128件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

別府市議会 2019-12-18 令和元年第4回定例会(第6号12月18日)

また、大分県や民間事業者が首都圏などで開催する移住フェアや移住相談会に参加しPRするとともに、B-biz LNKと共同し、本市単独での移住イベントを開催しております。  受け入れ支援といたしまして、お楽しみ移住施設、フロムーン別府ハウス田の湯ベースにより移住を検討している方を対象に別府での生活を体験していただいております。  

別府市議会 2019-12-17 令和元年第4回定例会(第5号12月17日)

先週、NHKで「パラレル東京」、架空東京という首都直下型地震を想定したドラマ仕立ての番組が放送されましたが、余りにもリアルで、私は恐怖さえ感じました。備えはもちろん大切ですが、いろいろな知識を持つことも大切なことだとつくづく思った次第です。  では、別府市ハザードマップについてお伺いします。  東京都北区では、とても見やすく立派な防災地図を拝見しました。

別府市議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第3号12月13日)

また、台風19号が首都圏を直撃した10月12日、東京都台東区が自主避難所に身を寄せようとした路上生活者2人に対して、区民を対象としていますので受け入れられないとして、住所がない2人に利用を断ったことや、手を差し伸べていただけなかった路上生活者が亡くなっていたことが報道されておりました。別府市として受け入れるとのことでありますが、今後も被災者に寄り添った対応をしっかりお願いしたいと思います。  

大分市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第6号 9月26日)

九州北部や首都圏を直撃した台風により、住宅の損壊や浸水被害、土砂災害に加え、大規模停電断水など、暮らしはもとより農林漁業製造業観光などに甚大な被害がもたらされました。想定を上回る自然災害を念頭に置き、今後、医療機関社会福祉施設などを中心に、電源車の配置や自家発電機等の燃料を備えるとともに、給配水施設や配水方法、生活用水の確保が可能となるよう早急に整備を進めるべきです。  

津久見市議会 2019-09-18 令和元年第 3回定例会(第3号 9月18日)

首都圏に対する取り組み、具体的に現在考えられているところでお伺いできればと思います。 ○議長(髙野 至議員)  旧杵商工観光・定住推進課長。 ○商工観光・定住推進課長(旧杵洋介君)  首都圏、資料によりますと、これ、委託事業者からの資料なんですが、1都3県、これは東京都千葉県神奈川県埼玉県を指しているだろうと思います。

津久見市議会 2019-09-17 令和元年第 3回定例会(第2号 9月17日)

また、首都圏等の移住フェアへの積極的参加、移住・定住ポータルサイトによる情報発信も実施してきたところです。  今後とも、子育て教育、まちづくり、地域コミュニティー、第一次産業振興、住宅施策、起業創業支援、雇用の場の創出などのさらなる充実を図り、補助金制度の活用とあわせ、移住先を、定住の地を津久見市に決めていただくといったスキームが醸成されれば補助金制度効果も向上すると考えています。  

大分市議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第2号 9月 6日)

首都圏などの大都市圏では、以前から問題視されてきましたが、昨今の人手不足の中、特に対面で対応する店員さんたちが、悪質クレームに悩まされて退職する事案が増加し、地方都市でも看過できない状況となっています。  そこで、今回はまず、大分市内の悪質クレーム問題の現状について、関係部局の知るところをお聞かせください。 ○議長(野尻哲雄) 永松商工労働環境部長。

別府市議会 2019-08-30 令和元年第3回定例会(第2号 8月30日)

創業支援に要する経費でございますけれども、今回、建築指導課から計上しております移住者居住支援に要する経費と連動しまして、首都圏を初め県外から別府市内に移住される方で、かつ県内企業に就職された場合に上乗せされる補助金となっております。また、別府市へのU・I・Jターンなどによる移住促進及び人材の担い手不足解消対策目的としております。  

大分市議会 2019-07-11 令和元年経済環境常任委員会( 7月11日)

本年度は、トキハ別府店や大分オーパ、トキハ本店でPR、販売を実施しており、今月末には東京日本百貨店食品館においてもフェアを開催し、首都圏の消費者にもPRをすることとしております。  今後とも、OitaBirthの販路拡大につなげるための取り組みを進めるとともに、大分市の産品の魅力を広くPRしてまいりたいと考えております。

大分市議会 2019-07-10 令和元年経済環境常任委員会( 7月10日)

首都圏におきまして、本市の物産、食、観光等の魅力発信を大分都市広域圏自治体と連携して実施する観光物産展です。今年度は新宿駅地下街広場にて実施いたします。日時は、8月26日と27日の2日間、内容は大分市ブランド認証加工品、OitaBirth等の物産、食のPR販売、試食やきき酒等の体験コーナー、キャンペーンレディや御当地キャラによるステージイベント等を予定しております。  

大分市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会(第4号 7月 4日)

首都直下地震南海トラフなどの大地震台風や豪雨への備えは喫緊の課題であります。災害列島とも言われる日本列島地震活動が新たに活発化しているとの指摘もあります。温暖化など地球規模での気候変動の影響も顕著になっています。従来の延長線上ではない防災対策の抜本的な転換が求められています。  

津久見市議会 2019-06-20 令和元年第 2回定例会(第2号 6月20日)

これまで、移住・定住ポータルサイト「つくみ de Life」での情報発信や首都圏等での移住フェアなどで、空き家情報バンク制度も含めた移住定住施策のPRに努めていきました。今後は、民間サイトの活用や津久見市出身者及び津久見市にゆかりがある方々等を対象に「津久見ファンネットワーク」を構築し、観光、ふるさと納税、UIJターン促進につながる情報などを直接的に発信していきたいと思います。  

別府市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第5号 3月18日)

まず、この風疹が昨年から首都圏を中心にとは言いながらも、大きく拡大している理由は何でしょうか。 ○健康づくり推進課長(中島靖彦君) お答えをいたします。  昨年から続いております風疹の流行につきましては、圧倒的に男性のほうが多く発症をいたしております。年代では、男性では30代から40代に多く、女性では20代から30代に多く、ともにその年代が全体の6割を占めております。