運営者 Bitlet 姉妹サービス
10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2018-03-23 別府市議会 平成30年第1回定例会(第7号 3月23日) 超高齢化社会における利用者ニーズの多様化、訪日外国人の増加、IOT環境の進展などを勘案しての動きと推察するものではあるが、もとより、この問題において最も重視されるべきは、交通政策基本法及びこれを踏まえた関係法令の精神たる「安全の確保」であることは、論を待たないところである。 もっと読む
2017-12-19 別府市議会 平成29年第4回定例会(第6号12月19日) 小中学校におけるプログラミング必修化に対して支援を求める意見書  インターネットの単なる普及にとどまらず、インターネットを活用したIoTの活用分野の拡大、自動車の自動運転をも可能とするAI(人工知能)の開発など、近年におけるIT技術の発展は著しく、「第四次産業革命」とも呼ばれる大きな転換期を迎えている。   もっと読む
2017-12-19 別府市議会 平成29年第4回定例会(第6号12月19日) 小中学校におけるプログラミング必修化に対して支援を求める意見書  インターネットの単なる普及にとどまらず、インターネットを活用したIoTの活用分野の拡大、自動車の自動運転をも可能とするAI(人工知能)の開発など、近年におけるIT技術の発展は著しく、「第四次産業革命」とも呼ばれる大きな転換期を迎えている。   もっと読む
2017-03-23 大分市議会 平成29年第1回定例会(第6号 3月23日) 人口減少社会における産業活動を進展させるため、IoT、AI、ロボット化などの導入が図られ、産業構造は今や大きな変化を迎えています。これからの社会は、全てのものがインターネットにつながることで、生活や働き方が根底から変わると言われ、その活動も進められております。  今日、これらの産業構造の変化について、企業や未来を担う経営者、次世代リーダーの育成が高まっていると感じています。   もっと読む
2017-03-13 津久見市議会 平成29年第 1回定例会(第2号 3月13日) これがさらにIoT等の進展によって新たな付加価値が生み出されていく中で、全てのものがネットワークにつながっていきますから、そういうものの中で本当に新しい時代に、いまだ我々がかつて経験したことのない時代に間違いなく入っていくだろうと。 もっと読む
2016-12-09 大分市議会 平成28年経済常任委員会(12月 9日) 新規就業者への研修体制の充実や施設、機械などの導入、大規模団地の整備やICT、IoT等の先進技術の導入など、重点的に施策を実施し、さらなる競争力の強化に努めていくことといたしております。   もっと読む
2016-12-07 宇佐市議会 2016年12月07日 平成28年第5回定例会(第3号) 本文 三項目め、IoT導入について。総務省は、地方自治体に対し、あらゆるものをインターネットにつなぐIoTの導入を支援すると発表しています。地方自治体にノウハウの提供をするほか、補助金の支給なども検討されていますが、本市も導入を検討してみてはどうかお聞きいたします。  初回の質問を終わります。簡潔明瞭な答弁をよろしくお願いします。 もっと読む
2016-09-08 別府市議会 平成28年第3回定例会(第2号 9月 8日) さまざまなもの、インターネットへつなぐIoTを活用し、工事などの膨大なデータを収集して分析、生産性を高めていく課題であると言われています。  そこで、本市のICT等を活用した観光産業の生産性向上に要する経費の予算が上がっていますけれども、この事業の概要について説明してください。 ○ONSENツーリズム部参事(永井正之君) お答えをいたします。   もっと読む
2016-09-08 別府市議会 平成28年第3回定例会(第2号 9月 8日) さまざまなもの、インターネットへつなぐIoTを活用し、工事などの膨大なデータを収集して分析、生産性を高めていく課題であると言われています。  そこで、本市のICT等を活用した観光産業の生産性向上に要する経費の予算が上がっていますけれども、この事業の概要について説明してください。 ○ONSENツーリズム部参事(永井正之君) お答えをいたします。   もっと読む
2015-07-07 大分市議会 平成27年第2回定例会(第3号 7月 7日) 工業の物づくりにおいては、第4次産業革命とも言われるIOTという新たなる取り組みが既に始まっています。物と機械をインターネットでつなぎ、あらゆる情報にアクセスすることで最適な条件を自動選択してくれる、それによって最適生産を図ることができるという考え方であります。   もっと読む
  • 1