114件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

津久見市議会 2019-07-02 令和元年第 2回定例会(第4号 7月 2日)

日本労働者が低賃金で汗水流して得た会社の利益は、配当の形で大量に海外へ流れる構図は余りにもみじめではないでしょうか。  国内総生産GDPの6割を占める消費支出は低迷しています。このまま自民党の経済政策では、国力は落ちるばかりです。直間比率のバランスから税収議論をすることは愚の骨頂です。  1990年代は、国民1人当たりのGDPは常に世界でも10番以内にありました。

大分市議会 2019-03-14 平成31年建設常任委員会( 3月14日)

本橋梁の整備の進捗においては、国の交付金の配当などにより影響を及ぼすところでございますが、本市といたしましても、橋梁を含めた本路線の早期完成を目指してまいります。  次に、3ページをお開きください。  上部には、橋梁の架橋位置の航空写真、中段には仮称中島橋の平面図、下段には架橋形式であります鋼4径間連続鈑桁橋イメージ図を掲載しておりますので、御確認いただきたいと存じます。

大分市議会 2018-09-20 平成30年決算審査特別委員会( 9月20日 文教分科会)

大分市では1校当たり24万円を各校に配当いたしまして、国から半分補助ということでその執行をしており、例えば顕微鏡とか学校理科の備品として指定されているものを購入しております。 ○川邉委員   わかりました。  その24万円を全校に配当して、あとは学校で必要なものを購入したということですか。 ○帆秋分科会長   それでよろしいですか。 ○池田教育部次長学校施設課長   はい。

津久見市議会 2018-06-28 平成30年第 2回定例会(第4号 6月28日)

さらに、利潤、利子配当などの資本所得などには全く課税されないという不公平税制も温存されたままです。  全ての税金は課税所得から応分の負担が原則ですが、消費税例外です。低所得者にも所得に関係なく課税される逆進性の強い税制です。自営業者は赤字でも売り上げが1,000万円以上あれば課税され、そのため滞納率が最も高いのが消費税です。これまでたくさんの中小零細企業者が倒産に追い込まれました。

津久見市議会 2018-06-19 平成30年第 2回定例会(第2号 6月19日)

第1回は、統廃合の経緯と各中学校の現状について、第2回は、統合検討委員会の主な流れと学級数並びに教員配当基準について、第3回は、生徒数と教員配置、生徒の通学、さらに統合のメリットと課題について、第4回は、生徒の通学、生徒数並びに教員配置、部活動など、今後の方向性について、第5回は、中間まとめについて協議を行いました。

大分市議会 2018-03-14 平成30年第1回定例会(第4号 3月14日)

企業では、報酬1億円以上の役員数が1.7倍にふえ、株主配当役員報酬も大きく増加しています。  一方で、従業員の給与は、大企業でも5年間で4.1%しかふえておらず、物価の伸びを下回っています。中小企業やパートを含む全労働者で見ると、その平均実質賃金は、安倍政権発足時に比べ、年収ベースで16万円も低下しています。  

宇佐市議会 2017-12-13 2017年12月13日 平成29年第6回定例会(第6号) 本文

出資比率、議決権の比率や行使に関する方針、経営陣の派遣、配当をどの程度求めていくか等の点を御説明いただきたいと思います。  二点目、一千五百万円から三千万円程度の出資額でホテル経営に携われるとすれば、ほかにも株主になりたいものは潜在的にいるのではないかと思いますが、現状の株主構成案となった経緯を御説明いただきたいと思います。株主を広く募らないのか質疑いたします。  

大分市議会 2017-09-20 平成29年決算審査特別委員会( 9月20日 文教分科会)

補助の内容といたしましては、2分の1補助がありますので、今、大分市では1校当たり24万円の配当をいたしまして、国から半分補助ということです。その24万円のうち、例えば、顕微鏡とか、学校理科備品として指定されているものがございますので、そういった学校で足りない物を、順次そろえていくことになります。

宇佐市議会 2016-12-21 2016年12月21日 平成28年第5回定例会(第7号) 本文

次に、議第九十六号 宇佐市税条例の一部改正についてですが、これは、外国人等の国際運輸業に係る所得に対する相互主義による所得税等の非課税に関する法律の一部改正に伴い、特例適用利子及び特例適用配当等に係る個人市民税及び国民健康保険税に課税の特例を定めるため、所要の改正を行うものであるとの説明がありました。  当委員会で審査した結果、本案異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  

宇佐市議会 2016-11-29 2016年11月29日 平成28年第5回定例会(第1号) 本文

議第九十六号 宇佐市税条例の一部改正について及び議第九十七号 宇佐市国民健康保険条例の一部改正についての件でございますが、これは、外国人等の国際運輸業に係る所得に対する相互主義による所得税等の非課税に関する法律の一部改正に伴い、特例適用利子及び特例適用配当等に係る個人市民税及び国民健康保険税の課税の特例を定めるため、所要の改正を行うものであります。  

宇佐市議会 2016-09-13 2016年09月13日 平成28年第3回定例会(第6号) 本文

それから、八幡駐車場についての一点目の利益処分報告書についてですけれども、当期純利益である一千四十四万五千四百七十一円から、今回、配当金、宇佐市及び大分交通でございますけれども、四十万円ずつの八十万円を支払いました。  そして、残金の九百六十四万五千四百七十一円は、現在、災害などの不測の事態とか、緊急時への対応ということで、全額を利益剰余金として預金に積み立てている状況でございます。  

国東市議会 2016-05-17 平成 28年 5月臨時会(第1回)-05月17日−01号

4款財産収入利子及び配当金19万7,000円の増額は、基金利子の確定によるものであります。  5款繰入金、一般会計繰入金のうち、一般分128万2,000円の減額は、歳出、1款総務費の減額によるものです。  続きまして、歳出です。1款総務費128万2,000円の減額は、一般管理費の印刷製本費及び施設管理費の修繕工事費等の確定によるものであります。  以上で、詳細説明を終わらせていただきます。