運営者 Bitlet 姉妹サービス
645件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-25 別府市議会 平成30年第2回定例会(第5号 6月25日) 本市におきましては、将来の人口減少、少子高齢社会を見据え、地域が連携することにより自治機能を維持し、複雑多様化する地域課題の解決に向けて、ひとまもり・まちまもり自治区形成事業に取り組んでいるところでございます。   もっと読む
2018-03-23 豊後大野市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月23日−05号 今後は、超高齢社会を迎え、介護保険財政の悪化が懸念されるが、介護を必要とされる方々の増加傾向は続くものと思われることから、地域包括ケアシステムの中核的な役割を担う地域包括支援センターの強化や在宅医療・介護連携の推進、さらには高齢者の自立支援・重度化防止の積極的な取り組みを進めるとともに、より一層の安定した介護保険事業を継続していただくようお願い申し上げ、私の賛成討論といたします。 もっと読む
2018-03-23 別府市議会 平成30年第1回定例会(第7号 3月23日) 高齢社会における利用者ニーズの多様化、訪日外国人の増加、IOT環境の進展などを勘案しての動きと推察するものではあるが、もとより、この問題において最も重視されるべきは、交通政策基本法及びこれを踏まえた関係法令の精神たる「安全の確保」であることは、論を待たないところである。 もっと読む
2018-03-20 別府市議会 平成30年第1回定例会(第6号 3月20日) これは高齢社会を反映し、年々ますます増加しています。社人研の日本将来統計人口、平成17年度によりますと、24年には150万人、30年には160万人、団塊世代、私たちがそこまで生きるかどうかは別にしても、90から92歳になるころには168万人というふうに言われています。  そこで、別府市の平成29年からおよそ40年の推計人口及び死亡者数の見込みについて伺いたいと思います。 もっと読む
2018-03-12 竹田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月12日−04号 時代とともにその目的も、地域住民の日常生活に密着した施設としての機能が求められることとなり、現在では少子高齢社会を迎えた中、地域における連帯感を醸成し、そして地域の人々の生活に根差した自治活動の中核となる施設であることが求められてきております。議員がおっしゃるとおり、全国的に公民館がコミュニティセンター化する流れがあります。 もっと読む
2017-12-19 別府市議会 平成29年第4回定例会(第6号12月19日) これに対し委員から、今後さらに加速する高齢社会において、この事業の継続をどのように考えているのかとの質疑に対し、当局から、他課で実施されているバス回数券の額面金額の半額を補助する高齢者向けの支援事業が本年度より開始されたことから、市全体の高齢者事業も十分考慮し、縮小または廃止の方向も視野に入れ検討していくとの答弁がなされました。 もっと読む
2017-12-19 別府市議会 平成29年第4回定例会(第6号12月19日) これに対し委員から、今後さらに加速する高齢社会において、この事業の継続をどのように考えているのかとの質疑に対し、当局から、他課で実施されているバス回数券の額面金額の半額を補助する高齢者向けの支援事業が本年度より開始されたことから、市全体の高齢者事業も十分考慮し、縮小または廃止の方向も視野に入れ検討していくとの答弁がなされました。 もっと読む
2017-12-15 別府市議会 平成29年第4回定例会(第5号12月15日) 先ほど来、課長の答弁の中にもありましたように、今後進展するであろう人口減少、少子高齢社会の中で、将来にわたり自治機能を維持していくことをまず考えなければならないと思います。 もっと読む
2017-12-15 別府市議会 平成29年第4回定例会(第5号12月15日) 先ほど来、課長の答弁の中にもありましたように、今後進展するであろう人口減少、少子高齢社会の中で、将来にわたり自治機能を維持していくことをまず考えなければならないと思います。 もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) そのような活動の中で、消防団員の人口減少、高齢社会の進展で、特に過疎地域では消防団員の減少が心配されているようであります。  そこで、現在の別府市消防団員数については、きのうの1番議員の答弁内容、428人とお聞きをしましたが、過去3年間の推移及び市街地の団員数と山間部の団員数について教えてください。 ○消防本部次長兼庶務課長(後藤浩司君) お答えいたします。   もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) そのような活動の中で、消防団員の人口減少、高齢社会の進展で、特に過疎地域では消防団員の減少が心配されているようであります。  そこで、現在の別府市消防団員数については、きのうの1番議員の答弁内容、428人とお聞きをしましたが、過去3年間の推移及び市街地の団員数と山間部の団員数について教えてください。 ○消防本部次長兼庶務課長(後藤浩司君) お答えいたします。   もっと読む
