運営者 Bitlet 姉妹サービス
268件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-16 別府市議会 平成30年第1回定例会(第4号 3月16日) 消費税が免税される店舗、正式には輸出物品販売所でございますが、市内の店舗数につきましては、調査いたしましたが、把握できておりません。観光庁が発表いたしました平成29年10月1日現在の大分県内の店舗数では、361店舗となっております。 もっと読む
2017-12-06 豊後大野市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月06日−02号 中国も東南アジアも含めて解禁になって、その但馬牛、要するに神戸ビーフが輸出に転じて1.5倍の値段がつき出したということで、地域の人も大変驚いている。地元が食われなくなるのではないかというようなことで、いいか悪いかは別として、そういう高値がついているということも事実です。  日本の和牛というのは世界的に評価がある。 もっと読む
2017-09-13 大分市議会 平成29年総務常任委員会( 9月13日) 国際連合安全保障理事会における新たな北朝鮮制裁につきましては、北朝鮮への原油、石油精製品輸出に上限を設けるなどを柱に、11日に全会一致で採択されたところであり、安倍首相は、今後は国際社会でしっかりと決議を履行していくことが求められていると述べております。 ○田島委員長   質疑等はございませんか。  〔「なし」の声〕 ○田島委員長   討論はございませんか。 もっと読む
2017-09-07 大分市議会 平成29年第3回定例会(第2号 9月 7日) また、今年度からは、県が設置していますブランドおおいた輸出促進協議会に加入いたしまして、輸出に向けた可能性を検討しているところでございます。  今後ともこうした施策をさらに充実するとともに、グローバル化の進展に対応し、市産農林水産物のブランド化を促進し、国内外での販売を強化するなど、攻めの農林水産業を実現してまいりたいと考えております。 ○議長(野尻哲雄) 三浦議員。 もっと読む
2017-06-14 宇佐市議会 2017年06月14日 平成29年第3回定例会(第3号) 本文 国は日本再興戦略二〇一六において、攻めの農林水産業の展開と輸出力の強化を図るため、農地中間管理機構の機能強化、生産資材のコスト低減及び生産者に有利な流通・加工構造の実現、人材力の強化、輸出力の強化、スマート農業の推進等の政策を掲げております。   もっと読む
2017-06-02 宇佐市議会 2017年06月02日 平成29年第3回定例会(第1号) 本文 農・商・工連携による六次産業化では、宇佐ブランドの海外輸出も含めた販路拡大を図るとともに、お歳暮ギフトの販売促進など、日本一長い条例に基づく地産地消運動を推進いたします。  林業関係では、市産材の利用促進を図るため、公共建築物などへの市産材利用を促進するとともに市産材を使った木造住宅建築への助成を継続いたします。 もっと読む
2017-03-21 大分市議会 平成29年第1回定例会(第4号 3月21日) サブカルチャーは日本の重要な輸出文化となっております。そして、この取り組みいかんによっては、地方においても商売やまちおこしの重要なファクターとなっております。  しかし、大分市においては、これらを専門に扱う部署もしくは担当者はおりません。情報という点では非常におくれているものがあります。   もっと読む
2017-02-27 宇佐市議会 2017年02月27日 平成29年第1回定例会(第2号) 本文 一方、自動車関連では、現時点での影響ははっきりいたしませんが、九州内の日産九州やトヨタ自動車九州など自動車メーカーにおきましては、アメリカへの輸出依存度が近年高まっていることから、影響を受ける可能性が懸念されるところでございます。今後の動向につきましては、県と連携し、注視してまいりたいと考えております。  以上で答弁を終わります。 もっと読む
2016-12-07 宇佐市議会 2016年12月07日 平成28年第5回定例会(第3号) 本文 一項目め、株式会社マブチ所有地買い戻しについての一点目、進出できなかった主な理由についてでありますが、株式会社マブチは平成十九年九月、北部九州に集積している自動車関連部品の輸出梱包増加を見込み進出表明をいたしました。 もっと読む
2016-09-23 中津市議会 平成 28年 9月定例会(第3回)-09月23日−05号 今日、ちょうどタイムリーにも大分合同新聞に、中津市に養殖かごを輸出しているオーストラリアのアシュレイさん、社長さんの記事が出ておりました。多分10日前だったと思いますが、私もたまたまテレビを見ましたら、流れておりましたので驚きましたが。カキ養殖の現状でございますが、市の補助金がどのくらいで、そして、販売方法、販路別の販売実績、これについて御説明をお願いいたします。 もっと読む
