215件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

津久見市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会(第3号 3月12日)

また、飲料である水の水質が悪くなったという国もあると聞いております。  公営企業である水道事業は、水道法において原則地域の実情に応じた市町村が継続的、安定的に経営することが規定をされており、水道水は安全、安心、安価な水の供給が原則で、民間の導入に対して、よい面、悪い面もあるでしょうが、私は民間への委託はそぐわないと考えます。  そこで、質問ですが、政府の言うコンセッション方式とは何か。

別府市議会 2018-09-25 平成30年第3回定例会(第5号 9月25日)

主食・副食・飲料備蓄目標量は、発災直後から県外の支援が届くまでの3日分を想定しています。ですが、この指針の中で全てを公助で賄うのではなくて、県民との分担による備えを考えております。内訳は、1日3食で3日分のうち、1日分は県と市町村で2分の1ずつを備蓄し、1日分は流通しています備蓄、いわゆる流通している物資で賄い、1日分を自助・共助で対応することとしています。

津久見市議会 2018-06-20 平成30年第 2回定例会(第3号 6月20日)

要配慮者は、さまざまな特性がありますので、それぞれの特性に応じた対応が必要となりますが、各施設にはポータブルトイレや車いす等の器材や紙おむつのほか、飲料非常食についても常備しています。  また、平成29年度には、県の補助事業福祉避難所への備蓄物資として100人分のダンボールベット、毛布、寝袋等を配備したところでございます。  

津久見市議会 2018-03-23 平成30年第 1回定例会(第4号 3月23日)

本件は高浜地区への飲料生活用水の供給について安心安全な水の供給をするため、防災機能強化と老朽化にともない機器の新設や更新をするもので、委員から、防災機能の強化はどのようなことをするのかと質疑があり、濁度計及び遠隔管理装置の設置工事で濁度の上昇により送水ポンプを自動的に停止させることができますとの答弁がありました。

大分市議会 2018-03-23 平成30年総務常任委員会( 3月23日)

協定内容は、コンクリートミキサー車による給水についてであり、消火活動を継続するための消防用水や指定避難所などへの飲料を除く生活用水の供給に支援をいただくものです。  3の今後の予定でございますが、本協定締結に伴います調印式を3月29日木曜日の9時30分から、市役所本庁舎3階特別会議室にて執り行う予定としております。

別府市議会 2018-03-16 平成30年第1回定例会(第4号 3月16日)

災害対策基本法というものがありまして、この第7条には、住民等の責務としまして、「住民は、食品飲料その他の生活必需物資備蓄、その他の自ら災害に備えるための手段を講じるとともに、防災訓練その他の自発的な防災活動への参加、過去の災害から得られた教訓の伝承その他の取組により防災に寄与するように努めなければならない」と定められております。

大分市議会 2018-03-15 平成30年第1回定例会(第5号 3月15日)

総務部長(佐藤耕三) 住民等の責務については、災害対策基本法第7条第3項に、地方公共団体の住民は、基本理念にのっとり、食品飲料その他の生活必需物資備蓄その他のみずから災害に備えるための手段を講ずるとともに、防災訓練その他の自発的な防災活動への参加、過去の災害から得られた教訓の伝承その他の取り組みにより防災に寄与するように努めなければならないと定められ、災害時における自助、共助の重要性が示されております

津久見市議会 2017-12-12 平成29年第 4回定例会(第2号12月12日)

平成20年度に策定した津久見市水道ビジョンでは、四浦各地区の簡易水道に加え、畑地区飲料供給施設上水道へ統合することになっております。  畑地区は、上水道区域から最も近いところでも3.5キロメートルほど離れた小規模集落であり、上水道への統合には、大きな事業費を要することなどから、これまで実施に向けた取り組みが、なかなか進まない状況にありました。  

大分市議会 2017-09-20 平成29年決算審査特別委員会( 9月20日 総務分科会)

ただし、食料品、飲料以外の備蓄品について、メンテナンスに留意していただきながら、災害時の要配慮者に対して、何が必要かというところを、もう一度考え直していただきたいと思います。例えば、いざとなったときに、毛布は湿気ている、段ボールベッドはふやけているというようなことが、絶対に起こらないように体制を組んでもらわなければいけない。

津久見市議会 2017-09-19 平成29年第 3回定例会(第2号 9月19日)

給水車を回しながら、飲料の確保、それと清掃のための水の供給というものを続けていっているところでございます。  孤立集落については、一時期かなりの部分が孤立しておりましたけれども、懸命に道路の警戒作業を行うということで、きょうに入って、八戸、幡多地区、こちらについても警戒がこの午後に何とかできたというところでございます。  

宇佐市議会 2017-03-21 2017年03月21日 平成29年第1回定例会(第7号) 本文

次に、議第二十一号 宇佐市簡易水道事業等の宇佐市水道事業への統合に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてですが、これは、簡易水道事業及び飲料供給施設の事業の経営安定化を図ることを目的に、簡易水道事業及び飲料供給施設の事業を全て水道事業へ統合することに伴い、宇佐市組織条例ほかの関係条例における所要の規定の整備をするため、条例を制定するものとの説明がありました。  

別府市議会 2017-03-16 平成29年第1回定例会(第4号 3月16日)

この農業用水路を半分とめて、あの工事用の散水と工事用の生コン、いろんな工事にして、宿舎飲料にするものに利用していただいた。ですから、市長ね、大きないろんなことをやろうとするときに、行政側だけがやって議会に提案をして「どうですか」と言うのではなくて、今の別府総合戦略なんかいうものは、一括してやっぱり議会にも「特別委員会でも設置してください。

宇佐市議会 2017-03-06 2017年03月06日 平成29年第1回定例会(第6号) 本文

議第二十一号 宇佐市簡易水道事業等の宇佐市水道事業への統合に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についての一点目、統合することのメリットとデメリットについてですが、今回の統合は、平成十九年に簡易水道に係る国庫補助制度簡易水道施設整備費国庫補助金交付要綱等が見直され、事業経営者が同一であって会計が同一、または、一体的な管理が可能な既存の水道事業が存在する簡易水道施設及び飲料供給施設については国庫補助

別府市議会 2017-02-28 平成29年第1回定例会(第1号 2月28日)

             職員給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について        議第23号 別府市条例等の一部改正について        議第24号 別府市手数料条例の一部改正について        議第25号 別府競輪市民広場の設置及び管理に関する条例の一部改正に              ついて        議第26号 別府市国民健康保険条例の一部改正について        議第27号 大所飲料供給施設