20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

宇佐市議会 2017-06-28 2017年06月28日 平成29年第3回定例会(第7号) 本文

また、今回のテロ等準備罪では、一般の方々は処罰対象にならないと明記した上で、暴力団や麻薬密売などの組織犯罪集団や、重大犯罪を計画し、実際に犯罪資金の調達や凶器調達など準備行為を行うといった犯罪成立要件を例示しており、拡大解釈とならないよう歯どめもかかっております。

大分市議会 2014-09-05 平成26年第3回定例会(第2号 9月 5日)

少年と接触する機会が多い氏によれば、通常の麻薬使用者のうち3割は社会復帰するが、危険ドラッグについては残念ながらゼロですと厳しい現実を突きつけ、だから1度やったらおしまいとの危機感を示されました。  厚生労働省によりますと、危険ドラッグを使ったことのある人は40万人との推計を示しています。

中津市議会 2013-12-12 平成 25年12月定例会(第4回)-12月12日−06号

アルコールは麻薬シンナーと同様の依存性薬物の一種で、アルコールの持つ依存性により誰でも長い期間飲酒を続けるとアルコール依存症になり、一旦アルコール依存症になると、酒をやめるしか方法はなく、さらに酒を続けることで症状はどんどん進行していくため、臓器障害など合併症をもたらすだけではなく、精神の病にも陥り、ついには死に至る事例が多く見られます。  

大分市議会 2013-06-14 平成25年第2回定例会(第2号 6月14日)

麻薬覚醒剤と同程度の健康被害があるとされ、吸った後に呼吸困難や異常行動を起こし、死亡する事例もあります。違法ハーブを吸いながら車の運転をして、事故を起こした事例も少なくありません。  政府はことし3月、指定薬物を一網打尽にするために、類似薬物も一括して指定する包括指定を実施する省令施行し、従来は68物質だった指定薬物を一気に851物質に拡大し、違法ハーブに対する規制対象を大きく広げました。  

大分市議会 2011-09-15 平成23年総務常任委員会( 9月15日)

さらに、第9条の関係で、教育委員会の所管などは、これまで教育委員会と協議する中、現行中学校保健体育の中に麻薬授業があります。その麻薬授業の中で、いわゆるその麻薬の資金源が暴力団の活動を助長するというようなことを含めて、今後、中学校において授業の中でやっていきたいというふうに、今のところ教育委員会と確認をさせていただいているところでございます。

大分市議会 2011-07-14 平成23年総務常任委員会( 7月14日)

ただ1点だけ、今時点の見解は先ほども申し上げましたように、教育の現場で暴力団にかかわらないような教育を行うということで、現時点では中学校などにおきましては、保健体育の中で麻薬に関する教育をしています。その中で、暴力団の排除条例が制定できましたら、教育を中学生にしていきたいという考えでございます。なお、小学生につきましてはちょっと検討させていただきたいというふうに思います。

別府市議会 2010-03-18 平成22年第1回定例会(第8号 3月18日)

従来の覚せい剤や大麻等に加え錠剤型合成麻薬であるMDMAや麻薬と類似した違法ドラッグなど、新たな薬物の乱用が若年層を初め幅広く拡大しているというふうな状況にあると判断しております。 ○15番(松川峰生君) 県内の薬物関係で検挙者はどのくらいあったのか、わかる範囲で結構ですが、これは保健医療課でお願いします。 ○保健医療課長(伊藤慶典君) お答えいたします。  

津久見市議会 2009-12-09 平成21年第 4回定例会(第3号12月 9日)

また、近年急増している合成麻薬(MDMA)などは、検挙人員のうち少年や二十歳代の若年層が五割を占めています。魔の手は小学生にまで伸び深刻です。薬物がダイエットに効果があり、痩せられると聞くと、疑うことなく簡単に手を出し、自らの意思では止められなくなり、依存症になった女子中学生もいます。また、熊本県では、高校生が大麻を栽培し摘発されています。

大分市議会 2009-09-11 平成21年第3回定例会(第2号 9月11日)

また、近年急増している合成麻薬──MDMAなどは、検挙人数のうち、少年及び20歳代の若年層が約5割を占めており、若年世代への違法薬物汚染が浮き彫りになっています。  このような状況の中、今こそ違法薬物撲滅のチャンスと思われます。大分県と連携し、違法薬物の撲滅にさらなる行政の取り組みをお願いしたいと思います。  そこで、お伺いいたします。  

大分市議会 2008-12-09 平成20年第4回定例会(第4号12月 9日)

少年薬物汚染について、第3次薬物乱用禁止5カ年戦略は、覚せい剤での検挙人数は減少傾向にあるものの、大麻、錠剤型の合成麻薬MDMA等での検挙人数の六、七割が未成年者と20歳代によって占められているとして、青少年を中心に乱用されている状況がうかがわれると報告、さらに、携帯電話インターネットの普及によって、密売方法がより巧妙化し、乱用者にとっては薬物がより容易に入手できるようになっていると警告を発しています

大分市議会 2004-03-22 平成16年第1回定例会(第7号 3月22日)

所得税においては、麻薬や覚せい剤を販売するなどの犯罪行為によって得た所得に対しても課税されています。その発端が違法もしくは脱法行為であったとしても、その資産、不動産の現況価値に対して正確に課税することは行政義務のはずです。  農政部、都市計画部、土木建築部などとリアルタイムに情報交換をしつつ、独自の情報収集力を発揮して、厳正なる固定資産税課税を実施していただきたいと思います。

大分市議会 2004-03-18 平成16年第1回定例会(第5号 3月18日)

りに席を譲らない──よくないこと66.3%、本人の自由28.7%、地面や電車の床に座り込んでいる──よくないこと59.8%、本人の自由33.0%、授業中にメールのやりとりをする──よくないこと41.0%、本人の自由49.7%、先生に反抗する──よくないこと25.1%、本人の自由51.4%、悪いことでない20.6%、出会い系サイトを利用する──よくないこと48.5%、本人の自由45.3%、覚せい剤や麻薬

臼杵市議会 2003-03-12 平成15年  3月 定例会-03月12日−03号

麻薬、覚せい剤の問題は乱用者だけの問題ではありません。弊害をこうむるのは乱用者本人であることはもちろんですが、その悪影響は家庭社会に及び、犯罪を起こす温床にもなっています。  自分の子供は大丈夫という決めつけは薬物乱用問題については禁物です。薬物乱用に手を染めてしまったではおそいのです。必要な正しい知識を未然に教えることが重要なことで、それが最良の方法です。  

臼杵市議会 2002-12-11 平成14年 12月 定例会-12月11日−02号

合併特例債は麻薬だと、中毒に陥らないようにという発言をしていますが、まったくそのとおりだというふうに思うわけでありますが、臼杵市は合併特例債を野津町の合併の中に全額シミュレーションでは計画しているというふうに聞いておりますが、新市誕生後のどのような建設計画を立てるのか、重要で、特に特例債も10年間は起債ができるが、残る15年で一部を返済する計画になっており、後年度につけを残す計画となっております。

  • 1