2016-09-20 中津市議会 平成 28年 9月定例会(第3回)-09月20日−03号 中津港港湾の促進について、市は中津港を核とした物流ネットワークの構築とクルーズ船寄港による観光浮揚を目指し、原木を中心とした輸出や中津港への定期運航船の就航が不可欠であり、船会社へ誘致活動を積極的に実施していきたいとお聞きしました。  そこで、港湾計画の見直しによる港湾施設の整備、戦略的な港湾利活用計画の策定が必要と考えますが、いかがでしょうか。   もっと読む
2016-09-13 大分市議会 平成28年経済常任委員会( 9月13日) 将来検証するときに、米国中心に海外輸出するために分けた効果が、海外輸出によりふえた事業費よりも上回らないと効果がなかったということになりますから、そのあたりの検証をするためにどれぐらい加算されたか調べておいてください。 ○分藤生産振興課長   あさっての現地視察のときに説明をさせていただきたいと思います。 ○仲道委員   よろしくお願いします。 ○荻本委員長   そのほかはございませんか。 もっと読む
2016-09-07 大分市議会 平成28年第3回定例会(第2号 9月 7日) このような取り組みの中で、食料生産や加工品等を通して、農産物の輸出や地場産業の育成の方向性が見えてくるのではないかと考える次第であります。また、これから先の水素社会の構築については、市民皆さんが期待しておりますので、1日も早い実現に向け、取り組まれるようにお願いを申し上げます。  続きまして農政についての質問をいたします。  まずは、農業と福祉の連携についての質問をいたします。   もっと読む
2016-06-27 津久見市議会 平成28年第 2回定例会(第4号 6月27日) 輸出には、日本にとっては高いハードルが幾つもあります。輸入商品に関税が撤廃されると、輸入商品が大量に日本市場に入り、輸出は苦戦する結果になるのは明らかではないでしょうか。チャンスはピンチになってしまい、国内産業のさらなる衰退と食料受給率低下へとつながる危険があります。  日本がTTPに加盟したさまざまな問題点がこれまでに指摘されてきました。 もっと読む
2016-06-03 宇佐市議会 2016年06月03日 平成28年第2回定例会(第1号) 本文 トラックを輸出した場合、今二五%が課税されるけど、それを撤廃するのは三十年後と。 もっと読む
2016-03-25 中津市議会 平成 28年 3月定例会(第1回)-03月25日−09号 農業関連では、関税の引き下げに伴う輸入拡大で国産品の価格下落が予想される牛、豚肉の畜産農家の赤字を補填する対策を法制化し、また、農産品などの地域ブランドを保護する地理的表示、GIを参加国間で相互に認証するための法改正などに取り組み、農産品の輸出を後押しすることとしています。   もっと読む
2016-03-23 別府市議会 平成28年第1回定例会(第7号 3月23日) TPPは、アジア太平洋地域に巨大な経済圏を創造し、幅広い分野で21世紀型のルールを構築することにより、我が国の輸出が拡大し、経済再生に資するものと期待されています。  一方で、我が国の農林水産業については、関税が即時撤廃となるものや、時間をかけて関税削減、輸入枠拡大となるものがあり、地域への長期にわたる影響が懸念されます。 もっと読む
2016-03-23 別府市議会 平成28年第1回定例会(第7号 3月23日) TPPは、アジア太平洋地域に巨大な経済圏を創造し、幅広い分野で21世紀型のルールを構築することにより、我が国の輸出が拡大し、経済再生に資するものと期待されています。  一方で、我が国の農林水産業については、関税が即時撤廃となるものや、時間をかけて関税削減、輸入枠拡大となるものがあり、地域への長期にわたる影響が懸念されます。 もっと読む
2016-03-22 大分市議会 平成28年経済常任委員会( 3月22日) ○福間副委員長   林業の関係、合板とか製材、今、輸出が伸びている部分において、10年間で完全撤廃となります。そして、水産物関係では、大分ブランドの関アジ、関サバなどいろいろやっていますが、10年間で撤廃となれば、かなりの影響が出るのではないかと考えられます。  その辺の考え方を含めてお願いです。 もっと読む
2016-03-15 大分市議会 平成28年第1回定例会(第4号 3月15日) 原発安全神話に固執し、原発事故などなかったかのように、核保有国インドに原発輸出まで行う無責任さは、断じて許されるものではありません。  安倍政権の原発固執政治には、2つの大きな矛盾があります。その1つは、原発安全神話が国民の間でも崩壊していることです。原発の運転期間は原則40年とされていたのに、関西電力は40年を超えた高浜原発1、2号機の適合申請をしました。 もっと読む