2017-12-06 大分市議会 平成29年第4回定例会(第2号12月 6日) 生活保護受給世帯の中で、高齢者世帯がふえる傾向であることから、高齢社会の進行を考えた場合、今後の医療扶助の増加が予想されます。生活保護費負担金の約半分を占める医療扶助の適正化が制度の安定に資することから、指定医療機関の見直し及び指導体制の強化、後発医薬品の使用促進の努力義務化、生活保護受給者みずからの健康保持増進の責務がうたわれております。  そこで、お伺いいたします。   もっと読む
2017-09-27 別府市議会 平成29年第3回定例会(第5号 9月27日) 例えば高齢社会という課題に対しては、病院や介護施設の充実であったり、それから地球温暖化問題に対応して、再生可能エネルギーである熱資源があったり、インバウンドに対応するために世界各国から多くの留学生の存在があったり、こういった環境が企業にとって本市が魅力的に見える理由ではないかと思っております。   もっと読む
2017-09-27 別府市議会 平成29年第3回定例会(第5号 9月27日) 例えば高齢社会という課題に対しては、病院や介護施設の充実であったり、それから地球温暖化問題に対応して、再生可能エネルギーである熱資源があったり、インバウンドに対応するために世界各国から多くの留学生の存在があったり、こういった環境が企業にとって本市が魅力的に見える理由ではないかと思っております。   もっと読む
2017-09-12 大分市議会 平成29年第3回定例会(第4号 9月12日) 時間の経過とともに、過疎化や高齢社会などの問題が深刻化していることもありますことから、認識も変わってきていると信じてお聞きしますが、大分市におけるパークゴルフ場の設置について、市の見解をお聞かせください。 ○議長(野尻哲雄) 長野都市計画部長。 ○都市計画部長(長野保幸) パークゴルフ場の設置についてお答えします。   もっと読む
2017-09-08 大分市議会 平成29年第3回定例会(第3号 9月 8日) このことは、そのときの説明では、改修後約25年後においても対応できる想定というふうにしておりまして、高齢社会の進展に対応した設備となったとのことでございました。  一方、式場の利用状況につきましては、具体的な改善、工夫も見られず、年々減少しているところでございますが、今後大分市葬斎場をどのような役割として運営していくつもりなのか、見解をお聞かせください。 ○議長(野尻哲雄) 伊藤市民部長。 もっと読む
2017-06-23 大分市議会 平成29年総務常任委員会( 6月23日) 大分都市広域圏は、大分市と別府市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後大野市、由布市、日出町の7市1町で平成28年3月に圏域を形成し、人口減少・少子高齢社会においても一定の圏域人口を有し、活力ある社会経済を維持するとともに、各市町の一体的かつ持続的な発展を図るため、連携して各種の取り組みを進めるものでございます。   もっと読む
2017-06-21 大分市議会 平成29年建設常任委員会( 6月21日) 本計画は、このような方法で、これから到来する人口減少及び超高齢社会に対応できる集約型都市構造に転換しようとするものでございます。  2ページ目をごらんください。   もっと読む
2017-06-15 宇佐市議会 2017年06月15日 平成29年第3回定例会(第4号) 本文 あとはもう八十代、九十代で、そして地元にいない人が二名ほどいますんで、今、地域の方々にとっては、高齢社会を迎えていく中で、機運も結構、残ってる人は高まってるんで、前向きに、今のうちに、この土地の登記も含めてきちっと整理をしておかなければ、もう我々の後の世代になっては、恐らく何もできないことになるんじゃないかというような声も聞きました。   もっと読む
2017-06-14 別府市議会 平成29年第2回定例会(第5号 6月14日) しかし、今となったら、もう本当に人通りが少なく、そしてまた南のほうは高齢社会にもなる、そして子どもも今は少子化でいないのですよ。だから非常にもう過疎化というか、寂れてきております。 もっと読む