健康教室や個別保健指導等への取り組み強化を図ってまいります。   もっと読む
2017-06-02 宇佐市議会 2017年06月02日 平成29年第3回定例会(第1号) 本文 次に、衛生費についてですが、保健事業関係では、今年度で六年目を迎える健康づくり事業の見直しを行い、健康チャレンジの充実などの取り組みに加え、新たに糖尿病や腎臓病等の重症化予防対策、ピロリ菌検査費の助成などのがん予防対策を推進いたします。また、従来の減塩キャンペーンとともに、糖尿病予防としてバランスのとれた食事を推進する適糖キャンペーンを実施することで、食育の面からも市民の健康増進を図ります。 もっと読む