2031件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

津久見市議会 2019-10-15 令和元年第 3回定例会(第5号10月15日)

年度奨学資金事業特別会計歳入歳出決算の認定について                原 案 認 定  認定第  5号 平成30年度簡易水道布設事業特別会計歳入歳出決算の認定につい          て                原 案 認 定  認定第  6号 平成30年度公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について                原 案 認 定  認定第  7号 平成30年度津久見市後期高齢医療特別会計歳入歳出決算

津久見市議会 2019-09-27 令和元年第 3回定例会(第4号 9月27日)

本件は、旧久保泊小学校を、四浦半島部における高齢福祉充実のため、介護老人保健施設つくみかんサテライトみなみとして、平成21年10月から10年間、津久見市医師会に無償貸与しており、今回その契約の貸与期間終了に伴い、再度10年間契約期間を更新するもので、委員から、施設の利用状況、運営状況について質疑があり、答弁がありました。

宇佐市議会 2019-09-27 2019年09月27日 令和元年第4回定例会(第7号) 本文

ただいま、市長から印刷配付の追加議案書のとおり、議第七十八号 平成三十年度宇佐市一般会計歳入歳出決算の認定についてから、議第八十四号 平成三十年度宇佐市後期高齢医療特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの決算認定案七件と、報告第十九号 平成三十年度宇佐市健全化判断比率の報告について及び報告第二十号 平成三十年度宇佐市資金不足比率の報告についての二件が提出をされました。  

宇佐市議会 2019-09-27 2019年09月27日 令和元年第4回定例会〔資料〕

────────────┼───┼─────┼───┨ ┃議第  │令和元年度宇佐市特定環境保全公共 │   │     │   ┃ ┃五十八号│下水道事業特別会計補正予算(第一 │ 〃 │  〃  │ 〃 ┃ ┃    │号)               │   │     │   ┃ ┠────┼─────────────────┼───┼─────┼───┨ ┃議第  │令和元年度宇佐市後期高齢医療

大分市議会 2019-09-25 令和元年決算審査特別委員会( 9月25日 全体会)

次に、平成30年度大分市国民健康保険特別会計歳入歳出決算平成30年度大分市財産特別会計歳入歳出決算平成30年度大分市土地取得特別会計歳入歳出決算平成30年度大分市後期高齢医療特別会計歳入歳出決算の4特別会計決算についてであります。  審査いたしました結果、いずれも反対意見はありませんでした。  次に、執行部に説明を求めました平成30年度重点事業の成果についてであります。  

別府市議会 2019-09-20 令和元年第3回定例会(第6号 9月20日)

その他、高齢福祉課及び社会教育課からは、来年度、解体予定の老人憩いの家や北部地区公民館なでしこ分館の解体設計委託料及びその財源となる地方債等を計上し、また、保険年金課からは、歳入として、社会保障・税番号制度におけるオンライン資格確認等の導入に係るシステム整備費補助金と、歳出として、その全額を特別会計への事務費繰出金として計上しているとの説明がなされました。  

大分市議会 2019-09-20 令和元年決算審査特別委員会( 9月20日 厚生分科会)

○書記   「本事業は、高齢地域の子どもやその親、学生等と一緒に食事をしたり、宿題や遊び地域の諸行事などによる多世代交流を行うことで、高齢の生きがいづくりや社会参加の促進につなげ、老人クラブ及び地域コミュニティの活性化を図ることを目的としている。 高齢の生きがいづくりや子供の健全育成地域コミュニティの活性化を図るためにも、本事業の必要性は高いことが認められる。 

大分市議会 2019-09-19 令和元年決算審査特別委員会( 9月19日 総務分科会)

第10款 教育費のうち市民協働推進課               第12款 公債費               第13款 予備費         平成30年度大分市国民健康保険特別会計歳入歳出決算         平成30年度大分市財産特別会計歳入歳出決算         平成30年度大分市土地取得特別会計歳入歳出決算         平成30年度大分市後期高齢医療特別会計歳入歳出決算         

津久見市議会 2019-09-18 令和元年第 3回定例会(第3号 9月18日)

要するに、歩きやすいまちが高齢健康にすると。この調査は、いわゆる文科省厚労省などが助成している一般社団法人日本老年学的評価研究機構というところのデータをもとにしておりますけども、高齢健康状態がいい自治体は、車に頼らず、外出しやすかったり、歩きやすい歩道が整っていたりするなど、日常生活で自然と歩く環境が整っている傾向があるとしております。  

別府市議会 2019-09-18 令和元年第3回定例会(第5号 9月18日)

最大は、医療費の増加要因による人口当たりに対する病床数が多い、後期高齢の受診率が高い、患者さんの入院日数が長いなどなど、要因として上げられています。  アメリカ医療サービス調査会社IQVⅠA日本法人の調べでは、平成30年間の日本医薬品国内市場は、5兆5,000億円から30年間に10兆3,000億円、約2倍に拡大しています。

大分市議会 2019-09-18 令和元年決算審査特別委員会( 9月18日 厚生分科会)

高齢地域子供やその親、学生等と一緒に食事をしたり、宿題や遊び地域の諸行事などによる多世代交流を行うことで、高齢の生きがいづくりや社会参加の促進を図り、老人クラブ及び地域コミュニティーの活性化を図る。  対象と手段でございます。老人クラブやおおむね60歳以上の地域住民で構成する営利を目的としない団体となります。  続きまして、活動内容です。

大分市議会 2019-09-18 令和元年決算審査特別委員会( 9月18日 総務分科会)

本分科会では、第2款総務費のうち、高齢運転免許自主返納促進事業、武漢事務所業務委託事業、スポーツ・オブ・ハート2018開催事業が評価対象となっております。  それでは、提出された事務事業評価シートをもとに、執行部から説明を受けます。  まず、高齢運転免許自主返納促進事業について、執行部の説明を求めます。

大分市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第5号 9月17日)

最後に、今回新たに付託されました令和元年陳情第7号、高齢ワンコインバス事業の現行制度の継続を求める陳情につきましては、審査いたしました結果、一部採択を求める意見がありましたが、不採択とすることに決定いたしました。  以上で、厚生常任委員長報告を終わります。 ○議長(野尻哲雄) 次に文教常任委員長。28番、安東議員

別府市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第3号 9月13日)

ただ、高齢は、市のホームページ、携帯での情報入手が難しいな、高齢の方は。私は思います。高齢の方は、携帯を持っている方も音でびっくりする方もいて、いまだに「あれは何か」というふうな話を聞きます。そして、やはり高齢になると携帯とパソコンを持ち合わせていない人がいます。  

大分市議会 2019-09-13 令和元年地域活性化対策特別委員会( 9月13日)

概要といたしましては、商業施設、オフィス、貸し会議室、カフェ、フィットネス、専門学校などの教育機関子育て支援施設高齢施設などが提案されております。  報告事項1-3、1-4をごらんください。この資料に関しましても、最下段の赤枠で囲んでおりますところが民間が整備する提案内容でございます。  

宇佐市議会 2019-09-13 2019年09月13日 令和元年第4回定例会(第5号) 本文

│       ┃ ┃      │ (3)介護予防教室高齢ふれあいサロン  │       ┃ ┃      │  の開設状況と今後の課題は。      │       ┃ ┃      │ (4)高齢「食」の自立支援事業の現状と  │       ┃ ┃      │  課題は。