25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

大分市議会 2019-12-11 令和元年総合交通対策特別委員会(12月11日)

関係機関との調整についてですが、大分河川国道事務所や運輸支局、県警などと事前協議を行っており、協力的な意見をいただいております。今後も引き続き協議してまいります。  次に、今後のスケジュール感についてですが、本議会終了後には野津原地域や稙田地域の校区会長さんなどの御意見を伺ってまいりたいと考えております。

大分市議会 2019-12-10 令和元年建設常任委員会(12月10日)

関係機関との調整についてですが、大分河川国道事務所や運輸支局、県警などと事前協議を行っており、協力的な意見をいただいております。今後も引き続き協議してまいります。  次に、今後のスケジュール感についてですが、本議会終了後に、野津原地域や稙田地域の校区会長などの御意見を伺ってまいりたいと考えております。

別府市議会 2019-08-30 令和元年第3回定例会(第2号 8月30日)

昨日、別府市公共交通活性化協議会承認を受けましたので、運輸支局への運行の許可申請を提出し、10月2日から運行の開始を予定しております。  続きまして、公共交通基礎調査業務委託料についてです。  市が実施しておりますひとまもり・まちまもり懇談会において、市民や市議会においても、公共交通についての意見や要望等が多数寄せられております。

大分市議会 2019-03-15 平成31年総合交通対策特別委員会( 3月15日)

○宮下都市計画次長都市交通対策課長   運輸支局への届け出でございます。 ○井手口委員   国土交通省から路線バスの運行の認可をもらっている会社大分市内にどのぐらいあるのですか。 ○宮下都市計画次長都市交通対策課長   路線バスにつきましては、大分バス大分交通、臼津交通の3社となっております。

宇佐市議会 2019-02-28 2019年02月28日 平成31年第1回定例会(第3号) 本文

◯企画財政課長(出口忠則君)担当職員の話でございますけども、バス事業者、タクシー事業者それから運輸支局それから学識経験者、大学公共交通の専門の方、そういったメンバーの公共交通会議がございます。その会議に議題をかけるだけではなくて、こういった場合どうしたらいいのかという相談は随時させていただいているとこでありますので、今後も専門家の意見は聞いていきたいと思います。  

大分市議会 2018-12-11 平成30年厚生常任委員会(12月11日)

さらに、大分大学日本政策投資銀行の学識経験者、民生委員児童委員議会大分市社会福祉議会福祉関係者、大分バス大分交通大分市タクシー協会、JR九州などの交通事業関係者、大分運輸支局などの行政関係者、その他大分商工会議所大分まちなか倶楽部、市からは企画部、都市計画部、福祉保健部で構成する委員15名前後を予定しております。  資料の右をごらんください。  

別府市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第3号12月10日)

国土交通省大分運輸支局から、バス停の設置や運行経路の変更は、バス事業者の経営等に大きな影響を与えるものであり、行政は慎重に対応することとの意見をいただいておりますが、議員のお話は、南部地区住民の生活の利便性の向上や観光振興に大きく寄与するものであると考えますので、自治会や地元住民からの要望につきましては、総合政策課からバス事業者に対し協力をお願いしてまいります。

津久見市議会 2014-03-10 平成26年第 1回定例会(第2号 3月10日)

本市の乗合タクシー事業は、主な利用者に関係します四浦地区の区長会、市内の高齢者の皆さんの集まりであります盛人クラブ、津久見中央病院の各代表者を初め、JR、バスタクシー、船の公共交通事業者、商工会議所、それに行政関係として九州運輸局大分運輸支局大分県中部振興局の担当及び市の関係者など15名の委員で構成されます津久見市地域公共交通活性化協議会予算や事業内容等についての協議を行い、同協議会タクシー

別府市議会 2012-12-11 平成24年第4回定例会(第4号12月11日)

構成は、大分運輸支局それから県の交通政策課、それから民間バス事業者2社と別府市の5者でございます。  協議会では、国の10分の10の補助金を活用して、本年10月から生活交通バス系統実態調査というものを実施しております。実は今月も委託業者によって路線バス利用者の聞き取り調査等を行っているところであります。

別府市議会 2012-03-15 平成24年第1回定例会(第7号 3月15日)

昨年来、県の交通政策課と、それから大分運輸支局と関係機関と協議を重ねております。昨年11月には、市内に路線バスを走らせているバス事業者2社を加えて、別府市と5者で意見交換会を開催し、公共交通に関する協議の場を設けました。その中で関係機関の方からは、本市の現状と地域特性を考慮して、段階的に協議会の整備に取り組む方がよいのではないかとの助言をいただきました。

大分市議会 2012-01-16 平成24年総合交通対策特別委員会( 1月16日)

原案からの主な修正点を申し上げますと、括弧書きの主な実施主体につきましては、大分運輸支局国土交通省の下部組織でありますことから、国土交通省に統一したこと。さらに表記は、国、県、警察、市、その他の順に統一したことが挙げられます。このため、大分市交通安全計画の冊子の12ページの右側の「第2部、講じようとする施策」の下に、「各見出し・表題の右側には、計画の主な実施主体を括弧内に表記しています。

大分市議会 2011-09-20 平成23年総合交通対策特別委員会( 9月20日)

○村上市民協働推進課長   まず、大分市交通安全対策会議委員会の構成メンバーですけれども、国の機関から国土交通省大分運輸支局長、国土交通省九州整備局大分河川国道事務所長、労働基準監督署長、3名でございます。県からは中部振興局長大分土木事務所所長、生活環境部生活環境企画課参事の3名でございます。警察からは、市内の中央、東、南警察署長でございます。市は7人で、職員及び教育長消防局長を充てています。

宇佐市議会 2010-06-14 2010年06月14日 平成22年第3回定例会(第2号) 本文

四月二十日の会議の際には、九州運輸局大分運輸支局、それから、県の総合交通対策課の担当者等を交えて協議をしたわけですが、私どものほうから、いわゆる路線の赤字額を補てんしても運行を維持していただけないんですかという申し出をしたんですけれども、それについての明確なお答えをいただけませんでした。

豊後大野市議会 2010-03-11 平成22年  3月 定例会(第1回)-03月11日−04号

多分、これがベースにされていると思うんですけれども、九州運輸局大分運輸支局長名の公文書第2428号で発行されているんですが、なぜか受け付けに、三重町役場と日付はあるんですが、公文書の受け付けになっていません。公文書番号がここに記載されていないんです。発行は公文で正式に出しているんですが、受け付けのほうは文書の簡易受け付けかなと。

津久見市議会 2009-12-08 平成21年第 4回定例会(第2号12月 8日)

委員数は十五名で、津久見市・大分県大分運輸支局道路管理者・公安関係・住民代表交通事業者等で組織をしております。本市におきましては、「津久見市地域公共交通総合連携計画」を今年三月に策定しましたので、現在は、同計画に基づく事業実施に係る連絡調整が主な役割となっておりまして、協議会の構成員は、その協議結果を尊重しなければならないというふうにされております。  

臼杵市議会 2006-03-15 平成18年  3月 定例会-03月15日−03号

議員ご承知のとおり、福祉有償運送を行おうとするNPO法人などが国の許可を受ける場合、その必要性並びにこれを行う場合における安全の確保、利用者の利便の確保に関する方策等について、自治体が主催する運営協議会で国のガイドラインに沿った協議が調えば、運輸支局許可の申請ができることになっております。

  • 1
  • 2